防災ボランティア!

起こらなければいいのですが、起こってしまうのが災害です。

災害が起こった際、また、起こる前に準備としてできること、なんかないかなぁ、ということを考えていくブログです。

Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

消火訓練に使えます。

消火訓練に


水を充てんして、消火器の使い方を訓練できる代物です。


それが→コチラ


自宅でも、地域の活動でも、会社の訓練でも、

消火器の使い方を学ぶ場所を作ってはどうでしょうか?


頭でわかっているだけでは、いざという時にできるかどうか、わかりません。


ただ、実際の火事の際には、これではなく、本物の消火器を使うように気をつけましょう。



非常用持ち出し袋をそろえましょう

なにはともあれ、防災袋(非常用持ち出し袋)です。
持ってない人、まだいますか?
緊急避難セット9点セット【セキュリティショップ 防犯ドットコム】

緊急避難セット15点セット【セキュリティショップ 防犯ドットコム】

非常用持ち出し袋 18点セット【ほほえみマート】

お手頃なのは、こんなところでしょうか?

キティちゃんと一緒なら怖くない!?

こんな防災グッズがありました。


まあ、ちょっと変わった非常用袋です。


NEWキティグッズ!【ハローキティ 防災セット】  キティちゃんと一緒なら怖くない! NEWキティグッズ!【ハローキティ 防災セット】 キティちゃんと一緒なら怖くない!

防犯ブザー

バンダナ

防災ずきん

ブランケット

ポーチ

防災リュック

の6点セットです。


すべてのアイテムにキティちゃんのイラストが入っています。

女のお子さんがいれば、

これがあれば、すぐに非難準備ができそうです。


・・・・避難場所で奪い合いにならなければいいですが。



防災士

防災士の講習ですが、

12月に、大阪と東京で

開催されます。


3日間かかり、しかも、6万円ほど費用がかかりますが、

興味と余裕がある方は、受講してみましょう。


詳しくはこちらで↓

http://www.bousaishi.net/

品切れにならないうちに!

以前から欲しかったこの商品。
ずっと品切れだったのですが、気がついたら、商品入荷していたようです。

この機会を逃すと、またどれだけ待たされるかわかりません。

カタダイン コンピプラス浄水器【クリスタルネット】

これがあれば、水不足の心配がなくなるかも!!
という代物です。

ちょっと値段が高いと思うかもしれませんが、
持っていると安心感が違います。
いざというときはきっと役に立つでしょう。

食糧がなくても、水は欠かせません。
給水場まで重い水をくみ取りにいかなければならなかったり、
長い列で順番待ちしなければならなかったり、
水をめぐってのトラブルも起こらないとも限りません。

そんなときに、この浄水器があれば、大丈夫です。



災害時だけでなく、アウトドアのレジャーにも使えます。
飲み水が無くなったときでも、これがあれば・・・!ということです。

人気商品のようで、結構品切れの時期が長かったです。
買うなら、早い方がいいですよ!


中越沖地震の災害のボランティア

新潟中越沖地震のボランティア関連情報です。


http://bosai.pref.niigata.jp/bosaiportal/0716jishin/volunteer/index.html


今回の災害での、個人からの救援物資は受け付けていないということが明記されていますね。

これまでの災害の教訓が表れているようです。


大量の救援物資は、

物資の仕分け、配布で人手が足りなくなったり、渋滞になったりと、
デメリットの方が大きいですからね。
しかも、個人からの物だと、全員に配布できないし、行政としては困るだけですからね。


もちろん、水や食糧、毛布などの救援物資が必要な場合はありますし、

無いと困るのですが、

それらは個人でできるものでもありませんし、

政府や赤十字の方でなんとかしてくれているようです。


できることをやるのがボランティアですが、相手の立場も考えることが必要です。

自己満足に終わらないように気をつけましょう。



もしものときに、あると便利

防災対策にも、いろいろありますが、
いざというときに、確保しておきたいもの、それは現金です。

災害が起こって、自宅に帰れなくなった場合など、
急遽お金が必要になる場合があります。

外泊しなければならなくなったり、
遠回りして帰らなければならなくなったり、

医者へ行かなければならなくなったり、

など、他にもいろいろと必要になる場合があるでしょう。


そんなときに、あると便利なのが、現金を引き出せるカードです。

いろんな会社からカードが出ていますが、
自分の行動範囲の近くに、引き出せる機械があるかどうか、
銀行のキャッシュカードよりも利用できる時間帯が長いかどうか、
ということを確認してから、カードを選びましょう。

銀行のキャッシュカードと同じ程度の時間帯しか利用できない場合は、

そのキャッシュカードで引き出せば問題ないですからね。

銀行のキャッシュカードで利用できない時間を埋めるために利用するものですからね。



もちろん、利用する際は、ちゃんと返せる見込みがある場合でないといけません。
自宅に帰れば、金庫の中に現金があることや

銀行に預け入れがあることが確実な場合にのみ、利用しましょう。



こんなカードがあります。自分にあったものを選びましょう。


借りるなら銀行系
アットローン!


これは特にオススメです。コンビニのATMで借り入れ返済ができる代物です。

キャッシングの事ならしんわにお任せ!


そんなものいらない、という人も多いですが、
いざ、というときにあると助かります。

何が起こるかわかりませんので、万が一のために備えておくと、心にちょっとした余裕がうまれます。


ただし、くれぐれも、借りすぎにはご注意を。

避難場所へ行くべきか

災害が起こったら、避難場所が設置されるケースもあります。
もちろん、被害の状況にもよりますが。

避難場所が設置された場合、避難場所へ行くべきでしょうか?



大地震などで、家屋が倒壊していれば、もちろん、行くべきでしょう。

自宅がなんとか持ちこたえた場合はどうでしょう。

避難場所に行っても、食料がもらえない、といって自宅待機する人もいるようですが、
避難場所にいれば、そのうち、食料は届きます。

が、自宅にいれば、その可能性はかなり薄くなります。

避難場所で、避難している人数を数え、その分の食料が届くため、

最初自宅待機して、あとから避難場所に顔を出す、ということをすると、
人数が合わなくなって迷惑をかける場合もあります。

避難所を管理する行政にもよるかもしれませんが、

基本的に避難所にいた方がいいと思われます。


ただし、ストレスが溜まったり、寝苦しいなど、苦痛を強いられる場合もあります。

が、適度に運動するなどして、体を動かすことで、
エコノミー症候群を防いだり、ストレスを解消できたりもします。

その避難所内での生活を楽しむような気持ちでいることが重要となってきます。

近所とのつながりがあれば、

避難所で会った際に、会話を楽しむこともできるかもしれません。


もちろん、絶望感がいっぱいで、気分的にも会話を楽しむ余裕なんて無いでしょうが、

起こってしまったことは嘆いていても仕方が無いため、
自宅の復旧よりも先に、自分の気持ちの復旧が大切です。

前向きに考えれば、避難所生活も乗り越えられます。


そう、避難所にいる人は、みんな自分の仲間だと思えば、

その中で手を取り合い助け合っていけます。


避難所でも、トラブルなどがあるかもしれませんが、
人と人のつながりを保つためにも、

避難所には行くべきでしょう。

私はそう思います。


台風のあとは

台風4号で全国に多大な被害が出たと思ったら、新潟でまた地震。
今年の夏は災害が続きますね。
これからも災害のための準備は欠かせないものと思われます。

もう、他人事とは言ってられない状況ではないでしょうか。

今回、被災されなかった人も、
万が一のために備えておく方がよろしいかと思います。

10月1日から

ご存じの方も多いと思いますが、
2007年10月1日から、地震速報が開始されるそうです。

地震が起こる数秒前(10秒ほど前?)に、案内があるわけです。



これにより、被害者が少なくなればうれしいかぎりです。

逆に混乱を招く場合もあるかもしれませんが、
あらかじめわかっていれば、
火を消す、元線を閉める、ドアを開ける、
など、最低限やっておくべきことができるようになります。
これだけでも、おおきく違うのではないでしょうか。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>