愛しいみなさま

 

ごきげんよう。

 

玉依でございます。

 

空高く、秋風が吹く頃になりました。

鎌倉初期の名僧に月をこよなく愛した月の歌人の歌で
面白い歌がございます。
夢日記を残していたことでも有名な明恵上人の
 
「あかあかやあかあかあかやあかあかや
   あかあかあかやあかあかや月」
 
夢日記を残していたことでも有名な明恵上人でございますが、
当時、京都の栂尾の高山寺
白い砂が敷き詰められた石庭に月の光があかあかと満ちる場。
他には一切のものがなく、ただ、石庭の石の影が月の光に映し出される。
そんな中秋の名月に何想ふでございます。
 
一区切りつけたいなと思うことが多ございましたら
今日は、解決の道筋となるやもしれません。
 
image
 

こちら

↓↓↓↓

本日21時〜22時✨電話鑑定行います。

 

聖なる癒しの叡智と愛を込めて

 

玉依