至極の時間、再び Part.1 @Quintessence(カンテサンス) | Priceless-life
October 07, 2008 19:30:02

至極の時間、再び Part.1 @Quintessence(カンテサンス)

テーマ:お店(フレンチ)
前回、訪問した時に、たくさんの感動をボクに与えてくれた『Quintessence(カンテサンス)』。
今回も若き天才・岸田シェフのこだわりである「プロデュイ(素材)」、「キュイソン(火入れ)」、
「アセゾネ(味付け)」を存分に感じるコトが出来た幸せな時間でした。

素敵な仲間6人での訪問だったので、個室でのお食事になったのが、とっても嬉しかった。
だって、心置きなくお喋り出来るからね。しかも、個室は、写真もO.K.なんです。


コチラ↓がメニュー。革張りで、初めて開けるときにはドキドキしそうですよね。


片側には、岸田シェフの"素材に対する拘り"や"料理に対する考え方"が、もう片方には、
白紙のメニューと書かれており、訪れる人に感動を与えたいって気持ちがとても伝わる。
彼が作り出す新しいフレンチは、新鮮さがあるけど基本に忠実なところが、スゴく好き。


まずは、ソムリエの方のリコメンドにお任せして、シャンパンを頂く。

柑橘系のフルーツを感じさせるような香りやキメ細かい泡が贅沢な気分にさせてくれました。
この時点で、今日は何を食べれるんだろうってドキドキです!!

ちなみにランチは、前菜3品、魚料理1品、肉料理1品、デザート2品の計7品です。


前菜1品目は、"Soupe Mais(栃木県産とうもろこしのスープとポレンタ)"。


とうもろこしのスープは、すごく甘くてとても濃厚です。思わず、"おっ、おかわり"って
言っちゃいそうです。もっとたくさん飲みたい気分にさせてくれました。
ポレンタはとうもろこしの皮に包まれて、蒸したお陰かな(?)その香りも移っています。
粒も少し残っていて、普通のポレンタより食感があって、楽しい1品。 はあー、美味しい。


パンはメゾン・カイザーの"トゥルト" 。

パンが、料理の邪魔をしないってのは、重要な要素の一つだよね!!


前菜の2品目は、"l'Assaisonement(塩とオリーブ油が主役 山羊乳のヴァヴァロワ)"。

前回、1口食べた瞬間に、"うわっ"っと思った1品。前回ほどの感動はないけれど、やっぱり美味しい。
ふわっとしたヴァヴァロワとマカデミアナッツ、百合根の食感がいいアクセントになっている。
ゲラントのフルール・ド・セルや周りに掛けられたオリーブオイルがこの1品を更なる高みに
連れてってくれる。コレは、「プロデュイ(素材)」を感じることの出来る1品。


ココで使われているのは、ミル エ ユンヌのオリーブオイル。すごく香りがいい。

ウチにも欲しいなー。なんて思って、サービスの方にシェフから購入できないか聞いてみたけど、
たくさん仕入れてないんだってさ。まあ仕方ないよね




残りの料理もとても素晴らしいですよー。続きもお楽しみに♪



Quintessence(カンテサンス)
Add : 港区白金台5-4-7
TEL : 03-5791-3715
Open : 12:00~13:30L.O./18:30~21:00L.O.
Holiday : 日曜日を中心に月6日



感動のあるフレンチを探すなら ⇒ コチラをポチッとランキング参加中。



レストラン・カンテサンス (フレンチ / 白金台、目黒)
★★★★★ 5.0

priceless-lifeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス