まだある広島県のトトロ・スポット(安芸高田市) | ANIMANSHA~アニメ・漫画・旧車ミニカー等~

ANIMANSHA~アニメ・漫画・旧車ミニカー等~

特定のアニメ・漫画、旧車関連や日々のこと等

大中小、4体のトトロの広場

以前、広島県廿日市市のトトロの森を紹介したが、安芸高田市のJR芸備線向原駅の東にもトトロ・スポットがある。名付けるなら「トトロの広場」か。

グーグルマップにもピン打ちされているが、駅の東のガソリンスタンドから東に入った所、コイン精米機の向かいのベンチがある芝生広場にある。通り道沿いだが、路肩に駐車してもそんなに迷惑にはならない。

 

大中小等4体のトトロがいて、広島カープのユニフォーム姿のものもあるが、一番おおきなものは、サツキたちと共にバス停に立っていたトトロ位、大きくて圧巻。

 

 

その個体の右臀部下方には焼却炉の扉のようなものがある。扉の中に詰まっているのは「夢」かも。ファンタジーでんな~。

左から白小トトロ、青&白中トトロ、大トトロ、カープ中トトロとなっている。どれもペンキの色が鮮やかだから、定期的に塗り直しているものと思う。

 

 

前述のトトロの森は住宅密集地にあったが、ここのトトロは芝生広場にあり、周囲には樹木も立ち、背景には山並みが広がっているから、ロケーションはいい。駅の目の前だから立地もいい。

このように広島県にはトトロ信者が多いから、巡回展「ジブリパークがやってくる」も広島県(個人的には岡山県の方がいい)で開催して欲しかったが、残念ながら中国地方は山口県となり、私の場合は日帰り不可圏。

もちろん、今年の巡回展「アニメージュとジブリ展」は広島市で開催されたから、最終日に行ってきた。それでも行列ができる位の人出。

写真撮影できる所は少なかったが、ナウシカの立体コスチューム(顔はない)、巨人兵の残骸?、ラピュタの城等は撮れた。

他の階の屋外には、ダンボールで作った全長3メートルの巨大なオームも展示されていた。製作したのは、かつてほぼ実寸の「ダンボルギーニ」車を製作した今野梱包株式会社。

先月行った広島市での全集中展のレポや新たな「どこでもドア」の記事はまたの機会に。

それらの記事の投稿もよろしく、という人は次のバナーをクリックミー


アニメランキング