たか坊のブログ

スクリーン印刷の資材・機械を販売している商社を経営しています。

日々の日報を兼ねた記事をUPしています。


テーマ:
そう言えば、数日前に書こうと思って伸ばし伸ばしにしていたテーマを思い出しましたガーン


時々、プラスチゾルインクでマット(艶消し)のものは無いのですか?」

という質問を頂きます。

答えは

「プラスチゾルインクは、適正な乾燥を行えばマットが正常です」ガーン


じゃぁ、なぜこんな質問が多いのでしょうかはてなマーク


それは、インクを販売する所がきちんとしていないから。ただそれだけガーン


インクの説明で「160度以上で乾燥します」とか

「プレス機でも乾燥できます」とかいう説明書きを見かけますが。

完全な間違いでもなければ正しくも有りませんし、これが「艶有り」になってしまう原因ですショック!


じゃぁ、水性バインダーはどうでしょうニコニコ

水性バインダーはより高温にして乾燥しても、艶有りになる事はありません。

が、プレス機で乾燥すると、やはり艶有りになってしまいますガーン



それぞれの原因ですが、まず「より高温にした場合」

プラスチゾルインクは、硬化温度で可塑剤が適度に気化し、硬化温度を超えると、主剤であるPVC(塩化ビニル)が溶けだします。
熱乾燥を停止すると、解けたPVCが再度固化します。この際に艶が出てしまいます。

対して水性バインダーは、液体媒質のアクリルやウレタンのエマルジョンで、乾燥温度でターペンがいなくなります。より高温になっても、再度融解する事はないので、艶は出ません。


原因その二のプレス機乾燥の場合。

こちらはとっても物理的な話です。
プレス機のコテがペッタンコのツヤツヤなので、インク表面の平滑性が出る為に艶有りに仕上がります。


どちらのインクをお使いになるにしても、温度管理がとても大切だというお話ですニコニコ


プラスチゾルインクは水性バインダーと違って目詰まりしないし、常温では半永久的に硬化しない。
こういうPRは言いすぎです。

水性バインダーは水系なので常温でもターペンが気化してしまうので硬化が始まります。
プラスチゾルインクの可塑剤は常温では気化しない(沸点が高温)ので硬化しない。

でも、劣化とは別問題です。プラスチゾルインクは常温でも劣化します。という事は使えなくなるという事でしょうガーン

プラスチゾルインクは不要な部分、例えば手指についてしまったらどうしますか?
水性バインダーは水洗いで容易に落ちますが、プラスチゾルインクは容易には落ちません。有機溶剤で手指を拭かなければならなくなりますショック!


弊社は、プラスチゾルインクの味方でも、水性バインダーの味方でも有りませんガーン
プリントする方の作業環境等をお聞きして、より適したインクをご紹介していますニコニコ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

たか坊さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。