退院前検査 | 素直な気持ち

素直な気持ち

2017年1月。息子が小学4年生のときに脳腫瘍と診断されました。
体調の変化があった頃から退院後までを振り返り、残しています。
現在は息子の闘病の様子、私や家族のことを素直な気持ちのまま綴っています。
後遺症として「汎下垂体機能低下症」になり闘病中です。

今日もまだ
退院の日はハッキリしませんでした( ;∀;)


昨日の採血で
白血球数がまた若干下がり始めたそうです。


血球を上げる薬を入れても
自力である程度血球数を上げられる
目処がつく数値になるまで
退院の許可は降りないようです。


明日の採血で、上がっていなくても
大きく下がらなければOKだそうですが
今週末には退院と思い込んでいたので

院内学級の中学の先生方(教科事に複数の先生がいます)に順番に挨拶をしてお別れしているところです。

万が一、終末に退院出来なかったら
お別れしたのにまた授業なんて・・・(^ω^;)


まあ、それはそれで
申し訳ないけど仕方ないか(^人^)



一方で、退院前の検査はどんどん受けています
昨日は眼科でした。

病気初発の時に既に視野欠損があった息子。
でも、自覚症状が無かったのでそれほど気にはしていませんでした。

昨日は検査で診察は明日なので
その後視力や視野がどうなっているのかは
明日、先生にお話を聞くことになっていますが
視力検査は息子に聞くと
左眼が1番上もよく見えなかったと言います。



単なる近視なのか
病気や治療による影響なのか
しっかり話を聞こうと思いす。


今日は心エコー検査をしました。
こちらは特に問題無かったようで
ほっとしました(^^)



食事はまだ
思うように食べられないようですが
気持ちは少しずつ
元気になっているように感じます!



退院する日に
長い間お世話になった同室の友達に
ピアノを演奏するんだと張りきって
毎日夕食の後にプレイルームの電子ピアノで
練習しています。


目標や、やりたい事があると
前向きになれるんですよね♪


喜んでもらえるといいね〜(∩ ᵕᴗᵕ ∩)・*