10月のプリキュア映画の疑似聖地(九州と四国) | キュアなハートでレッツ・ラ・前進!~プリキュアラーたちへ~

キュアなハートでレッツ・ラ・前進!~プリキュアラーたちへ~

プリキュアその他のアニメ、漫画等の関連情報、考察、自作外伝脚本、お笑い等を投稿。
※コメント表示が一両日程遅れる不具合あり。
※記事・画像の削除要請には一切応じないから抗議者は訴訟を。
※出鱈目な荒らし的コメントをした場合、IPアドレスを公表する。

【東洋のナイアガラと日本のウユニ塩湖】

以前の記事で述べたように、1019日に公開される「映画スター☆トゥインクルプリキュア~星のうたに想いをこめて~」では、星の妖精的存在であるユーマの能力によって、プリキュアたちは世界各地の名勝等を瞬間移動的に旅する。

 

映画の予告動画では、ナスカの地上絵やウユニ塩湖を訪れている光景が映っていたが、以前紹介した池袋で開催中のイベント『スター☆トゥインクルプリキュア おほしSUMMERバケーション』の会場には、映画紹介コーナーがあり、そこに掲示されている映画のシーン・パネルの中に、ナイアガラの滝もあることが分かった。

 

このアニメの聖地の内、ウユニ塩湖とナイアガラの滝については、「日本のウユニ塩湖」や「東洋のナイアガラ」と呼ばれる景勝地が東日本と西日本にそれぞれあるため、「疑似聖地巡り」をすることができる。

 

「日本のウユニ塩湖」については、気象条件等が揃わないとなかなかお目にかかれないが、「東洋のナイアガラ」はいつ行っても豪快な景観を見ることができる。

 

東日本のものは、群馬県沼田市の「吹割の滝」で、西日本のものは大分県豊後大野市の「原尻の滝」。後者は落差こそ20mだが、幅は驚きの120m。それだけに滝壺も桁違いに大きい。

 

そんなダイナミックな滝だが、道の駅の側にあるから、数分もかからずに滝の天辺や滝壺まで行くことができる。下流に架かる木製の吊橋からベストショットを狙うこともできる。

 

一方「日本のウユニ塩湖」と呼ばれる景勝地は全国各地にあるが、東日本で一番有名なのは千葉県木更津市の江川海岸、西日本で最も知名度があるのは香川県三豊市父母ヶ浜(ちちぶがはま)になる。

 

父母ヶ浜にはこれまで5回ほど行ったことがあるが、「これぞ絶景中の絶景」と言える光景に出合ったのは一回しかない。これには潮汐と天候が影響している。

 

どんな状態が「絶景中の絶景」なのかと言えば、適度な雲がある晴れの日の夕日が沈みかけている干潮時刻のやや前。雲の合間から夕日が遠浅の浜に差し込むと、薄く水の膜が張られたような浜が鏡面となり、空の景色が映り込む。その状態を「天空の鏡」という。

 

その状態で浜を歩くと、まるで水面を歩いているかのような写真が撮れる。毎週土日は中国地方や関西、アジアの国からも観光客が押し寄せるほど。

 

是非みなさんもこれらの疑似聖地を訪れ、インスタ映えするキラやば〜っ☆な写真を撮ってみては?

東日本と西日本の疑似聖地のキラやば度を見比べてみたい、という方は次のバナーをプリーズクリック。