アロマキャンドルは本当に香る?! | お薬と病院通いを減らしたいママのための、ナチュラルセルフケア

お薬と病院通いを減らしたいママのための、ナチュラルセルフケア

風邪・ケガ・鼻づまり・副鼻腔炎
咳・喘息・皮膚のトラブル etc・・・。 

できるだけ、お薬に頼らず、
心にゆとりをもって、
子育てと日々の暮らしを楽しみたいママのための、
自然療法スクール。
  
メールセミナー形式で、自宅に居ながら学べます。


  


テーマ:
お薬に頼らない、暮らしと子育て
栗原智子です。


キャンドルの炎っていいですよね~♪ 
眺めているだけで、ホッとします。





そんなキャンドルの中でも
香りつきのものは
「アロマキャンドル」と呼ばれます。


雑貨店などでは、お馴染みの人気グッズ。 

ストレスが溜まったら、
「アロマキャンドルを使うんだ~。」っていう方も多いようです。


でも、
キャンドルを灯すだけで、

「本当に、お部屋が香るのかな?」
と、不思議に思いませんか?


アロマキャンドルと 
ひとくくりに呼ばれますが、

その香りづけには、
いろんな種類の香料が、使われています。




アロマトリートメントなんかに使う、
あれが入っているんだ~。って思いがちですが、
現実は、そうでもありません(^-^;



じゃ、
どんなものが入っているかというと・・・


まず、香料には
「天然」のものと「合成」のものがあります。

・植物から抽出した、アロマセラピーで用いられる「精油」
・動物から抽出した、動物性香料

この二つが、いわゆる天然香料です。


もうひとつ
・化学的に作られた香りが、合成香料 と呼ばれます。

その多くは、石油から作られます。


一般に合成香料は、香りが強く
香りが長くとどまってくれるものが、多いです。


そのため、
柔軟剤などの香りは、強いし 
乾いた後も、なが~く香りますよね



キャンドルが、
割と、しっかり香るなら、
合成香料が使われている可能性が高いです。


一方、精油で作られたキャンドルは、
申し訳程度に、ほんの~りとだけ香ります。 


ほんの~り具合は、
鼻を、少し近づけて、

やっと
「うんうん♪」っていうくらい(笑)


私は、
この、ほんの~り感が大好きですが、

「物足りないな。」と思う方も
きっと多いでしょう。



香料のアレルギーなどがない方で、
香りを、しっかり楽しみたい方は、
合成香料のものも、良いのかもしれませんね。


ほんの~りでも、
自然の香りを満喫したい方は、
ぜひ、精油入りのキャンドルをお試しくださいね~♪




ただ、流通量はとっても少ないですし、
ちょっと、お高くなりますよ(^-^;





ちなみに、私は
「ミツロウ」をベースにした
精油キャンドルが大好きです

小さいけれど、
独特な温かい炎が楽しめます♪


ただし、
更なる、お値段アップは覚悟です(^-^;


でもね、
その価値は十分にあって、


一般に、石油系のキャンドルが、
お部屋の空気を汚すのに対して、

ミツロウキャンドルは
お部屋の空気を汚さず、逆に清浄化してくれると言われています。


炎の揺らぎと、香りを楽しみながら・・・
空気も、気持ちも
キレイにしてくれるなんて、いいと思いません??


※ミツロウとは、巣を固めるために、
ミツバチが分泌する動物性のロウです。



今度もし、キャンドルを買う際には、
「ベースとなる素材は、何かな?」
「香りの元は、何かな?」 

って気にしてみると、
意外と面白いかもしれません



<お知らせ>

 お薬を減らしたいママのための、はじめての自然療法
7日間・無料メールレッスンができました









お薬に頼らない暮らしと子育て 栗原智子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス