同時通訳者関谷英里子サンフランシスコ・シリコンバレー生活 -12ページ目
2017-12-26 06:34:43

パレスホテルからの眺め

テーマ:関谷の仕事現場
 
いよいよ2017年も残りわずかとなりました。
来週にはもう2018年ですからね!
 
クリスマスの週末から仕事納め、という方も、
今週いっぱいは仕事、という方も
充実した2017年年の瀬をお過ごしのことと思います。
 
東京滞在中、仕事から帰ったらこのような眺めに恵まれました。

 

{15EEF8E7-5D57-48A3-9120-FFFCA5CC00FE}

 

 

前に遮るものがなく、目の前が東京タワー、その横は虎ノ門ヒルズ。

東京タワーはわたしにとって、東京のひとつの象徴です。

 

この日は、パレスホテル東京でのお仕事でした。

パレスホテルは車寄せからエントランスが広々としていて、

一気に雑踏から解放される気持ちになります。

また、東京や都市型の高層ホテルには珍しく、

客室の多くにベランダが配置されていて、

晴れた日は外に出られます。

 

 

翌朝起きて、朝焼けの景色もキレイでした。

 

{BC2504E1-116D-4AF9-8CB6-A47C663799A7}

 

 

そして日中晴れていた日の午後は青空を楽しみました。

 

image

 

同じ部屋から右側に目を移すと、

眼下には皇居、そしてその向こうに富士山が見えました。

 

{76703260-14AE-4A61-BC8A-B8B6BD60EC5D}
 
富士山が見えると、つい写真におさめてしまうのも
日本人ならではの感覚かなと思ってしまいました。
 
晴天に恵まれ、よい景色に恵まれ
東京での仕事は首尾よく終えることができました。
 
また機会があれば、ぜひパレスホテルに足を運びたいです。
 
 
 
 

 

2017-12-18 08:56:16

ニューズピックス:2018年の英語学習掲載

テーマ:メディア掲載

 

ニューズピックスでは今日から『2018年:100人が描く未来』が配信開始です。

有識者の未来への予測や、2018年の予測が読めるので

年末を振り返りながら来年はどんな年にしようか・・・という方は是非読んでみてください。


初日の2018年予測では、

わたしの「英語学習と2018年」についての寄稿を掲載していただきました。

https://newspicks.com/news/2696159

本文→ https://newspicks.com/news/2696159/body/


2018年はAIを活用した翻訳技術とそのアプリケーションが一層開発されていきます。
ただ、注意しなければならないのは技術は人間の能力を「拡張」させるものだということ。
ベースの英語力がないと、技術開発の恩恵を受けられない、ということにもなっていきます。
 

ビジネスパーソンにとっても世界共通語となっている英語は、

勉強しすぎる、ということはありません。

残り少ない今年も、そして来年もしっかり英語学習、がんばっていきましょう!

 

 


 

2017-12-04 06:32:35

日経 WOMAN EXPO ありがとうございました!

テーマ:関谷の仕事現場

{016B9FC5-2E97-4BC2-A88C-137BE178532A}

12/2-3 に渡って行われたWOMAN EXPO 
わたしは昨日登壇させていただきました。
上の写真は登壇者一覧。
様々なジャンルで活躍されている方ばかり!


わたしの登壇コーナーには
書籍の即売会も行いました。

登壇後、サイン会のときは
おひとり2冊、3冊と買われる方々もいらして
とてもうれしくなりました。

{D3FA6684-C62D-4130-BFBD-9E3DD5759D28}

今回は
「仕事に活きるこなれた英語フレーズ術&英語上達勉強法」
というタイトルということもあり、
会場にいらした200名の女性オーディエンスは
(と、パートナーの方と一緒にいらした男性の方々も!会場内は女性の方とご一緒いただければ男性も入場できる仕組みでした)
仕事で英語を使われる方、現役の通訳や翻訳のお仕事に関わる方、英語教育関係の方など、
プロフェッショナル度が高い印象でした。

ちょっとした英語クイズを交えながら
お話いたしました。

書評やイベントレポートのサイト、マナビシェアの筒井さんが早速レポートを書いてくださいました!


筒井さんありがとうございます!


質疑応答もひとしきり盛り上がったあとは
フォトセッション。

{8CF0BEDF-45FC-479A-8B16-42342E342399}

{474321CA-3164-4678-B42D-FC8ADD5A0983}

前向きで常に学ぶ姿勢でいる皆さんから
わたしも大きな刺激をいただきました。

また機会があればお話したいです!

そうそう、講演中「夜、あるいは明日の朝早速やってみること」を皆さんに考えていただきました。
例文を声に出して読む、などたくさん考えていただいたこと、早速実践してみてくださいね。

See you next time! 


2017-12-01 06:02:14

Silicon Valley New Japan Summit 開催!

テーマ:関谷の仕事現場
{7AA16F4F-E499-49F6-AB4A-98BB5865E1A3}

 

Silicon Valley New Japan Summit 熱狂の2日間が終了しました!

 

Day 1 は日本語セッションで、シリコンバレーに拠点を置いて活動している企業のみなさまのケースの発表やプレゼンテーション。

大変情報量も多く、濃いセッションの数々。

 

わたしは2日間の司会、及び初日の午後のセッションでスピーカーとして登壇しました。

わたしのパネルはシリコンバレーにおけるコミュニケーションについて、

スタンフォード大学の櫛田先生と、シリコンバレーベンチャーキャピタルWiLパートナーの琴さんとお話しました。

語学だけではなくて、土地特有のコミュニケーションスタイルやカルチャーを理解して

この土地で自信を持って日本企業のみなさんには今後もご活躍いただきたい、という気持ちを込めてお話しました。

 

{EAE6B629-AEF3-4B4B-86C8-5B3219D4EE1B}

 

 

 

Day 2 は全編英語セッション。

終日の司会も英語に切り替えます。


この日はスタンフォードのアクセラレータStartX 講演、パナソニックやソフトバンクのシリコンバレー企業との協業リアルケースを通して学びました。

そして、このカンファレンスは「学び」だけではなくて「実践」も多く取り入れられているのが特徴的。

ケースのあとは、シリコンバレー企業32社のプレゼンテーション、その後は80社のシリコンバレー企業と会場にいらした日本企業とのビジネスミーティング。会場は熱狂状態になります。

 

{61193B0E-7EBB-41B5-ACA3-3F724424C2CA}

 

 

日米両方の皆さんの真剣な表情と熱気が凄まじかったです。
もう早速来年開催も決まり、今後の進化も楽しみです。皆さんおつかれさまでした!

 

{E6272DF9-73D2-48F2-A76A-0EA249D4854F}

 

SFでの仕事を終えて、日曜日の日経WOMAN EXPOに登壇すべく日本に向かいます!

会場でお会いするのを楽しみにしています。

まだの方は参加登録こちらから。

 

 

 

 

 

2017-11-22 06:19:12

スタンフォード卒業生イベント > カリフォルニアの一員としてできること

テーマ:アメリカ生活
{1E5EF708-7865-4436-BCF4-C5B2AC67F183}

 

先日はまたスタンフォードのRecent Alumni Ambassadorsグループで

最近の卒業生向けイベントを開催しました。

 

今回は、カリフォルニアの一員としてできることを考える会。

募集の説明書きはこんな感じです。

 

image


 

登壇者のおひとりは

スタンフォード大学のDavid Crane 教授

 

大学で政治学、公共政策の教授をされています。

GSBはビジネススクールですが、

卒業後も、卒業生が声をかけて

より深く掘り下げたいイシューについてであれば

先生方も快くイベントで話してくださいます。

 

{569D811F-FB1D-44AE-AF1E-DC7FBED85F67}

 

 

{D0BD49E5-E5A1-4D95-9F93-5BD20F66DD70}

 

そしてももうひとりは Amanda Litman 氏。

昨年大統領選挙時のクリントン陣営のデジタル戦略チームのうちのEメール戦略チームを担っていました。

クリントン陣営はやぶれはしましたが、

その後も国政に若く、今までであれば立候補しなかったであろう人たち

=女性、非白人、LGBTなどのマイノリティの人々

をリクルーティングして、地域の公共政策に送り込む活動をする

Run for Something を運営されています。

最近出版されたこちらもかなり刺激的です。

 

ビジネススクール出身の我々ですが、

ビジネス界のリーダーとしてだけではなくて、

自分たちの住む地域やコミュニティでもリーダーとしてどのようなことができるか、を考えます。

 

ともすると重々しくなりがちなテーマですが、

要は、もっと自分たちの住んでいる地域(SFベイエリアやカリフォルニア)では

どのような意思決定プロセスを用いて

どのような公共政策が行われているのか、に関心を寄せるところから始めてもいいのではないか、

というのが今回の問題意識でした。

 

公共政策や政治を議論する集まりは、

実は人数が少なくなりがちです。

が、課題に対してアツイ人たちが集まるので、

議論は濃く、深くなる傾向があります。

 

卒業生の興味やライフステージもさまざまなので、

いろいろなテーマを扱えるのも、イベント運営側のおもしろいところだな、と感じています。

 

ちなみに、23日(木)日本は勤労感謝の祝日ですね。

こちらは11月の第4木曜日は Thanksgiving 、感謝祭です。

収穫に感謝する、という古来の意味から、今では身近な人から人生やさまざまなことに感謝する、という日になっているようで

あちこちで Happy Thanksgiving! と言葉が交わされている一日です。

この日に合わせて、火曜日は Giving Tuesday と言われるようになっていて(シリコンバレーとか一部地域だけかな?)、ちょっとしたgivingをしたり、感謝の気持ちを声にしたり、といったことが1日だけではなくてその週全体的にあって、ふわっとした気持ちになります。

サンクスギビングは、みんなにありがとうと言い合ったりして、わたしもとても好きな祝日です。

 

みなさんも、いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます!

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス