【女性的ビジネス論・繁栄のはじめ方】行ってきました! | 長野県在住、自由人涼子が東京を往き来して自分の夢をつかんだ秘訣

長野県在住、自由人涼子が東京を往き来して自分の夢をつかんだ秘訣

自由に大人になっても可愛く、前に進めるように
あなたの『願い』を手にするきっかけをお伝えしていきます☆


提供中のメニュー
http://s.ameblo.jp/premsahashi/entry-12215545258.html


愛の勇気 Prem Sahashi


テーマ:

女性性開花「お金に可愛がられる方法」

パワーブロガー南城久美子さん


お二人のトークセミナーに行ってきましたキラキラ



テーマは

「女神的ビジネス論・繁栄のはじめ方」矢印





「女神的」や「繁栄」っていう言葉だけでも興味津々ですよね


参加者の皆さんからの質問にお二人が答えてくれましたが
その返答どれもが「なるほど~」でしたね



青森は地方じゃありませんよ

質問は、「地方」で起業することのデメリットについてでしたが

さきこさん「青森を地方だと思ってませんよ

えっ…?
さきこさんは青森在住
地方だからできない、とか地方だから売れないって
結果として「地方だから」っていうことで
自分がどうしていきたいかってことをみていない

私は長野在住
地方だから、ってことにデメリットは感じていないけれど
都会と地方とは差があるな、とは感じていました
それを言い訳に出さないようにしよう、って思いましたね



子供は誰がみてもいい

女性ならではの質問

さきこさんは4人のお子さんがいて
子育てと仕事のバランスについても質問があって
それにも「子供を母親が面倒をみないとならないってことはない、誰がみても同じ

違った言い方をされていたかもしれないけれど
ニュアンスはこんな感じでした


母親が「子供は母親が面倒をみるべき」って思っていることもあるけれど
世間がそう思っていて、母親にそれを課していることって多い

母親自身が子供を言い訳に出している、ってこともありますね

子供がいるから、っていう言い訳



お二人の話しを聞いていたら、目先のことばかりに惑わされていない
かといって、未来ばかりを見ているということもなく
その瞬間の自分をみていて、見据えているように感じました



さきこさんの言っている「設定変更」って
魔法の杖であっという間にボロボロでいる自分が
何もせずに急にシンデレラになれる方法じゃない


キラキラした道を探すのではなく
どの道でも大丈夫な自分であること




何があっても大丈夫っていう自分であること

それには自分の感じたことに正直で、敏感になることですね


さきこさんの著書はあと




小林涼子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります