四国の新日プロとスターダムの試合予定 | キュアな月に代わって鬼滅けて~プリキュア、鬼滅の刃、セーラームーン、旧車ミニカー等~
新型コロナウイルスに関する情報について

【新日は八幡浜が安く、スターダムは来年1月】

四国のアメブロガーはプロレスファンが少ないのか、地元の大会情報を投稿している者があまりいない。私はプロレスファンというほどじゃなく、観戦無料の試合しか見たことがないが、新日本プロレスの地上波とBSは毎週留守録していて、BS放送がなくなったスターダムも思い出した時にアマゾンプライムビデオ等で見る等している。

 

直近の新日本プロレスの四国での試合は、12月8日(水)愛媛県八幡浜市の市民スポーツセンターでのものと、12月9日(木)、松山市のアイテムえひめでのもの。一番安い席は前者の方で、後者より500円安い。

この夏か秋だったか、アイテムえひめではスターダムの試合も行われる予定だったが、選手にコロナ感染者が出たせいで、香川県での試合と共に中止になった。四国では来年1月22日(土)、高知市のセリーズの体育館で行われる。

 

 

新日本プロレスの八幡浜大会のメインイベントは、『BEST OF THE SUPER Jr. 28』公式戦の高橋ヒロム選手VS DOUKI選手。試合結果は最初から分かってる、と言えば片方のファンに怒られるが、コスチューム(半マスクを含めて)で言うとDOUKI選手の方がいい。ファン(?)公式グッズのマスクカバーも買おうかと思った位。

アイテムえひめのメインイベントは、『WORLD TAG LEAGUE 2021』公式戦のYOSHI-HASHI:後藤 洋央紀組VSアーロン・ヘナーレ:グレート-O-カーン組。

 

 

この中ではグレート-O-カーン選手の技術力が評価できるが、応援したいのはYOSHI-HASHI選手と後藤 洋央紀選手。二人共、苦労して勝利を掴んだ経験があるから。→公式サイト

ただ私は、チケット代は試合に対してではなく、選手に対して払いたい方だから、新日本プロレスの試合は観に行こうと思ったことはない。試合で一番見応えがあるのは鷹木信悟選手だが、カネを出して観戦したいと思う男性レスラーは、新日本プロレス所属ではない、ストロングマシーンJ選手と菊タロー選手だから。

 

STARDOM 高知大会の対戦カードはまだ発表されてないと思うが、試合で一番見応えがあるのはジュリア選手。元キャバ嬢で、痩身でありながらパワフルで豪快な投げ技を決めるところがいい。

特にバックドロップは、投げっ放しジャーマンのような危険な角度で放つ。一部の男性レスラーが行う「へそで投げる」バックドロップより効くんじゃないかと思う位。

 

好きな選手で言うと、ひめか選手と白川未奈選手。元アイドルと元グラビアだけあり、ルックスはピカイチだと思う。ひめか選手は体格に恵まれていることから、技も豪快だが、秋山準選手に手ほどきを受けていることから、技は確か。

白川未奈選手はグラビアモデルとしても、レスラーとしても、均整の取れた体格・プロポーションだと思う。当初より蹴り技が多くなったか?

スターダムについては、カネを払いたい選手が複数いるから、試合を見に行こうという気になる。→公式サイト

 

 

ところで私は新日本プロレスとスターダムの試合情報は、高知県内で試合を行う殆どのプロレス団体のスポンサーになっている「まつもとデイクリニック」に貼っているポスターで知った。

院内にはオカダ選手、内藤選手、棚橋選手の大型パネルが設置されていて、プロレス雑誌も山ほど置いているが、患者の殆どが高齢者のため、興味を示す者は殆どいない。

地方の新日本プロレスファンは地上波放送時のCMスポンサーをチェックして、その企業に行くと設置してある選手のパネルで記念写真が撮れるかも。

パネルで記念写真を撮り、試合を見に行きたい、という方は次のバナーをクリックミー。


人気ブログランキング