昨日はチャコットさんからプロのメイクアップアーティストさんをお呼びして、来年3月の発表会に向けてメイク講座を行いました。




実際にメイク工程を一つずつ丁寧に解説しながら見せて下さいました。

舞台メイクは遠目で目鼻立ちがくっきり美しく見えるようにするのが目的です。

ハイライトの入れ方一つで目が小さく見えたり鼻が曲がって見えたりします。
そうならないためのやり方を実演で見せて下さったのでとても分かりやすかったです!


今までなんとなくアイホールにアイシャドウをのせていましたが、まずアイホールに白をのせるだけで目の立体感が全然違いました。


その塗り方も、一人一人の目の形をよく見て塗ることの大切さを、実際に良いバージョンと悪いバージョンを見せて下さったのでよく分かりました。



皆さんはじめに座って見ていらっしゃった位置からどんどん近付いていかれて、最後はぎゅうぎゅうになって見ていらっしゃいました。



アイラインも眉毛も全ての線を計算して引くことによって、よりお顔の立体感が引き出され美しくなるのだと思いました。




メイクさんが『舞台メイクはシャドウなどの色の綺麗さよりも、色をのせる場所やその形が重要』と仰っていました。



これは練習が必要そうですね!

発表会までにスタジオで2回メイク練習の時間も設けていますので、ぜひご利用下さい。