1泊2日で、いつもの和歌山県の海を離れ千葉県の海に潜りにきている私たち。いつもと違う雰囲気で少しカルチャーショックを受けています。

 

 

関西(和歌山県)で潜ると、ありのままの海の中を楽しむことが多いのですが、ここ千葉県では海中の生物とのふれあいを楽しんでいる感じがします。

 

 

昨日のサメまみれにしても、今日の波左間のコブダイにしてもめっちゃ餌付けされています。和歌山では考えられません。

 

良し悪しは分かりませんが、ダイバーを楽しませる方法はたくさんあるんだな、という「いつものダイビング」が「常識のダイビング」だった私たちにはかなりのショッキングな2日間でした。

 

 

 

 

井の中の蛙大海を知らず、ってところでしょうか。

 

 

水中にアクリルでドームを作り、レギュレータ(水中呼吸装置)なしでマスクもはずして呼吸できる空間もありました。ダイビング歴27年で初めての経験です。まだまだ知らないこと、未経験なことだらけです。

 

 

 

勉強になります。

 

 

今回お邪魔した千葉県のダイビングサービス

伊戸ダイビングサービス ボミー 様

波左間海中公園 様

 

どうもありがとうございました!
また機会を作ってお伺いしたいと思います。