デザイン力のある売れるフローリストになりたい方に贈るブログ
  • 11Sep
    • 災害に備えて日頃からやっておきたいコト2点

      災害を経験したからこその教訓!この度は平成30年北海道胆振東部地震により被災・避難された皆様に心よりお見舞い申し上げます。プリザーブドフラワープロデューサーの稲田です。今回の地震を経験して、ビジネスを安定して進める為には有事に備えた対策の必要性を痛感しました。当たり前と言えば当たり前ですが、当たり前だからこそ出来ていない事もあると思います。もしもの時の為にやっておくと良いと感じたコトを2点書かせて頂きます。アナログでのバックアップ今回、たまたま北海道が大規模地震に見舞われましたが、今や日本全国どこでも自然災害に遭遇する可能性があります。今回、北海道は地震だけがクローズアップされますが、この地震の被害を大きくさせたのは前日の台風による暴風雨だったと思います。この台風は大阪をはじめとした関西圏を中心に大きな被害をもたらせましたし、ちょっと前には西日本を中心に豪雨災害もありました。異常気象を含めて、今や日本全国どこも安心安全な場所など無いと思っていた方が良いと個人的には思っております。そこで、今回の経験を基に、有事にどんな対応をするとベターかを健忘録の意味合いも込めて書かせて頂きます。今回の地震で、ビジネスにおける直接的な被害はほとんどありませんでした。基本的にオーダーメイドにてお創りさせて頂いているので、作り置きがあまり無かったコトが幸いして倒れて損傷した作品は1点で済みました。ただ、間接的には色んな被害がありました。被害というよりは不便と言った方が良いかもしれません。特に今回は大規模停電に見舞われ、その為に電話やPCは使用できなくなり、携帯やタブレットも充電を要するので通常時の様に使用する訳にもいかず、さらに携帯は通話もデータ通信も安定性が損なわれ、繋がらない時間帯が多くありました。もちろん物流もストップしているので発送する事も仕入れする事も出来ません。納期及び納期変更の連絡をお客様にお伝えしたいと思っても、その手段がままならない状況でした。幸い、地震当日の配達及び発送の予定が無かったので急を要する事は無かったですし、全国的にニュースとして報道されていたので、連絡のついたお客様には事情をご理解いただき、ご了承頂けました。弊店では、あらかじめ有事に備えてPCによるお客様管理だけではなく、並行してアナログでも管理しています。PCのみで管理していたら、お客様のお電話番号や連絡先すら確認する事が出来無かったはずです。ネットショップはその特性上、PC上でのやり取りが主体になりますが、アナログでのバックアップを取る事は大切な事だと改めて実感しました。花材・資材の管理の工夫また、営業を再開するにあたり、花材及び資材の補充が遅れる可能性があります。花材屋さんも被災しています。陳列棚が倒れてお花が潰れてしまっている場合もあるでしょうし、器に至っては倒れて損傷しているモノも多くあったのではと推測できます。店舗内の整理には数日要するでしょうし、営業再開しても通常時では考えられない在庫量になっている可能性もあります。もちろん物流はストップしていますから、メーカーから取り寄せるにも時間を要します。営業を再開してオーダーをいただいても、作る為の材料が無いのではどうしようもありません。日常から多目の在庫を保持する事、また器類はあまり高い場所には置かず、倒れやすい場所で保管しない様な工夫をすることが必要です。細かいことを書くとまだまだ沢山ありますが、一番困ったお客様との連絡のやり取りと営業再開後に困っている花材・資材の補充に関して書かせて頂きました。ビジネスは立ち止まる時間が長ければ長いほど遅れを取り戻すのに掛かる時間は莫大なモノになります。体力がなければ取り戻せずに終わってしまうかも知れません。立ち止まる時間を少なくする為の策を日頃から考え、対応を試みておくと有事にも強いビジネススタイルの確立に繋がります。

      64
      テーマ:
  • 08Sep
    • 北海道胆振東部地震に負けない!

      稲田は元気です!この度は平成30年北海道胆振東部地震により被災・避難された皆様に心よりお見舞い申し上げます。プリザーブドフラワープロデューサーの稲田です。前回のブログ更新が8月20日。色々と書きたいこともあってブログ記事を書き溜めてはいたのですが、ちょっとブラック過ぎるかなぁって内容で(苦笑)投稿をためらっているうちに、久しぶりの更新がまさか震災の話になるとは予想だにしていませんでした。改めて感謝します!地震発生から程なくして、私の身を案じるメッセージを読者の方から頂戴致しました。デザイン力強化講座やお茶会等でお会いした方だけじゃなく、全く面識の無い読者さんまで、アメブロのメッセージやFB、インスタなど、様々なSNSを駆使してコンタクトして頂き、本当にありがとうございました!停電が続いたので不安感満載でしたが、いただいたメッセージに温もりを感じたものでした。心より感謝申し上げます。─── その日は2時にベッドに入ったので、地震発生の3時8分はまさに寝込みというか熟睡に入った所といった感じだったのではないでしょうか。揺り起こされる様な感覚と共に、隣のベットで寝てる妻の叫び声が聞こえ、一瞬夢なのか現実なのか分からなかった瞬間がありました。いつもの地震ならプリザーブドフラワーを陳列しているガラスのケースを倒れない様に抑えに行ったりするのですが、今回ばかりはそんな動きなど出来る訳もないほどの揺れ…。しかも一向に収まらない…。感覚的にはかなり長い間大きく揺れていた様に思いますが、実際は30秒くらいだったでしょうか…。ようやく揺れが収まり、ベットから立ち上がって窓の外を何気に見てみると真っ暗。慌てて電気をつけてみても点く事はなく、地震途中に停電が始まったものと思われます。前日の台風で暴風雨のピークが2時3時という事だったので、それに備えて出しておいた懐中電灯で灯りを確保し、ウチの中の被害状況を確認。残念ながら棚から倒れ落ちたプリザーブドフラワー作品が数点ありましたが、それ以外は思いの外被害がなく、お皿1枚割れてもいませんでした。縦揺れだったのが幸いしたのでしょうか…。体感の揺れと被害状況のギャップが不思議に思えてなりませんでした。それから離れて住む母に安否確認の電話をして、簡易ラジオやタブレットを駆使して情報を収集していました。こう書きながらも時系列がうる覚えだったり、記憶が定かではなかったり、当時は冷静でいたつもりでしたが、それなりに気が動転していたのかもと今ブログを書きながら思っています。しかし、そう思いつつも停電になったら冷蔵庫が機能しなくなるからと氷や冷凍していた物を中心にクーラーボックスに入れて、その流れでアイスを夫婦で食べたあたり、それなりに落ち着いてもいたのかなとも思いますが(笑)ウチはマンションの7F、そこから見る世界はまさに闇夜でした。一方空に目を向けて見ると札幌では見た事の無いような星空が綺麗で広がり、思わず「見て見て!」と言ったのを覚えています。エレベーターももちろん動いていないので、外に脱出する事はせずに、とにかく情報収集に努め、明け始めと共に外に出て近隣の方と情報交換をしました。。。厚真の様な状況になっている場所があったり、同じ清田区でも液状化による被害が出ているところもありましたが、多くの北海道民は地震の被災者というよりは電気事故による被害者という感じです。実際、ウチに電気が通ったのは7日の夜。キャンドルの灯りの中カップ麺をすすっている時でした。40時間以上ぶりの通電がこんなに嬉しいものとは思いませんでした。いかに普段から電気に依存しているかが身に染みました。当たり前の事が当たり前にできる喜び、そうできる恵みに感謝する気持ちを改めて確認する事ができました。配送状況の乱れは来週以降も続くと思います。まだまだ日常の生活スタイルや仕事に影響が出ると思います。ただ、もっともっと大変な思いをされている方もいらっしゃいますし、この地震の前には台風や豪雨等の自然災害が全国あちこちで起きています。これぐらいでヘコタレていては怒られちゃいます。絶対乗り越えます!本当にご心配いただきまして、ありがとうございました!もうライフラインは復旧しましたので、ご安心下さい。今後ともこのブログ共々よろしくお願い申し上げます。取り急ぎ、無事の報告でした!

      33
      1
      テーマ:
  • 20Aug
    • テレビに出るという事

      テレビに出て自分をアピールしよう!テレビという媒体の持つ『瞬時に広める力』は絶大です。その効果には色んな要素が盛り込まれています。決して敷居は高くありません。どんどんマスコミに登場してフラワー業界全体を盛り上げましょう!プリザーブドフラワープロデューサーの稲田です。以前にもマスコミに取り上げられる事の利点を書いています。お読みいただいているでしょうか?マスコミに取り上げられると色んな効果を得ることが出来ます。広く一般にアピールできるのがマスコミの力。その力を最大限利用してご自身の活動をアピールして行きましょう!お客様のニーズを把握する今年もお盆の時期に弊店の活動がマスコミに取り上げられました。もちろんプレスリリースを発信して、しっかりとマスコミに弊店の活動をアピールしたからこそ取材を受けた訳です。(マスコミの取材を受ける事のススメを過去記事で書いています。お読みいただいていない方、内容を忘れてしまった方は今一度お読み下さい。)マスコミの取材を受けよう!なぜ?マスコミ対策が必要なのか…13日月曜日の17時台のニュース及び18時台にも再度放送されました。先ずはその報道された動画をご覧下さい。今回はHBCさん(TBS系)が長めに放送時間を取ってくれて、しっかりプリザーブドフラワーとは何ぞや?という所まで踏み込んでくれました。約3時間の取材がこの3分強に集約されているのですが、その内容は放送されるまで分かりません。もちろんほとんどがカットされてるし…。でも、3時間の中で記者さんが関心を抱いた事がまとまっている訳ですから、これこそが視聴者が気になる事なんだと考えて良いと思うのです。取材を受けるという事は、自分が訴えたい事を伝えられると思ってしまいますが、実はそう思い通りにはならない事の方が多いのです。最初はそれにガッカリしていたのですが、局側はあくまでも視聴者が知りたい内容を伝えたいというスタンスでいますから、それを受け入れる事が視聴者=お客様の知りたい事なのだと理解できるのです。販売をするからにはお客様のニーズを的確に判断しなければ売れるに繋がりません。そういう意味でもマスコミの取材を受けるという事は。売り手側の意図と買い手側の望みのギャップが鮮明になります。もちろん合致していれば言う事ありませんし、真逆だったとしてもその事実を知る事が出来ただけで収穫アリな訳です。お陰様で今回はオンエア直後からオーダーやお問い合わせの電話やメールが相次ぎ、珍しく売りに直結するテレビ取材という結果となりました。動画をご覧になったら分かりますが、弊店の情報は“店名と私の名前”しかありません。お問い合わせ頂いた方々は、店名からネットで調べたり、直接テレビ局に電話で連絡先を問い合わせてコンタクトされている訳です。このワンクッションが必要な分だけニュースで取り上げられてもなかなか売りには繋がりづらいのですが、今回それでもたくさんのご連絡を頂いたと言う事はそれだけ関心が高いネタだったと言えると思います。マスコミ効果は絶大です!ブログをご覧いただいている皆さんもドンドン果敢に挑戦してみましょう!プレスリリースの書き方やどうしたら取材されるかなど、知りたい事があったらメッセージ等でご質問下さい!

      56
      2
      テーマ:
  • 01Aug
    • Facebookで気をつける事の一つ

      大袈裟だけど、FBに根強く巣食うワナ!他の人の目に映る自分(及び自分の作品)を知る事でプラスに出来るコトってたくさんあります。なかなか自分(及び自分の作品)を客観視するのは難しいので、他の人の本当の声に耳を傾ける努力も必要です。プリザーブドフラワープロデューサーの稲田です。自分の事って一番わかっている様で、本当は分かっていないケースが多々あります。他人の目に映る自分と自分が思う自分に大きなギャップがあったりすると、それはもう悲劇以外の何者でもありません(苦笑)特にFacebookの世界では気をつけて欲しい…。本質を感じる努力皆さんは他人の意見(言葉)ってどう感じてますか?私は、批判も含めて他人の意見は非常に気になりますし、意識もします。いちいち左右される事はありませんが、一つの自分を写す鏡と理解しています。大切なのは、本質をしっかり捉えているかどうかだと思います。例えばSNSの世界では「いいね!」の言葉通り、美辞麗句がコメント等に並び易いですよね。逆にマイナス意見をそこに書き込むには大きな覚悟と勇気が必要なくらいです。裏を返せば、そんなに良いと思っていなくても「素敵ですね!」「良いですね!」「素晴らしい!」なんて言葉が平気で書き込まれています。ろくに見もしないで「いいね!」ボタンを押すなんて事もあります。それを鵜呑みにしてるとイタイ人になってしまいます。本当に評価されてのコメントなのか、お世辞にしかすぎないのか、この見極めが出来るだけでもその後が大きく変わります。また、よくそういった美辞麗句にいちいち「ありがとうございます!嬉しいです!」なんてコメント返ししている方も見受けられますが、これも傍目にどう写っているかをちょっと考えた方が良いかもしれません。特にオッサンからの美辞麗句がコメント欄に並ぶ様な方は危険信号点滅です。少なくとも、私の周りの同年代の男性から、花を見た時に「うわぁ素敵ですね♪」なんて言葉ほとんど聞いた事ありません。私も日常で「素敵」って言葉は滅多に使わないですもん。それなのに、そんなコメントが並ぶってちょっと気持ち悪さを感じます(苦笑)もしかしたら、私の偏見かも知れません。でも、旦那さんとか会社の上司とか、身近なミドルエイジ以上の男性が「素敵!」って言葉良く使いますか?あまり使わないと思うんですよね。それなのに、どうしてそんなに「素敵!」「ステキ!」コメントが並ぶんでしょう。これって、一時話題になった「挨拶おじさん」の類と同じなんじゃないかと…。「おはようございます!今日も1日ステキな笑顔で頑張りましょう★」なんてコピペであっちこっちに書き込みしている変なオッサン見かけますよね?挨拶おじさんを知らない方は一度検索してみて下さい。こんなにヒットして来ますよ。何目的だか知らんけど、本人はその気持ち悪さに気づいていない。そして、そういう「挨拶おじさん」のコメントばかり並ぶ人は、される側にも原因があると言われていますよね。面識が無いのに友達申請を許可したり、そのコピペにコメントを頻繁に返したり…SNSをやっていると「フォロワー」「読者」「イイね!」等々の数が気になる様になります。数を増やしたいから、無闇やたらと友達になったり、イイね!回りをしたり…、中にはそれを推奨するコンサルもいたりするから要注意です!そういう数ってなんの役にも立ちません。そんなに素敵だ!ステキだ!って言うんなら、買えよ!って話しじゃないですか。ほぼほぼ買いませんよね。買わない人を相手にしている時間があったら、他にやるべき事が山ほどあるはずです。人間誰しも褒められたら嬉しい!これは当たり前。ただ、お世辞ばかりがコメント欄に並ぶのが伝わってくると「この人は普段からどんな活動をしているんだ?!」って良い印象を与えませんし、そのお世辞に嬉々としている姿を見せられるとガッカリしてしまいます。せっかく頑張ってFBもビジネスに取り入れているのに、マイナスの印象を与えるだけなら、こんな損な事はありません。ぜひ気をつけて下さい!既にお困りの方は、撃退方法をお教えしますのでメッセージ下さい(笑)

      60
      テーマ:
  • 17Jul
    • デザイン力強化講座サマーシーズンの報告その3

      たくさんの作品が生まれました!デザイン力強化講座サマーシーズンの模様をお伝えしておりますが、今回はその第3弾で最終回となります。みっちりお花と向き合ってもらった2日間、色んな収穫がありました。プリザーブドフラワープロデューサーの稲田です。緊張気味でスタートしたその1の模様、学びながら作り始めたその2の模様。ここまでが1日目。2日目はとにかく作るべし!作るべし!終日、作品づくりに没頭して頂きました。主催者としての喜び作りながら要所要所で講師和田の教育的指導が入ります(笑)参加者さんは揃って同じ形態の作品を作っている訳ではありません。仏花に取り組んでいる方、リースに取り組んでいる方、バスケットアレンジに挑戦している方、フレームアレンジに挑戦している方…。みんなが同時に同じモノを作っていないからこそ、その教育的指導も多岐に渡ります。そしてその教育的指導は、今自分に言われている訳じゃなくても、自分の事と置き換えて聞ける事ばかり…。作る手を止めてついつい聞き入ってしまいます。1日で自分が作る事のできる数は限られますが、それぞれがバラバラに作っているので、ケーススタディ的には何倍もの作品を作ったのと変わらないぐらいの気づきを得られるのがこの講座の醍醐味でもあります。新たなテクニックを知る事も学びになりますが、今まで自分がやって来たことが間違いでは無かったと再認識できる事も大きな学びとなります。なんとなく朧げに取り組んで来たことが確信に変わった瞬間に、グーンと成長するものです。そして、その成長と共に次のステージへの新たな意欲が湧き上がって来ます。私としては、この講座に参加された方がこの部分を感じて頂けるのが一番の喜びでもあります。 学びは続きます…さらに、さらに…作り込みます。時間の許す限り、作り込みます。作り込みの中で完成させた作品をご紹介します。先ずは、野村絵美子さんが作られた2作品。野村さんは、ご自身のブログで今回の講座の模様を野村さんの目線で詳しく書かれています。前述した、新たな発見と自らの活動への確信とコレからの取り組み方が書かれていて、主催した私としては嬉しい限りです。ご覧になりたい方はコチラ→1・2続いては、佐々木由紀子さんの3作品。佐々木さんは講座初日の朝一番の飛行機で来られて、講座の翌日の帰京でしたので、3作品いけました。作品がイキイキして、随分動きが出たと思います。佐々木さんもブログにて受講した感想を書いて下さいました。ご覧になるにはコチラ→1・2そして、綿貫幾世さんの2作品。葉物の動きを意識して、こんもりし過ぎない動きを感じさせるアレンジになっていますね。下の画像はボックスタイプのアレンジです。ボックスは蓋を閉じるのでどうしてもベターっとしたデザインになりがちですが、工夫次第で解消できる事がご理解いただけたかと思います。その1のコメント欄で綿貫さんの受講した感想が書かれています。ご覧になるには→コチラご参加いただいた皆さん、本当にわざわざ札幌まで来ていただいての受講、感謝申し上げます。「来て良かった!」の言葉を頂戴し、私もホッと一安心です(笑)ぜひ、この講座で得た事を今後の活動に大いに活かして下さいね。今後ともよろしくお願い申し上げます。追伸今回の講座に参加された方を中心にラインにてグループを作って情報交換しているのですが、なんとそこに和田からの指令が…(笑)実は…先日のレッスンは初めて3人共に札幌以外からの参加という事で、手探り的な所がたくさんあり、チョッと遠慮気味な所が残って私自身満足感がなく消化不良気味なんです。で、プリ以外の雑誌や写真を見て生のアレンジで…これが好き!って言うのをプリで作ってみてもらいたいんです。勿論花材に限界があるのは分かってますが、手持ちの物を活かして工夫して作って欲しいんです。皆さん忙しいのは良く分かってます!ずっと待ちます。急ぎませんからできあがったら、その生花のアレンジ写真と作られたアレンジの画像を送って欲しいんですが、無理なようなら言って下さいネェ~強制じゃありません!でも、チョッと期待しています。強制じゃ無い!って言ってる段階で強制の様に聞こえるのは私だけでしょうか?(笑)講座自体は終わりましたが、このレッスンはまだまだ続きます…(笑)

      47
      テーマ:
  • 11Jul
    • 広島での情報交換お茶会の模様

      話す事で得られる事がいっぱい!西日本を中心に未曾有の豪雨災害が発生してしまいました。被害を受けられた皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。亡くなられた方々に衷心よりお悔やみ申し上げます。そして、1日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。プリザーブドフラワープロデューサーの稲田です。広範囲に渡っての甚大なる被害のニュースを見る度に、心が重く痛い感情に包まれます。私が広島から札幌に戻って来たのが5日の夕方。その日、雨が降ってはいましたが、まさかこの様な事になると想像できる様な雨量ではありませんでした。そう考えると、短時間にいかに大量の雨が降ったかが想像つきます。「1日ズレていたらどうなってたか…」なんて当初は悠長に話していましたが、時間の経過と共にそんなレベルでは無い事に気づき、広島でお世話になった方々に安否の連絡をしたものです。暑い中の復旧作業も困難を極めると思います。微力ながらも何らかの形で少しでも支援できたらと考えています。 成功できるタイプの人広島での情報交換お茶会を実施したのは、5日の9時から11時の2時間でした。もう少しゆったりとしたスケジュールの中での実施を考えていましたが、私自身のスケジュール変更に伴い、早朝からのお茶会になってしまいました。広島で実施する情報交換お茶会ですが、参加希望されているのは、なんと香川県の方。あんまりにも恐縮なので「5日9時から2時間程度の時間になってしまいますが、朝早い時間になりますし難しくないですか?」と聞きましたら「調べたら8時40分頃に広島駅に着くJRがあるので大丈夫です!」と返事を頂きました。もしかして、参加する!と手を挙げた手前、その手を降ろせなくなっているのではないかと思い、さらに「今回参加されるの○○さんだけですし、○○さんが気にならないのであれば良いのですが、私自身男性という事もあり、マンツーマンで会うのは気がひけるタイプの方もいらっしゃるので、早朝という事も含めて無理しないで下さいね」的な内容のメールを送らせて頂きました。すると「独占してお話し頂けるなんて嬉しいです!こんな機会は無いと思うのでぜひお願いしたいです!早起きは平気です。行動力だけはありますので!」とお返事いただきました。ここまで言ってくれるなんて、これだけで「この方は成功できるタイプの人だなぁ」と思いましたよ。成功できる人とそうじゃ無い人の差って、出来るor出来ないじゃなくてヤルかヤラナイかの差ですからね。実際、当日朝4時に起きて2時間以上掛けて来て下さいました。話の内容は個別案件ですので、詳細は書きませんが、この方はプリザーブドフラワーの資格を取得して約1年半。教室を始めて半年といった状況でした。聞きたい事を箇条書きして来られたので、あまり脱線せずにみっちり2時間色んな経験談をお話しさせて頂きました。(それでも足りないくらいでしたけど…)よく「私はまだそのレベルには無いので、もう少し成長してから参加します」的メールをいただく事があるのですが、これぐらいの経験値の方がすんなりと聞けるというか、スポンジの様に吸収できるというか…話しながらそんな印象を受けました。今までのやり方ではダメだと思いつつも、そのやり方や思考を変えるのって実は難しい作業だったりします。そういう意味で、凝り固まっていない段階の方がほぐし易い感覚を覚えました。この部分ってとっても大切です。ちょっと古いコピーですが「いつやるの?今でしょ!」ってヤツです。これからも、遠慮なく聞きたい事があれば聞いて来て下さい!と約束をしてお別れしました。参加者さんも無事に家路に着いたと聞いてホッと一安心。私が札幌に戻った時には気温が11度。湿度の高い暑さの中にいたので、その気温差に面食らいました。札幌はもとより、東京での情報交換お茶会・広島での情報交換お茶会と実施しましたが、基本的な部分は日本全国どこで開催しても変わらないんだろうなぁと思っています。悩んだり壁にぶち当たったり、それも皆んなが通ること。決して貴方だけが特別では無いのです。その時に悩みを打ち明けられる仲間がいたり、アドバイスもらえる先人がいたりするだけで、スーッと解消できるはずです。その役割を私が少しでも担えたらなと思っています。

      27
      2
      テーマ:
  • 09Jul
    • デザイン力強化講座サマーシーズンの報告その2

      いよいよ作品づくりに!初日の後半は、前半で習いながら開花させたお花を使って参加者さん思い思いのアレンジを作って行きました。開花させる事でより表情豊かな作品になるという事を実感して頂きました。プリザーブドフラワープロデューサーの稲田です。前回書かせて頂いたその1では、講座スタート直後の緊張感溢れる模様と開花のレッスン風景を中心に書かせて頂きましたが、今回はその続きを公開させて頂きます。最初の緊張感がほぐれると共に、参加者さんの熱気が高まるのを間近に見てて感じていました。講師の和田にいろんな質問も飛び交います。非常に中身の濃い時間が流れました。。。 開花させる事の意義を感じて…『開花の手法を習いたい!』といつも講座を開催する度に受講者さんから要望をいただきます。既に開花を習われたことのある方も、全く開花をした事が無いという方もいらっしゃいますが、この講座での開花のテーマは、お花毎にそのお花に合った開花をするという事に尽きます。基本的な開花の手法は習っていても、お花の種類毎に、より綺麗な開花をする・より生花の様な表情にすると言った細かな開花の手法を教わる機会ってそうそう無いのが現状の様です。だから、受講者さんが口を揃えて和田流の開花方法を習いたい!と要望されるのですね。開花だけで3時間以上掛けてみっちり学んで頂きました。そして今度は、その開花したお花を使って実際にアレンジメントを作って頂きました。この講座は受講者の皆さんが同じモノを同時に作る事はほぼありません。それぞれに作りたいモノは異なりますし、長所を伸ばしたい方もいれば、短所を強化したい方もいらっしゃいます。受講者さんの目指すところの為に講座がある訳ですから、思い思いで作られる方が圧倒的に身につくということになります。いずれにしましても、開花を学び開花させたお花を使用して作り直すことで、開花させる事の意義をより深く感じて頂きます。試行錯誤の末に…作り始めると、今度は葉物や小花を活かしていかに動きのあるデザインにするかを講師の和田からレクチャーされます。プリザーブドフラワーは茎が無いという事もあって、こんもりとしたデザインになりがちです。いつでもこんもりデザインではデザインの幅が一向に広がりません。葉物で動きを出させたり、アジサイの使い方次第ではふんわりしたデザインにする事も可能です。いろんな花材を手に取って、あれやこれやと合わせながら試行錯誤が続きます。初めのウチは、この試行錯誤に時間を要してしまうかも知れませんが、これを繰り返していくと色んなケーススタディが出来ます。そのケーススタディこそがフローリストとしての引き出しを多く持つ事にもなります。以下に、初日に受講者さんが作られた作品をご紹介させて頂きます。先ずは、野村絵美子さんが作られた2作品。輪菊やガーベラ・ジニアは早速習った開花のテクニックが活かされています。野村さんご自身のブログにてこの講座の感想が書かれています。ご覧になりたい方は→コチラ続いては、佐々木由紀子さんの2作品。開花もそうですが、葉物を上手に使って動きを出すというポイントがしっかり抑えられていますね。その1のコメント欄で佐々木さんの受講した感想が書かれています。ご覧になるには→コチラそして、綿貫幾世さんの2作品。バスケットアレンジに苔玉アレンジと綿貫さんの個性が出たチョイスですね。開花もそうですが、お花の細かな向きや配置の上下にも気を使われているのが伝わって来ますね。その1のコメント欄で綿貫さんの受講した感想が書かれています。ご覧になるには→コチラ和田監修の元での作品になりますから、どの作品もどうしても和田色が強く出た作品になっていますが、ここからいかに受講者さんそれぞれの個性の中に習ったテクニックを融合させて行くかが最大のポイントです。習った事を忘れないウチに何度も何度も反復練習を重ねる事が大切です。次回、この続きをご報告させて頂きます。

      26
      テーマ:
  • 30Jun
    • デザイン力強化講座サマーシーズンの報告その1

      今回も熱く盛り上がりました!札幌で開催させて頂きました、デザイン力強化講座サマーシーズンが無事に終了しました。東京から3名のフローリストさんにご参加いただき、2日間みっちりプリザーブドフラワーに浸かってもらいました(笑)プリザーブドフラワープロデューサーの稲田です。先日来、募集記事をアップさせて頂いておりましたデザイン力強化講座のサマーシーズンが6月27日・28日の2日間に渡って実施されました。今回は講師和田のアトリエでのレッスンということもあり、朝から晩まで、あまりにも熱心な参加者さんの気迫に押されて、予定より2時間近くも時間オーバーするくらいとにかく手も頭も心も動かしてのレッスンになりました。 札幌に来たからこその…札幌でこの講座を開催するメリットを今回は実感しました。特に今回は参加者さんが全員東京及び東京近郊からの参加でしたので、みなさんお泊まりで参加されている訳です。ということは、いつもは他の仕事や家事等々で時間を気にしながらになりますが、今回ばかりは時間を気にせず、集中して参加する事ができる訳です。そして、わざわざ札幌まで時間も費用も掛けて来ているのだから、少しでも多くの学びを得て帰ろうと寸暇を惜しんで取り組まれていましたし、昼食もそこそこに、とにかく2日間プリザーブドフラワーに没頭して頂きました。きっと、地元で開催されていたら、なかなかこうは行かなかったのではないかな?と思う訳です。何事もそうですが、集中して取り組んでいる時は理解度も増し、身につくのも格段に早いです。そういう環境に身を置くという事は、なかなか出来そうで出来ないもの。そういう意味でも「わざわざ札幌まで来て頂く」という事にメリットを感じらたのは、私にとっては大いなる収穫でもありました。講座初日のスタート!3名のうち、2名の方が前日に札幌に入りましたので、その夕方から夜に掛けて個別にお会いさせて頂いて、私とマンツーマンで打ち合わせをさせて頂きました。レッスンの内容に関することもそうですが、ネットやSNSを使っていかに販売や集客をしていくか等いろんな話題が飛び交い、コミュニケーションを深めます。そして、いよいよデザイン力強化講座当日。。。朝早くの便で到着した参加者さんも無事に間に合い、3名の参加者さんと講師の和田との顔合わせとなります。この講座の中の一番の緊張した瞬間かも知れませんね。最初に取り組んだのは、全員の意向で開花の作業でした。バラの開花からスタートです。バラと一口に行っても、ご存知の通り色んな形状のバラがあります。よりキレイな開花を目指すには、その形状に合わせた開花の技術を身につけておく必要があります。この形状毎の開花を学べるというのがこの講座の人気の一つでもあります。注意すべきポイントやより効率よくキレイにできるポイントを学び…顎の処理やポイントを押さえたグルーの付け方も学び…黙々と手を動かしながらも、耳は常に講師の和田の言葉に傾け…一つ終われば今度は違う形状のバラに取り掛かり…バラの次はガーベラをよりナチュラルに魅せる開花を学び…輪菊もより自然に可憐になるように開花させるテクニックを学び…ひと通り目的のお花の開花テクニックのレクチャーが終わったら、実際に開花したお花を使ってアレンジを作ってみます。。。作っている合間合間にも色んな指導が入ります。マンツーマンでやるレッスンも効果はありますが、グループレッスンは他の人へのアドバイスも含めて色んな学びを得られるので、少人数ならグループレッスンの方が効果が得られやすいです。ブログでは駆け足で書いていますが、ここまでで既にお昼を遠に越しています。いつも講座の紹介の際には注意書きさせて頂いていますが、そのテクニックや方法論については、詳細は書いておりません。本当なら、読者の皆さんにお伝えしたいところですが、受講者さんは受講料を払って参加されていらっしゃいますので、その内容を全て公にする訳には行かないのです。そこの所はご了承下さい。今回は、年代もバラバラ、性格や趣向もバラバラなお三方が参加されました。そこに超がつくほど個性的な講師の和田が加わるのですが、何と言ってもプリザーブドフラワーという共通項があります。そして、向上心を持ってプリザーブドフラワーに取り組んでいらっしゃる方達ですので、盛り上がらない訳が無いんですね。初っ端は緊張感もありましたが、この頃には緊張感から高揚感に参加者さんの心も変わっているのではないでしょうか。。。次回、この続きをご報告させて頂きます。追伸前回のブログで、来週、私が広島に行った際に情報交換お茶会をしませんか?とお誘いさせて頂きました。1名の方から参加の意向をご連絡いただきましたので、5日にお茶会を実施させて頂きます。お茶会ですからドタ参もOK!!ですので、お近くの方はブログのコメントやメッセージにてご連絡下さい!ちなみに、ご参加いただく1名の方は香川県からわざわざ駆けつけてくれるとの事。本当にありがたく思います。詳細は参加される方に直接お伝えさせていただきますが、5日の11時くらいを予定しております。こちらも宜しくお願い申し上げます!

      40
      4
      テーマ:
  • 21Jun
    • 広島で情報交換お茶会します!

      お時間ある方はぜひ!ブログでは話せないオフレコ話、ブログは公の場だから聞けないけど本当は聞いてみたい話、いろんな方の活動を知りたいetc… 稲田とはどんなヤツなのか見てみたい(笑)でもOK!!プリザーブドフラワープロデューサーの稲田です。7月の3日〜5日に所用で広島に行きます。せっかくなので、このブログをご覧の方と情報交換お茶会をやりたいなと思っています。このブログの読者さんで稲田に会ってみたい奇特な方いらっしゃいましたら、お茶会しませんか?リアルだから聞ける話せるコトがある!生まれて初めて広島に行きます!昨年東京で情報交換お茶会をやって、とっても有意義な時間を過ごせたので、この機会に中国地方の方と情報交換出来たらイイなと思い、ご興味ある方いらっしゃらないかなぁ?と記事にしてみました。まったくの思いつきなので、会場の手配等々はこれからなのですが、さてさて稲田に会ってみたいなんて奇特な方が果たしていらっしゃるのかどうか…考えてても仕方ないので、先ずは聞いてみることにしました!7月3日〜5日の間で稲田と情報交換してみたい!って方、ぜひお知らせ下さい!ご参加可能な方で日時・場所等々を調整して詳細を決めて行きたいと思います。もちろんお茶会に参加するのに費用は全く掛かりません。それぞれのお茶代と電車代だけは握りしめて来て下さい(笑)一応、人数把握しておきたいので、この記事のコメントもしくはメッセージにて参加希望の方はご連絡下さい。どなたもいらっしゃらない場合は、他の予定を入れたいと思いますので、26日までに希望の方はお知らせ下さい。まずは取り急ぎ告知させて頂きます。宜しくお願い申し上げます。

      36
      6
      テーマ:
  • 18Jun
    • チャンス‼︎

      苦しい時こそチャンスです!チャンスは誰しもに平等にあるはずです。チャンスの時にチャンスと気づきしっかりチャンスを手に入れられる自分でいたいものです。プリザーブドフラワープロデューサーの稲田です。皆さんは、仕事における成長曲線ってどんな感じだと思いますか?0から始まって1になり、10⇒30⇒50⇒70⇒100みたいな感じを描くと思いますか?答えはNO!!です。ゼロの時にどう過ごすか…一般的にビジネスにおける成長曲線を表すのに、以下の様な図式が用いられます。ただし、実際に運営している方はお分かりかと思いますが、必ずしもこの様には行きません。最初っからポーンっと好発進を決める方もいらっしゃいますし、長らく低迷期を彷徨ってしまう方もいらっしゃるでしょう。精神衛生上はポーンっと好発進の方が良いに決まっていますが、長いスパンで考えた時には低迷期を味わうのは決して悪い事ではありません。 ポーンと好発進してしまうと、どうして好発進できたのかが見えずらく、また検証すらしない事にもなりがちです。そうするとどこかでつまづいた時に、踏ん張りが効かなくなる。なかなか結果に繋がらない時期に、どうしたら結果に繋げられるかを考え、行動する事でその経験値が力となるのは間違いありません。今、もし貴方が「結果が伴わない…」と感じているのであれば、今こそが力を蓄えるチャンスと思って激しく右往左往して見ましょう!0⇒0⇒0⇒30⇒100⇒200 そんな爆発力があるはずです!ゼロの時期にどう過ごすかで未来が変わります。ゼロだからと嘆いたり、何かのせいにしたり、投げ出してしまったり…。言い訳ばかりではいつまでもチャンスを掴めないばかりか、チャンスにさえ気づかないでいる事になりますよ〜〜!泥臭いかもしれませんが、母の日という大イベントが終わった今だからこそ、泥にまみれる覚悟を持つにはちょうどいい時期です!

      28
      テーマ:
  • 10Jun
    • 『売れる』為には売るだけじゃダメ

      ファンを多く作るコト画像はイメージで本文の内容とは関係ありません。目先のお金にばかりとらわれて、売るばっかりに目が行くと大切なコトを見失いがちになります。プリザーブドフラワープロデューサーの稲田です。最近、これからは販売に力を入れて行きたいと言う方とお話しさせて頂く機会が増えてきました。「生徒さん獲得が思う様にいかないから教室を諦めて販売に!」なんて考えているとしたら、大きな間違いです。売るが目標ではダメ貴方はラーメンを食べに行く時に何を基準にお店を選びますか?醤油・味噌・塩・とんこつ…、こってり・あっさり…、その時の気分や欲している味でチョイスしますよね。もっと言うと、現在地からのアクセスの便利さや店の雰囲気や評判等々も判断材料になりますが、一番優先されるのは味だと思います。プリザーブドフラワーを販売する場合、この味に該当するのがデザイン力な訳です。*形状(器のアレンジ・フレーム・リース・トピアリー等々)=醤油・味噌・塩等*色使いのセンス=盛り付けのセンス*色味の濃淡=こってり・あっさりこんな感じでしょうか?これらをトータルして味と捉えて、お客様が今欲している味を選ぶ訳です。選んで頂いた後は、実際に食してみて(購入してみて)どの様な感想を持たれたか…。そして、またこの店(このフローリスト)で食べたい(購入したい)と思って頂けたか…。新規のお客様をファン化してリピートして頂く、そのファン(顧客)の下支えの上にさらに新規客を掴んで行く事で右肩上がりの成果に繋がるのです。「あぁ、この人、変な方向に行っちゃてるな…」と感じる方は、売ることばかりを目標にしてしまっています。大切なのは売るコトじゃなく、再び購入していただくコトなのに、この差を理解できないと間違った方向に舵をとってしまいます。売れ続けるコトでは、お客様をファン化するにはどうしたら良いか?まず、オリジナリティ(個性)が大切です。パンチの効いた味なのか、マイルドで優しい味なのか、他では類を見ない様な独特の味なのか…。誰からも及第点を頂ける味も良いですが、お客様をファン化すると言う意味ではそれでは物足りません。万人受けするって言うと聞こえは良いかも知れませんが、逆に言うと熱烈なファンにはなって頂けないと言うコトだと認識する必要があります。ファンになって頂けたら、リピーターとしてまた購入してくれるのはもちろんですが、友人知人を紹介して頂けたり、SNS等で拡散してくれたりもします。単に買ってくれるだけではなくプラスαの利点が生まれるのです。売るコトだけを考えている方は根本に「売れればいい、お金になればいい」と言う思いがあります。目先のお金だけに傾注してしまうのです。「多少程度が悪くても、これぐらいなら文句は言われないだろう」「掲載画像と同じ花材の在庫が無いけど、ほぼほぼ似てるから問題なし」「思ったより小さいと言われても掲載画像の下にサイズを明記してあるし…」etcそこにはお客様目線などありません。作り手売り手の論理だけが優先されていては、到底ファンがつくコトなんて無いのは言うまでもありませんね。継続して運営して行くには、売れるコトが大切なのではなく、売れ続けるコトが大切なのです。その認識が出来ている方とそうじゃ無い方とでは、後々に大きな差がつくのは間違いありませんよ!

      44
      2
      テーマ:
  • 08Jun
    • 【満員御礼】デザイン力強化講座募集終了です!

      定員に達しました!かねてより募集しておりましたデザイン力強化講座のサマーシーズンの募集を昨日満席となりましたので、締め切らせて頂きます。プリザーブドフラワープロデューサーの稲田です。前回のブログであと1名様で募集終了とお伝えさせて頂きましたが、昨日最終枠のご参加が確定いたしましたので、今回のデザイン力強化講座の募集はここまでとさせて頂きます。ありがとうございました! 責任今回のデザイン力強化講座、とっても楽しみになって来ました!なぜなら…参加者全員が関東圏からのご参加だからです!もう、本当に頭が下がります。わざわざ札幌くんだりまで足を運んで頂くって、すごい行動力だと思います。生半可な気持ちでは、なかなかそこまでの行動はとれません。そんな参加者さんが集まった講座…どんなハレーションが起きるかも含めて、とっても楽しみで仕方ありません。学びたいという向上心、そしてこのままではイケナイという危機感、何よりお花が大好きという愛情…いろんな要素が人を行動へと導きます。行動した者だけが得られるモノ、それはかけがえのないモノだと思いますし、かけがえのないモノを運営する側の責任としてご提供させて頂かなければならないと思っています。生半可じゃない参加者さんの期待に応えるという事は、こちらも生半可ではいられませんね。尚、以降の参加お申し込みの方につきましてはキャンセル待ちという形をとらせて頂きますので、ご了承下さいませ。講座の模様はまたこのブログでお伝えさせて頂きます。ご応募ならびにご検討いただきまして、ありがとうございました!

      21
      テーマ:
  • 30May
    • 売れるデザインと売れないデザインの差

      売れるデザインには訳がある!売れるデザイン力を身につける為のデザイン力強化講座。現在3名様の参加が確定しており、後1名様で募集終了となります。プリザーブドフラワープロデューサーの稲田です。先週末の段階で、6月27・28日開催のデザイン力強化講座の参加希望者が3名となりました。講師の和田が細部にまで目が行き届くのは4名がギリギリのライン。なので、あと1名様だけ募集させて頂きます。今回の参加者さんの特徴は、全員が関東圏の方!募集段階で関東圏から2名様の参加が決定していましたが、このブログをご覧いただいて、お申し込み頂いた1名様も関東の方でした。 売れるというのは…売れるデザインと売れないデザインの違いってどこにあると思いますか?確実にその差が存在します!特にネットで販売をしていると、お家に居ながらにして全国のお店やフローリストさんを横並びにして比較する事が出来ます。その横並びの比較で勝ち残って初めて購入頂ける訳です。そう考えると、売れるって非常にハードルが高いと思いませんか?そのハードルを飛び越えて走り続けて来たからこそ、弊店は13年もの間ネット専門店として運営を続けておりますし、そこで10年以上もトップフローリストとして君臨して来ている和田が講師を務めるからこそ、売れるデザイン力を身につけられる訳です。一度、講師の和田の作品をご覧になって見て下さい。弊店のサイトには、フローリスト毎の作品ページがあります。ここでは、今までにオーダーにて作って来た作品を中心にサンプル画像として掲載しています。フローリスト和田の作品ページはコチラもちろん、作風には好みがありますし、このブログをご覧になっている方は実際に活動をされているプロの方がほとんどですから「大した事ないわ!」って思う方もいらっしゃるでしょう。ただ、弊店には常に7名前後のフローリストが同じ条件で活動している中で、10年以上トップを守り続けている訳ですから、そこには必ず売れるヒントが隠れているはずです。プロの視線とお客様の視線に隔たりがあると、どんなに優れた作品を提供していても売れる訳がありません。マーケットを無視した作品は独りよがりな作品でしかないからです。パリコレでモデルが着こなすファッションは素敵ですが、ご自身で着ようとは思わないでしょ。実際に着る・売れるファッションはコレクションで発表するファッションとは別物です。そんな売れるデザインを身につけるレッスンに興味はありませんか?残席1名様限りです。増席はありませんので、決まり次第募集は終了となります。ご了承くださいませ。創作花屋花の音トップフラワーアーティストによる『プリザ*デザイン力強化講座in札幌』〜 サマーシーズン 〜special summarclass開催いたします!!プリザ*デザイン力強化講座〜サマーシーズン〜開催要項日時:6月27日・28日の2日間 10時から16時を予定              (講座の進行状況次第で若干の前後の可能性あり)          (1日2作品・2日で4作品を創りながらレッスンを予定)       特典:受講後3作品まで講師和田の画像診断を受けられます。   プロデューサー稲田のコンサル1時間受けられます。定員:最大4名受講料:30,000円(税別)※事前お振込となります。受講資格:資格取得者及びそれに準ずる力をお持ちの方場所:札幌市清田区平岡※最寄りの地下鉄駅(大谷地)に送迎させて頂きます。場所の詳細につきましては、参加される方だけにお知らせさせて頂きます。募集締切日:6月20日※定員に達し次第締め切り前に募集を終了する場合があります。・受講者様都合でのお休みの場合は、スケジュールの都合上振替は難しいものとご理解下さい。その分の受講料の返却も致しかねます。・講座内容につきましては、事前に参加希望者さんとお電話及びメールにてお打ち合わせをさせて頂いた上で、基本的には参加者さん一人一人が望む内容で進めて参ります。従って、花材及び資材につきましては、基本的に参加者さんの持ち込んで頂き、実施いたします。・どちらか1日のみの参加を希望される場合はご相談下さい。満席に達していない場合にのみ1日のみの参加もお受けさせて頂きます。↓↓↓お申し込みはコチラから↓↓↓なお、受講するにあたって質問等がございましたら、何なりとお問い合わせ下さい。info@hananone.jp011-555-4065上記のアドレスにメールを頂くか、お電話でも構いません。こちらのブログのコメントやメッセージをご利用いただいても構いませんし、FB及びメッセンジャーからのお問い合わせも受け付けております。4名様に達した段階で受付締め切りとなりますので、ご注意くださいませ。宜しくお願い申し上げます!

      45
      テーマ:
  • 23May
    • ブログネタの詰まり解消方法

      解消法の備えがあれば大丈夫!何事も、どんなにケアしていても詰まる事ってあります。そんな時にお役立ち詰まり解消法を知っていれば、詰まりに対する恐れが無くなります。プリザーブドフラワープロデューサーの稲田です。前回のブログで、ブログネタに詰まってしまう方の共通点をお話しさせて頂きました。「毎回違うネタを書かなきゃイケナイなんて事は無いんだよ〜!」の一文で、ブログ更新にあたっての気構えが随分楽になったとメッセージいただきました。そんな風にお役に立てたのなら私も嬉しく思います。気を良くして(笑)さらにブログ関連の話題を書かせていただきます。読者目線「毎日ブログを更新しなければイケナイ!」そんな切迫した精神状態でいては、ますますブログが書けなくなってしまいます。そりゃ書かないより書く方がイイですが、だからと言って無理矢理書いた記事では、読者目線でみるとツマラナイ記事になっているに違いありません。ツマラナイ記事をまた読みに来たいと思いますか?そんな奇特な読者はそうそういらっしゃいません。だからこそ、毎日更新する事よりも読者目線に立って、しっかりと読み応えのある記事を書き続けることを私は推奨しています。もちろん書く側にいるわけですから、どうしても書き手論理で判断しがちになりますが、そこを客観的に読者側の目線に立って自分のブログに向き合うと、考えている以上にブログに対するハードルが低くなります。ハードルが低くなればブログネタに対する柔軟性も生まれて、ネタに困る心配も少なくなります。ただ、それでも、ブログネタに困ってしまう時は必ずあります。そんな時にお役に立てるかも知れない私なりのブログネタの詰まり解消方法をお知らせします。これが私の解消法過去記事を全て見回してみよう!今までにご自身で書いてきたブログ記事を見直してみましょう。記事の内容ももちろんですが、記事についた「いいね!」の数やコメントの有無なんかも要チェックです。*共通項のある過去記事を集めた「まとめ記事」を書く*読者の反応が良かった記事をもう少し深掘りする*読者や生徒さんからよく頂く質問をFAQ記事にする*時間の経過と共に書き直す必要のある過去記事をリライトする*以前の自分と現在の自分を比較した記事を書く*今も昔も一貫して変わらない事を再度強調した記事を書くなどなど…。ざっと思いつくままに書いた上の例だけでも6本の記事が書ける事になります。逆に言うと、ブログネタに6回困っても回避できるネタを6回分既に用意できている訳です。ブログネタに詰まってしまったら、ご自身のブログに助けを求めましょう!例えば『時間の経過と共に書き直す必要のある過去記事をリライトする』を意識して見てみると、思いの外、時間の経過と共に書き直す必要性を感じる記事があるはずです。情報が古くなって今の時代に合わなくなっている記事、ご自身の考え方が変わって以前の主張と今の主張が異なる記事、ご自身は終始変わっていないのに業界全体のムーブメントが変わって現在にそぐわない記事などなど、書き直した方が良いなぁと思える記事ってビックリするほど多いものです。こうやって広げて行くと、6回分のネタが12回分にも24回分にもドンドン広がって行きます。古参の刑事は捜査に行き詰まったら現場に帰ると言います(笑)ブログネタに詰まったら、ご自身の過去記事に一旦帰ってみましょう!【お知らせ】ただいま、以下の講座の受講者さんを募集しています!もちろん、私も参加しますので、プリザーブドフラワープロデューサーに直接聞いてみたい事があれば、ガシガシ聞いて下さい!募集にあたっての記事はコチラ創作花屋花の音トップフラワーアーティストによる『プリザ*デザイン力強化講座in札幌』〜 サマーシーズン 〜special summarclass開催いたします!!プリザ*デザイン力強化講座〜サマーシーズン〜開催要項日時:6月27日・28日の2日間 10時から16時を予定              (講座の進行状況次第で若干の前後の可能性あり)          (1日2作品・2日で4作品を創りながらレッスンを予定)       特典:受講後3作品まで講師和田の画像診断を受けられます。   プロデューサー稲田のコンサル1時間受けられます。定員:最大4名受講料:30,000円(税別)※事前お振込となります。受講資格:資格取得者及びそれに準ずる力をお持ちの方場所:札幌市清田区平岡※最寄りの地下鉄駅(大谷地)に送迎させて頂きます。場所の詳細につきましては、参加される方だけにお知らせさせて頂きます。募集締切日:6月20日※定員に達し次第締め切り前に募集を終了する場合があります。・受講者様都合でのお休みの場合は、スケジュールの都合上振替は難しいものとご理解下さい。その分の受講料の返却も致しかねます。・講座内容につきましては、事前に参加希望者さんとお電話及びメールにてお打ち合わせをさせて頂いた上で、基本的には参加者さん一人一人が望む内容で進めて参ります。従って、花材及び資材につきましては、基本的に参加者さんの持ち込んで頂き、実施いたします。・どちらか1日のみの参加を希望される場合はご相談下さい。満席に達していない場合にのみ1日のみの参加もお受けさせて頂きます。↓↓↓お申し込みはコチラから↓↓↓なお、受講するにあたって質問等がございましたら、何なりとお問い合わせ下さい。info@hananone.jp011-555-4065上記のアドレスにメールを頂くか、お電話でも構いません。こちらのブログのコメントやメッセージをご利用いただいても構いませんし、FB及びメッセンジャーからのお問い合わせも受け付けております。4名様に達した段階で受付締め切りとなりますので、ご注意くださいませ。宜しくお願い申し上げます!

      38
      テーマ:
  • 22May
    • ブログネタに困らない為に…

      頭を柔軟にしようよ!メールやメッセージで頂く質問や相談、リアルにお会いした際の質問や相談、共通して多くの方のお悩みとなっているのが、ブログを書くネタに困っているということ。今回は、ネタに困らなくなる為のヒントを記します。プリザーブドフラワープロデューサーの稲田です。ブログを毎日更新されていますか?私はご存知の様にしていません。してイナイ事が良いとは思っていませんが、毎日更新しなければイケナイとも思っていません。むしろ、しなければイケナイという縛りに苦しむ方がマイナス要素が強いと思っています。どうしてブログをやってるの?そもそもブログをやっているのはどうしてですか?教室の活動報告として・レッスンスケジュールの伝達版として・ご自身の作品の発表の場として・趣味の一環として・・・上記の様な目的がハッキリしている方もいらっしゃるとは思いますが、多くの方は販売や集客に繋げたいからブログをやられているのでは無いでしょうか?販売や集客に繋げるという事は大変な事です。努力なくしては繋げられません。しかも、これだけやっていればOK!!という単純なモノでは無いので、余計に難易度が上がります。本気で販売や集客を増やそうとすると、その苦悩たるや「ブログのネタに困って…」なんてレベルではありません。販売や集客に繋げるというのはとっても大変な事で、それを促進させる一環としてブログをやっているのに、肝心要の販売や集客に繋げる前にブログのネタで行き詰まっている様では、少々困りものです…。では、どうしてそんなに困っているのか???ブログネタに困る方の共通点ブログは毎回新しい事を書かなきゃ行けないと思い込んでいるどこで誰にそんな事を言われたのでしょうかねぇ。貴方のブログ、そこまで多くの方に隅々まで読まれてなんかいません。残念ながらそれが現実です。私は、少しでも多くの方に伝えることが出来たらとそれなりに時間も掛けて一生懸命に書いていますが、実際に伝わってる数なんてたかが知れていると思っています。仮に、貴方のブログには隅々まで読まれる読者さんが大勢いらっしゃったとしても、繰り返し読まれる事で、より貴方の思いや伝えたい内容がダイレクトに伝わる様になるのですから、同じネタを繰り返し書いたとしても何ら問題は無いはずです。もちろん、立て続けに何回も同じ内容のブログをアップするのは可笑しな事ですよ。ただ頑なに「新しい記事を書かなきゃ!」って思い込んでいると、書けなくなったり、ネタが無くなったりします。毎日更新しなきゃイケナイ・毎回新しい内容を書かなきゃイケナイ・読者を増やすには読者登録に出向かないとイケナイ・他の人のブログに積極的にコメントして行かなきゃイケナイ・・・ブログをビジネスに活かす為に言われている事にはイケナイ縛りが多い!しかし、これを鵜呑みにしてはイケナイ(⁈)のです。彼らは自分のロジックに信頼性を持たせる為に、断定的な言い方をします。自信なさげに「○○はした方が良いと思います」と言うよりも、自信満々で「○○しなきゃイケナイよ!」と言った方が断然説得力が増すからです。ただ、人には向き不向きもあれば、得手不得手もあります。自信満々で言われている事が貴方に合っているかどうかは別問題なんです。こういう内容って正解は1つだけではありません。こういうやり方で成功した人もいれば、ああいうやり方で成功した人もいるのです。一番最悪なのは、イケナイ縛りにがんじがらめになって身動きが取れなくなってしまう事です。もう少し頭を柔軟にして、貴方に合った貴方だけのスタイルを確立(仕組化)できれば、ブログのネタに困る事は無くなります。【お知らせ】ただいま、以下の講座の受講者さんを募集しています!もちろん、私も参加しますので、プリザーブドフラワープロデューサーに直接聞いてみたい事があれば、ガシガシ聞いて下さい!募集にあたっての記事はコチラ創作花屋花の音トップフラワーアーティストによる『プリザ*デザイン力強化講座in札幌』〜 サマーシーズン 〜special summarclass開催いたします!!プリザ*デザイン力強化講座〜サマーシーズン〜開催要項日時:6月27日・28日の2日間 10時から16時を予定              (講座の進行状況次第で若干の前後の可能性あり)          (1日2作品・2日で4作品を創りながらレッスンを予定)       特典:受講後3作品まで講師和田の画像診断を受けられます。   プロデューサー稲田のコンサル1時間受けられます。定員:最大4名受講料:30,000円(税別)※事前お振込となります。受講資格:資格取得者及びそれに準ずる力をお持ちの方場所:札幌市清田区平岡※最寄りの地下鉄駅(大谷地)に送迎させて頂きます。場所の詳細につきましては、参加される方だけにお知らせさせて頂きます。募集締切日:6月20日※定員に達し次第締め切り前に募集を終了する場合があります。・受講者様都合でのお休みの場合は、スケジュールの都合上振替は難しいものとご理解下さい。その分の受講料の返却も致しかねます。・講座内容につきましては、事前に参加希望者さんとお電話及びメールにてお打ち合わせをさせて頂いた上で、基本的には参加者さん一人一人が望む内容で進めて参ります。従って、花材及び資材につきましては、基本的に参加者さんの持ち込んで頂き、実施いたします。・どちらか1日のみの参加を希望される場合はご相談下さい。満席に達していない場合にのみ1日のみの参加もお受けさせて頂きます。↓↓↓お申し込みはコチラから↓↓↓なお、受講するにあたって質問等がございましたら、何なりとお問い合わせ下さい。info@hananone.jp011-555-4065上記のアドレスにメールを頂くか、お電話でも構いません。こちらのブログのコメントやメッセージをご利用いただいても構いませんし、FB及びメッセンジャーからのお問い合わせも受け付けております。4名様に達した段階で受付締め切りとなりますので、ご注意くださいませ。宜しくお願い申し上げます!

      21
      テーマ:
  • 21May
    • 開催決定!デザイン力強化講座〜サマーシーズン〜

      デザイン力強化講座in札幌!デザイン力を強化する為の講座。次回は札幌で実施します!既に東京から2名の参加が決定しています。『交通費や宿泊費を掛けてでも札幌に来て受講したい!』ナゼ?そんな風に思っていただけるのかを記します。プリザーブドフラワープロデューサーの稲田です。このブログでも何度となくその模様をご紹介しているデザイン力強化講座。次回は6月に札幌にて実施する事になりました。もともと6月に実施する予定は無かったのですが「6月なら札幌に行けるので、ぜひ6月に開催して欲しい!」とのご要望を頂き、ならばと開催に向けて舵を取った訳です。 手前味噌な内容になるかも知れませんが、どうして?東京からわざわざ2名もの方が札幌まで来て受講したいと思われるのか?今回はその魅力に迫ってみたいと思います。お客様の期待に応える為に…弊店に所属するフローリストの経歴は様々です。現在は(産休等でお休み中のフローリストを除くと)7名のフローリストが活動していますが、この10余年、出入りはありつつも常に10名前後のフローリストが所属する形で運営して参りました。弊店は打ち出の小槌でも自動販売機でもありませんから、弊店に所属して作品を陳列すれば自動的に売れる訳ではありません。弊店の中でも競争はありますし、そもそもネットで販売するという事は、自宅にいながら全国のフローリストや花屋さんの作品を横に並べて比較して購入できる訳ですから、そのハードルを潜り抜けて販売するって大変な事なのです。したがって、売れっ子フローリストの道を歩む者もいれば、いつまで経っても売れずに去って行く者もいます。その差は何か???○○な経歴のフローリストは売れっ子になれるとか、○○の資格を持っていると売れっ子になれるとか、そんな方程式は残念ながらありません。一つだけ言えるとすれば、売れっ子フローリストになる為にはやっぱりデザイン力が不可欠だという事です。キラリと光る何かがその作品に宿っていますか???競争に勝つだけの魅力が貴方の作品にはありますか???それは決して誤魔化しの効かない世界です。貴方の作品を購入する為に、貴方に教えてもらう為に、お客様は命の次に大切なお金を消費してくれるのです。その期待に応えなければなりませんし、応え続けなければなりません。それはそれは大変な事です。そんな荒波に揉まれながらも10年以上弊店にてトップフローリストの座を守り続けている講師の和田。彼女が長い年月を掛けて培って来たノウハウを惜しげもなく伝えて行くのがこの講座です。抱えるジレンマ…ただ残念ながら、この講座の魅力や持つ意味をなかなか上手に伝える事が出来ないジレンマを私自身抱えています。特に、ここ札幌では何度となく参加の呼び掛けをしようとも、反応が薄く、いつも定員割れになってしまいます。東京や青森からご参加いただけても地元札幌では見向きもされないのはどうしてか?募集の手段はこのブログを始めとしたSNSだけなので、なかなか伝わらないという側面もあるかも知れません。また、このブログでも講座の内容をご紹介させて頂いてますが、肝心要の核心部分まで全て披露する訳にはいきません。全てを紹介してしまっては、高い受講料をお支払い頂いた参加者の皆さんの利益を削ぐ事になってしまいますから、ここはご理解いただくしかありません。過去の講座内容をご覧になるにはコチラその結果、本質的な部分でのこの講座の魅力をお伝えできていないとしても、そこを守るのは当然の事です。別のアプローチ方法を見出せない自分が悪いと諦めるしかありません。ガーベラもそのまま使わずに一手間加えると…今回東京から参加いただく方のお一人は、もう5回目の参加です。前回の東京開催を除く4回は札幌に足を運んで頂いての受講です。もうお一人は、私が東京で情報交換お茶会を開催した際にご参加いただいた方で、前回の東京開催はお仕事の関係でご参加いただけなかった方です。参加者さんとの親睦も兼ねて東京開催初日の後に晩御飯を一緒に食べたのですが、そこに仕事終わりで駆けつけた方でもあります。(アグレッシブですね〜)その中で講師の和田と接し、受講された方々の生の声に接しているうちに「札幌に出向いてでも受講するべきだ!」と判断されたのでしょう。その場でもそんな発言をされていましたが、それは決してその場のノリではなく、本気だった訳ですね。そして、「6月なら札幌に行けるので、ぜひ6月に開催して欲しい!」というご要望につながる訳です。この様に、実際この講座に触れて頂けるとこの講座の魅力と価値がよく分かります。「参加したい」という思いが強くなります。そして、参加された方々が口々に言われます…「こんな講座受けた事ない…」(ん?もしかしたら、自分が抱えているジレンマの要因はここか??)今まで経験した事がないのですから、その魅力や価値を実感できる訳がありません。未知の世界に足を踏み入れる怖さすらあるかも知れません。とはいえ、声高に魅力や価値を叫んだところで逆効果にしかならないので、ここは真摯に事実を伝え、参加者さんの声を通して実感していただくしかないと考えています。今回は既に2名決まっておりますので、あと2名だけ募集させて頂きます。増席はありませんので、決まり次第募集は終了となります。ご了承くださいませ。創作花屋花の音トップフラワーアーティストによる『プリザ*デザイン力強化講座in札幌』〜 サマーシーズン 〜special summarclass開催いたします!!プリザ*デザイン力強化講座〜サマーシーズン〜開催要項日時:6月27日・28日の2日間 10時から16時を予定              (講座の進行状況次第で若干の前後の可能性あり)          (1日2作品・2日で4作品を創りながらレッスンを予定)       特典:受講後3作品まで講師和田の画像診断を受けられます。   プロデューサー稲田のコンサル1時間受けられます。定員:最大4名受講料:30,000円(税別)※事前お振込となります。受講資格:資格取得者及びそれに準ずる力をお持ちの方場所:札幌市清田区平岡※最寄りの地下鉄駅(大谷地)に送迎させて頂きます。場所の詳細につきましては、参加される方だけにお知らせさせて頂きます。募集締切日:6月20日※定員に達し次第締め切り前に募集を終了する場合があります。・受講者様都合でのお休みの場合は、スケジュールの都合上振替は難しいものとご理解下さい。その分の受講料の返却も致しかねます。・講座内容につきましては、事前に参加希望者さんとお電話及びメールにてお打ち合わせをさせて頂いた上で、基本的には参加者さん一人一人が望む内容で進めて参ります。従って、花材及び資材につきましては、基本的に参加者さんの持ち込んで頂き、実施いたします。・どちらか1日のみの参加を希望される場合はご相談下さい。満席に達していない場合にのみ1日のみの参加もお受けさせて頂きます。↓↓↓お申し込みはコチラから↓↓↓なお、受講するにあたって質問等がございましたら、何なりとお問い合わせ下さい。info@hananone.jp011-555-4065上記のアドレスにメールを頂くか、お電話でも構いません。こちらのブログのコメントやメッセージをご利用いただいても構いませんし、FB及びメッセンジャーからのお問い合わせも受け付けております。4名様に達した段階で受付締め切りとなりますので、ご注意くださいませ。宜しくお願い申し上げます!

      22
      2
      テーマ:
  • 16May
    • 母の日の配達で実感したこと

      お得意様頼りでは危ない!前回の記事で、母の日の検証をオススメしました。全ては未来の為です!今回は、違う角度から母の日を振り返ります。プリザーブドフラワープロデューサーの稲田です。弊店にとっては12回目の母の日でした。13年もやっていると、お客様の推移も見えて来ます。もちろんデータという数字としても見えて来ますが、面白いもので、雑感としても見えてきたなぁと思える母の日でした。母の日の配達で分かったこと弊店では、母の日の市内配達は運営スタッフ総出で繰り出します。開業当初は不慣れなところもあって、スタッフだけでは追いつかず配送業者を使ったりもしましたが、学ぶにつれそんな必要も無くなりました。配達日がバラける様な施策をしたり、昨日も書きましたけど、一時期に比べるとオーダー数が減っている事もその要因ですね。もちろん私も朝から配達に走ります。12回目ともなると、毎年の様にご購入頂いているお客様も多く、配達先の道のりをすっかり覚えてしまったお客様も少なくありません。逆に言うと「あ、この辺りによく配達に来てたのに、ここ数年ご注文頂けてないなぁ」なんてケースもチラホラ。そんなこんなで12年もやってると配達しながらも色んな気づきがあります。特に今年はご注文主様のお母様の高齢化(大げさかな?)を実感しました。昨年までは元気に玄関先に出て来ていたのに、杖が必要になっていて玄関先にはマジックハンドが置いてあったり、普通に会話をしていたはずなのにかなり耳が遠くなっていたり…そう考えると、ここ数年ご注文頂けなくなってしまったお客様の中には、お母様が御隠れになった方もいらっしゃるのかな…私もこの12年の間に父を亡くしましたしね。いつもご利用いただいているお得意様には感謝しかありませんが、それに甘んじてばかりはいられないなと実感しました。弊店のお客様は30代後半から50代前半の方が多く、そのお客様のお母様となると60代・70代が中心になるのでしょうか。お客様自身もプレゼントを贈る立場からもらう立場に変わった方も多いでしょう。それらを考えると、お得意様の若返りも視野に入れた活動をしていかなければいけません。20代に向けたアプローチをこの母の日までの11ヶ月でやり遂げなければ、右肩上がりにはならないと実感した今年の母の日の配達でした。

      40
      テーマ:
  • 14May
    • 母の日を終えた今、しっかり検証と対策を!

      母の日終了後の今が大切!母の日が終わりました。今年の母の日はいかがでしたでしょうか?今年の経験を来年に活かす為にも、早めに検証して必要であれば対策を講じる準備を始めましょう!プリザーブドフラワープロデューサーの稲田です。「母の日は超多忙となる為ブログの更新をお休みします」というブログを書こうと思っていたにも関わらず、なし崩し的に怒涛の母の日に飲み込まれ、更新できずにおりました。「ひと月も更新が滞ってはダメじゃん!」似非コンサルあたりからはそんな声も聞こえてきそうですが、この時期にブログを書く余裕すら無くなる程に忙しくなれるって大変ありがたい事。そこに神経を集中させるべきで、そんな時にブログに時間を割く必要はないと私は考えます。「母の日≠お花」今年の母の日、皆さんの活動はいかがでしたか?弊店の状況で言うと、ここ2〜3年は個数的には大きく差が出る事なく横這いですが、一時期のピーク時に比べると2/3程に減っています。毎年、なんとかピーク時に戻せたらと思って試行錯誤してはいるのですが、正直難しいですね。今年は母の日を見込んでCreemaにも昨年末から参加してみました。母の日作品は16点販売しました。16点という数は決して多いとは思えませんが、参加から半年弱としては「まぁ良し」とすべき数字なのでしょうか…。欲深い私は「こんなもんか…」と思いつつ「どうしたらもっと販売できるか?」もっと突き詰めてやろう!と思っています(笑)それでも、Creemaに参加していなければ16件のオーダーが無かったと考えると、やっぱり今年は厳しい母の日であったのかも知れません。周囲からも「百貨店で展示販売したけど思う様に売れなかった」とか「ハーバリウムに推されて売れない」なんて話を聞きますし、配送業者さんも「今年のお花の宅配の件数が少ないのではないか」と言っていました。年々選択肢が増えて、黙っていても母の日だからと言ってお花が売れる時代ではなくなったと認識を改める必要があります。母の日の為の11ヶ月とはいえ、その時代の流れに左右されていてはビジネスとしては成り立たなくなってしまいます。だから私は、やっぱり花屋は母の日で1年分を稼ぐくらいじゃなきゃダメだと思うし『残りの11ヶ月は母の日の為にある』という感覚で取り組んで行くのは変わらないでいるべきだと考えています。この11ヶ月で何が出来るか…。そこが大切で、今年の経験を糧にどう動き、どう変え、どう取り組むかを、母の日が終わったばかりの今、しっかり検証しながら進んでいかなければと思っています。昨今は、テレビの情報番組等々の母の日ネタでも、真新しいモノばかりがクローズアップされて、結果、消費者の興味がそこに向かってしまいます。プリザーブドフラワーも数年前にはまさにその真新しいモノの代表格で、マスコミからも引っ張りだこで、様々な相乗効果で爆発的な売れ行きとなっていました。今では、良く言えばすっかり市民権を得て、お花の中の一つのカテゴリーとして確立された感があります。こうなると真新しさが無くなりますから、何らかの工夫をしなければいけません。その工夫の一つが今年だとハーバリウムになるのでしょう。弊店ではハーバリウムはお花という括りではなく、インテリア雑貨の分野のモノだと思っているので一切取り扱うことをしませんでした。なので、お客様にどれだけ受け入れられ、今後への伸びシロをどれくらい感じられたのかどうか分かりません。(実際に販売された方、その状況を教えて下さい!)ただ、マスコミの取り上げ方等々を見ても、一定数はハーバリウムに流れてしまったであろう事は想像がつくので、対策は講じなければなりません。ならば、私もハーバリウムに取り組もう!というのも選択肢としてアリです。ハーバリウムを極める為の11ヶ月にしましょう!私は違う形で対策を立てて行きたいと思います。人と同じことをヤラナイ…これも選択肢としては大切です。来年の母の日をより良い結果で終える為の、そんな11ヶ月がここから始まります。

      34
      テーマ:
  • 16Apr
    • 東京でのデザイン力強化講座終了しました!

      初の東京でのデザイン力強化講座!4月12日・13日の2日間、初の試みの東京でのデザイン力強化講座が実施されました。2日間という限られた時間の中での開催ですので、とにかく没頭して頂きました。プリザーブドフラワープロデューサーの稲田です。先週の木曜・金曜の2日間で実施させて頂きました東京でのデザイン力強化講座。この2日間はお花だけを考えて過ごして頂きました。限りある貴重な時間をより有意義にする為に…下ごしらえ今回、最初で最後の東京でのデザイン力強化講座という事で、気合いたっぷりで私も講師の和田も前日乗り込みで東京に向かいました。募集締切段階で、残念ながら5名満席とはいかず、さらに当日お子さんの体調の関係で1名キャンセルとなってしまい、受講者さん2名という最初で最後の東京開催というにはちょいと寂しい人数での開催になってしまいました。受講者さんにとってはマンツーマンに近い形で受講できたので、そういう意味では今回の受講者さんはラッキーだったとも言えます。この講座は、こちらから与えてやらせるだけの講座ではありません。すでにプロとして活動されている方を対象としていますから、受講者さん個々の能力と希望を考慮した形で進めて参ります。今回は特に経験値の高いお二人が受講されておりましたので、いつも以上にレベルの高い講座になったと思います。例えば初日の午前中に行った開花テクニックに関する内容も、今までは講師の和田が10数年トップフローリストで存在する中で培われたテクニックを学んで頂いていましたが、今回はさらに上を行く、お花毎の開花テクニックを学んで頂きました。一口にバラと言っても、ビビアンの様に小さなバラから大輪のバラ、てまり型のバラなど種類によって形状や花びらの巻き等が異なります。その形状毎に合わせたテクニックがあるという事を学んで頂きました。時系列的には後になりますが、バラだけではなくガーベラや輪菊の開花も学んで頂きました。ガーベラは開花というよりもより生花の様に可憐に魅せる技法とでも言ったら良いでしょうか…。その他、カラーの花びらの整型の仕方とか、細かいところですが、その手間を掛けられるかどうかで全体の出来映えが大きく変わって来る事を実感して頂きました。料理の世界でも言われる事ですが、下ごしらえがとっても大切!ココさえしっかり手間を掛けて実践できていれば、その完成度は飛躍的に高くなります。その他多勢からの脱却また、今回はお花とお花を組み合わせる事でそのお花の幅を広げる手法も学んで頂きました。組み換えなどと言ったりもしますが、組み合わせる事で別のお花のイメージにしてしまうやり方。下の画像はカーネーションを使用して秋桜を表現しています。複数のお花を1つのパーツにする事で、色んなメリットがあるという事も感嘆の声が上がった項目の一つでした。お花を組み合わせる事で別の表情を演出する事ができるという事を理解していただけると、デザイン力が大幅に広がります。常日頃から、色んな工夫をしながら、生き生きとしたお花の表情を模索している和田だからこそのテクニックに、受講者さんは大いに刺激を受けた事でしょう。今回ご参加いただいた受講者さんから「もっと早くにこの講座に出会っていたら良かった」というお言葉をいただきました。最大の褒め言葉を頂けたなと思います。ディプロマを取得してから、多くの経験を積んだ下地があったからこそ、この講座がお役に立てたのだと思います。自らの工夫やアイデアが散りばめられた活動を継続して行く必要性を感じて頂けたのではないでしょうか?みんなと同じ事だけをしていては、その他多勢にしかなりません。これからの時代、販売するにしても生徒さんを集めるにしても、その他多勢では苦戦必至です。この講座がその他多勢から脱却するきっかけになってくれれば幸いです。

      79
      テーマ:
  • 10Apr
    • デザイン力強化講座の東京開催、締め切りました!

      プリザーブドフラワープロデューサーの稲田です。せっかく行くんだから、一人でも多くの方にご参加頂きたい思いで、ここ数回は受講募集の記事が多くなってしまい申し訳ありませんでした。一先ず、募集締め切りましたので、これからはまた通常のブログ記事に戻ります(笑)学びは楽しく!どうしても募集記事になってしまった事、他地域の方にとっては全く興味のない記事だったのではないかと思いますが、私なりに他地域の方でも少しは有用な情報を盛り込みつつ書いて来たつもりです。ただ、どうしても偏った記事になってしまうのは否めません。改めてお詫び申し上げます。今後は通常運行に戻りますので、またお付き合い頂ければと思います。せっかくですので、今回は私が勉強会やセミナー、講習会に参加する際に気をつけていることを書きますね。どんな学びの場に行っても、その1回で全てを会得する事を鼻から考えていません。それなら、その講師や学びに来ている方の雰囲気を存分に楽しむ事が大切だと考えています。せっかくの機会ですから、一字一句メモを取ることに追われては勿体ないじゃないですか。それで頭に入り身体に染み込むならそれも大いに結構ですが、残念ながら私はそういうタイプでは無いので、その先生の空気感や一緒に学んでいる方々の熱意を感じて帰る事を重視しています。その方が、私にとっては余程価値のある事になるんですよね。そして、楽しくなければ学べないとも思っているので、その時間や空間を楽しむ事を考えています。そんな私が運営する講座ですから、やっぱり楽しいと思える講座にしたいと思っています。そんで、今回は休憩時間(もぐもぐタイム)にとっておきのスイーツを北海道から持ち込みます!じゃじゃ〜ん!今北海道では最も話題のスイーツです。私もまだ食べた事ありません。今や行列必至の人気スイーツです。デザイン力を高める為には、そんな話題性にも敏感でいて欲しい、そんな思いを込めて選びました…なんて言ってはこじつけ過ぎでしょうか…そだね〜〜!(自爆)受講される皆さん、お楽しみに〜〜!

      38
      テーマ:

プロフィール

プリフラプロデューサー稲田雅人

性別:
男性
血液型:
O型
お住まいの地域:
北海道
自己紹介:
創作花屋花の音というウェブ専門プリザーブドフラワーショップを運営して今年の4月で丸13年経ちました。...

続きを見る >

フォロー