横浜西洋館の装飾をいたしました | PREMIUM STYLE ~フランスの花とテーブル~
2012-11-03 21:29:11

横浜西洋館の装飾をいたしました

テーマ:table and flower
$PREMIUM STYLE  ~フランスの花とテーブル~


横浜西洋館「エリスマン邸」の花装飾を担当いたしました。
テーマは「フレンチスタイルの秋色のコーディネート」。会場に入るとバラの香りが広がり、秋のフランスに包まれるような空間を体感していただけます。

テーブルコーディネーター加美山智絵先生と1年ぶりのコラボレーション。今回もお手伝いくださったカルトナージュ作家の横山紗江子先生がこのテーマに合わせた作品を数点出展してくださいました。

会場の花は全てアートフラワーを使用しております。フランスではアートフラワーは大変人気で、今回の展示ではアートならではの素晴らしさをご覧いただけます。

$PREMIUM STYLE  ~フランスの花とテーブル~


フランス「Gien」の中でも一番人気のミルフルール。
食器に合わせたお花の装飾、フランスでは「パティスリー」というテクニックになります。後ろの4段トレーにも小さな装飾が展示されております。

$PREMIUM STYLE  ~フランスの花とテーブル~

少し田舎の方へ行ったような雰囲気で、秋の収穫やピクニックをイメージするような、そして暖炉の前で読書をしている絵が浮かんできそうな空間です。

$PREMIUM STYLE  ~フランスの花とテーブル~
横山先生のカルトナージュ作品です。
エレガントで美しい作品。小さなブーケをアレンジいたしました。
この他にテラスにも数点、先生の作品が展示されてあります。

$PREMIUM STYLE  ~フランスの花とテーブル~

こちらは楽譜入れです。横浜交響楽団、創始者小船幸次郎先生のご遺族の方から寄贈されたものだそうです。

楽譜入れの装飾を依頼された時に、まず最初に浮かんだのは上から下に流れるようなイメージ。得意のエレガントモダンで仕上げました。

$PREMIUM STYLE  ~フランスの花とテーブル~

白樺でデザインした装飾です。
全てのお部屋に白樺を使用したアレンジメントが置かれてます。

$PREMIUM STYLE  ~フランスの花とテーブル~


まるで光に包まれているようなテラス。

$PREMIUM STYLE  ~フランスの花とテーブル~


実は今回の装飾は2週間前にいただいたお話で、そこからスタートしたコーディネート。最初はどうなる事かと思いましたが、当日、各々の作品が初めて同じ空間に置かれた瞬間、本当に素晴らしい作品に完成いたしました。花と器に興味のある方に、是非、ご覧になっていただきたいです。

どうぞ、お時間がありましたらお出かけなさってみてください。
そして、秋のフランスが目に浮かぶような、そんな時間をお過ごしください。

Click please ↓
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジメントへ
にほんブログ村

Florenceさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス