繊維壁のカビは防カビ工事処理で | 防カビ・消臭工事専門業者の独り言

防カビ・消臭工事専門業者の独り言

カビだけでなくカビ臭を含む生活全般の不快なニオイに対して
対応出来る工事専門業者のブログです

築40年前後の戸建の場合、壁紙を使用せず

繊維壁の廊下や洋室が多かったりします。

 

事情があり、数年間住み続ける時に繊維壁

のカビがどうしても気になる、繊維壁の染

みがどうしても気になる時があります。

 

繊維壁のシミ

 

砂壁のなどでは掻き落として壁紙仕様の際

の防カビ工事をお勧めしますが、繊維壁は

掻き落とすことが出来ないのです。

 

何せ、産廃処理業者が拒否する建材です。

掻き落としても捨てる場所がなければ困る

ので掻き落としは出来ません。

 

ですので、繊維壁の表面に防カビ工事を

行って対応するか、繊維壁表面に防カビ

工事を行い、ベニアをぶつけて壁紙仕様に

するのか!?考えないといけません。

 

昨年、東京都杉並区で行った繊維壁も未だ

倉庫に眠ったまま…タラー

(何とかする目途はたっていますが、今後

は繊維壁掻き落としは一切行いません)

 

築40年前後の戸建の繊維壁のカビが

気になる方は、プレモ防カビ工事を

ぜひご検討下さい。

 

対応地域は、埼玉県・東京都です。

千葉県・神奈川県にも対応しています。

 

宜しくお願い致します。

 

それではパー