同時通訳者関谷英里子サンフランシスコ・シリコンバレー生活
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-07-20 06:53:02

週末のお供に『同時通訳者のカバンの中』

テーマ:書籍の話

 

いよいよ夏本番、という感じでしょうか。

 

夏休みの読書に一冊お持ちくださいー

 

 

 

 

2018-07-17 07:29:58

ニューズピックス x イアン・ブレマー氏率いるユーラシアグループ次世代座談会

テーマ:関谷の仕事現場

こちら、日本にいたときに参加させていただいたイベント

 

今や国際政治経済、地政学のご意見番とも言われるイアン・ブレマー氏の来日に合わせて行われた座談会におじゃましました。

 

わたしは、下の写真前列一番左です。

 

この日は、ブレマー氏を囲んで、

日本の20代から幅広く、ビジネス、メディア、アカデミアなどから人員が集められたように思いました。

 

ブレマー氏と言えば、最近日本でも翻訳版が出たこちら、

かなり読み応えがありました。

 

 

わたしは、日本語を読んでから英語の本を読む、という読み方が好きなので、

英語版も入手しました。

英語版も平易な英文で、わかりやすく書かれているので、オススメです。

 

 

またニューズピックスといえば、

親会社のユーザベースが、今月

アメリカの次世代メディアとも呼ばれている Quartz を買収した、とアメリカでも話題になりました。

 

こちらはQuartz編集長の手紙、と題された、買収発表当日に出されたもの

Quartz begins a new chapter. A letter from our editor in chief and publisher

 

先月上場したメルカリといい、

ユーザベース(2008年創業、2016年上場)といい、

若い企業が日本でも海外でも広く活躍するニュースがあって、

すごくいい傾向なのでは!と期待がふくらみますね。

 

2018-07-12 06:50:59

日本のシェフがサンフランシスコで腕をふるうAir Restaurantでの仕事

テーマ:関谷の仕事現場
航空会社の全日空さんが主催している、
日本のシェフがサンフランシスコで腕をふるうAir Restaurantというコンセプトプロジェクトで通訳をさせていただきました。
 
今年開催されたばかりのこの試みは、
日本の「食」を通じて、日本の文化を世界に発信するようなプロジェクトです。
展開先最初の都市として、サンフランシスコが選ばれました。
 
海外都市のレストランやスペースをお借りして、
一晩かぎり、日本のシェフが料理をしてくれる、コラボイベントのようなもの。
 
今回は、
日本からはミシュラン2つ星京都の「美山荘」の中東シェフが、
サンフランシスコミシュラン2つ星「Lazy Bear」の店にいらっしゃいました。
 
Lazy Bearは、サンフランシスコでも予約が取れないレストランとして有名です。
劇場のように、チケットは前売り制という珍しい手法を取っています。
 
お店の名前はソトには書かれていません。
目印はこちら↓ 

 

 

 

そしてお店の中は、こんな感じ。

天井が高く、上の窓から光が差し込んでくる素敵な空間。

また、厨房もオープンキッチン。

お客様の席との垣根はありません。

 

 

洗練された空間ながら、

よく見ると、あちこちにクマ🐻のぬいぐるみ・・・・かわいい。

 

↓ こちらは入口の石造りの壁

小さいクマさんみつけられますか。

 

image

 

わたしは、中東シェフの、一皿一皿の説明を来場者向けに英訳する仕事です。

(またお客様も気軽にキッチンに来られる設定なので、

お客様とシェフの間の意思疎通もお手伝いします)

 

この日は、素材は現地のものもあれば、日本からのものもあり、

また調理の方法も、現地の方にわかるように伝えないといけないです。

 

2つ星レストランでの特別イベント、

チケットはなんと予約開始1分も経たずに完売した、というくらい

地元グルメの関心が高いイベントだけあって、

細かいニュアンスをしっかりと伝えなければ、という責任重大。(に感じました)

 

また、日本の食を通じて、日本文化を世界に発信するコンセプトのプロジェクトなので・・・・

ことばひとつひとつが「日本」を背負っているような、すごい緊張感をおぼえました。(気負いすぎか)

 

実際は、シェフのお人柄もあって、和やかに、楽しく、

そしてお客様との話も弾んだとてもにぎやかな会となりました。

 

image

 

Lazy Bear のデビッドシェフと、中東シェフ。

最後にご挨拶されたこのショットは、たくさんのお客様が写真を撮っていました。

 

最高のパフォーマンスを常に求められる、世界最高峰のシェフ同士のコラボレーションとあって、たいへんな盛会。仕事ながら、すごくステキな現場に居合わせていただきました。

 

両シェフや周りのキッチンスタッフ、ホールスタッフの人柄や仕事への情熱に触れられて

・・・・いつか、美山荘も、Lazy Bear も、食べる側で行ってみたい!と強く思いました。

 

いつかきっと・・・!

 

 

 

 

2018-07-09 06:07:26

『ビジネスパーソンの英単語帳』>日経トレンディBEST英語教材ランキング・ビジネス英語編1位

テーマ:メディア掲載

 

日経トレンディ

BEST英語教材ランキング・ビジネス英語編1位に選んでいただきました。

この号は、TOEICな、ビジネス英語などさまざまな分野の英語教材を特集しています。

 

 

 

ビジネスの場では、

これが使えると相手の反応が変わってくる、というインパクトのある英単語を要所要所で使えるかどうかがポイントだと思っています。

 

書籍では、例文の数やページ数の多さを競いがち(~の英単語3000!とか~の例文1800!とか)なところ、こちらの『英単語帳』には掲載したのは52個なのです。ほんとうに厳選したんです。

このような頑固なわたしの考えをご理解いただいて、少ない英単語でも本にしてくださった出版社ディスカヴァー・トゥエンティワン様のご英断にはいつも感謝しています!イラスト、解説、例文など実用的な要素を加えて書きました。

今日も世界を舞台に、仕事をがんばるみなさまのちょっとした武器となりますように、という気持ちを込めて書きました。

 

まだの方も、よかったら手に取ってみてください。

 

 

 

またこの号は、ビジネス英語教材に関する座談会も掲載していただきました。

よかったら読んでみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

2018-07-05 06:22:26

スタンフォード新卒業生を迎える会

テーマ:アメリカ生活
7月4日は、アメリカ独立記念日でした!
ベイエリアも、各地で花火が上がっていました。
この時期は暗くなるのも遅く、
でも、サンフランシスコはとても寒いので、
花火はだいたい雲に隠れて見えない・・・・というのが定番ですが・・・・
空港から南に行ったサンマテオあたりは暖かくて、花火が上がっているのが見えます。
 
毎年、この日くらいから仕事をしている人も「夏休み」モードになり、
9月第一月曜日のLabor Day が終わるまでは、かわるがわる夏休みを各自取るので
少し時間がまったりした感じになります。
 
そして、6月中旬はスタンフォードも卒業式。
ビジネススクールも新しく「卒業生」を輩出したわけです。
 
そんなこともあって、先日は
新しく「卒業生」になった学年の方々との交流会があったので
キャンパスに行ってきました。
 
わたしが卒業したあとにできた、GSB前の学生寮 Highland Hall
(早速名前が変わって Jack McDonald Hallに。
ビジネススクールで長年教鞭をとられていたファイナンス教授の名前です)
 
ロビーを抜けていくと、
 

 

コートヤードがあります。カラフル。

 

 

 

屋上でスタンフォードまで来られた人たちでだらだらと話していました。

 

下の写真手前は、わたしがたまたまインドから出張で来ていたクラスメイトと話している様子を友達が撮ってくれていました。

 

 

 

この時期は午後9時過ぎくらいまで明るく、

日が落ちるころはこんな感じになりました。

 

 
来週からは、新しい学年のMSxクラスが始まるそうです。
新入生のみなさんも、がんばって!
 
 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス