『さよならみどりちゃん』 | 今日も映画、明日も映画♪

今日も映画、明日も映画♪

大学卒業目前で試写会にハマり、○年目。最新映画の感想(ネタバレなし)を中心に紹介~(#^.^#)


テーマ:

   


 今日は、当選した鑑賞券でさよならみどりちゃん を観に行きました~。先週の土曜日に当選(到着)して、今週の金曜日(9/16)に上映終了って。。。なんだかなぁ(ーー;)


STORY

OLのゆうこ(星野真里)はいいかげんな性格のユタカ(西島秀俊)と付き合っているが、ユタカには「みどりちゃん」という本命の彼女がいた。みどりちゃん以外にも、いいかげんなユタカのまわりには女の影がチラチラ。それでもユタカが好きで離れられないゆうこは、彼に勧められるままスナックのバイトまで始める。昼間のOLとの二重生活を続けながら、ユタカとの関係も続けるゆうこだったが・・・。

南Q太の同名コミックを映画化した、等身大のラブストーリー。


   


 この作品の原作も知らなかったし、そんなに観たいと思って観た作品ではなかったので期待していなかったけど、意外にも面白かった(●^o^●) 星野真里さんの体当たりの演技が良かったし、魅力的だったなぁ♪ 

ただ。。。私は西島秀俊が好きではない(-_-) 台詞まわしが、どの作品を観ても上手いとは思えない・・・。(棒読み?) 顔もカッコいいとは思えなくて。 でも、今回の作品の中では演技力に違和感もなくて、今まで観た中ではかなり良い方だった気がしたなぁ。 今までの役柄はダメ男の役が多かったので、ある意味今回もハマリ役なのかもしれないけれど、年齢的にちょっと違和感を感じたかな・・・。


 曖昧な感じの終わり方で。。。(-_-;) 私は想像力がないから、ハッキリと結論が出ない映画は消化不良を起こしてしまう(笑) だからフランス映画も苦手な分野なんですよね~(~_~;)

 

 私には理解はできない内容(ゆうこの行動とか気持ちを)だけど、飽きることなく観ることができただけに、最後が残念でした・・・。


評価(5点満点)=3点

★★★


さよならみどりちゃん さよならみどりちゃん

著者:南Q太
出版社:祥伝社
本体価格:933円
楽天ブックスで購入する 楽天ブックスで購入する


クリックにご協力下さい(^0^)

   ↓

 

にゃんこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス