Mezcal worms its way into liquor cabinets

メスカルはテキーラと同じくアガベ由来のメキシカンスピリッツですが、テキーラに用いるのとは別の品種のアガベを原料としているため風味が異なります。またアガベをローストする工程があるために、テキーラよりスモーキーな味わいが特徴となっています。癖のある味わいを苦手とする人もおり、虫入りのチープな商品などについて時には好ましくない評価も聞かれますが、その一方で近年、小規模生産の高級メスカルがアメリカ市場に登場しつつあるようです。

スピリッツ販売大手でスコッチ生産第三位を誇るWilliam Grant & Sonsは現在、アメリカ国内でメスカルMontelobosの販売を手がけています。Montelobosは「卓越したバランスと洗練」を売りにしているメスカルブランドで、今のところ少数の州で400ケースまでの限定販売となっていますが、同社では数年内には4000ケースまで販売量を拡大したいと期待をかけています。

前述の通りメスカルは風味が独特で、テレピン油のような味と人工的な香ばしさとを「テキーラにベーコンのみじん切りを混ぜたようだ」といって嫌う評者もいるようです。しかし、MontelobosのブランドクリエイターであるIvan Saldana Oyarzabalによれば、同ブランドでは長時間かけてアガベをローストすることで、メスカル特有の香ばしさを巧みに調和させ、バランスの良い風味を実現しているとのことです。またアニスやペッパー、ほのかなアスパラガスのフレーバーが混ざりあって、土を強く感じさせる味わいも楽しめるとしています。OyarzabalはMontelobosについて水や氷を加えずストレートで味わうことを勧めていますが、ブランドではチリ風味の塩とオレンジと一緒に飲むスタイルを推奨しており、チョコレートやチーズにもよく合うそうです。

Shanken News Dailyの調査によれば、2007年から2011年にかけてメキシコからアメリカに輸出されたメスカルの量は48%(25,900ケースから38,300ケースに)増加したとされています。同社によれば「メスカル1本に対して、テキーラは200本生産されている」とのことで、テキーラの今後の動向を占う意味でもメスカル拡大の新しい流れに注目する意味がありそうです。

TEQUILAISM~テキーラは人生を豊かにする~-プレミアムテキーラ専門店 Premium Tequila.jp


プレミアムテキーラがネットで買える!

プレミアムテキーラ専門店Premium Tequila.jp