ダイビングで考えられる緊急時といえば、やっぱり空気がなくなってしまうことが一番怖い。

近くに助けてくれる人がいる場合と、気づいてもらえなくて1人でなんとかしなくてはいけない場合。



そんな緊急時の対処法を身につけておくと自信になる。


でも、どちらも難しいからそうならないようにすることが大切なんだけどね!