梅雨前線が活発で海に潜れない日は、自社プールで基本スキルの練習に励みます。

 

 

中性浮力とは、浮きも沈みもしない浮力のことで、スキューバダイビングをする上では非常に重要なスキルになります。

 

 

中性浮力の状態になれると、ダイバーは空気の消費量が減ったり、落ち着いて行動できたり、肉体的にもメンタル的にもいい状態になります。

 

また、サンゴを傷つけることなく泳げるようになったり、断崖絶壁の海中も底へ落下せずに遊泳することができます。環境にも優しいダイバーになり、自由に泳ぎまわれるダイバーになれるというわけです。

 

 

 

 

 

そんな練習を、波の無い海水プールで落ち着いて練習できます。自分と向き合い、技術を磨くことができます。

 

 

上の動画に写っているダイバーさんは、なんと!!ダイビングを始めてまだ1ヶ月未満です!

 

ここまでできるようになりました~!!!!!拍手!!!!!

 

 

 

医師が患者さんを診断して処方するように、インストラクターがあなたのダイビングの様子を診断してあなたにあったスキル練習を処方します。他のスクールに通ってもランクアップのコースの受講ばかりを勧められてなかなか上手くならないというあなた、ぜひ当スクールにいらしてください。カウンセリングからはじめます。