【前世は存在する?】「子どもの中では真実」前世の記憶を持つ7歳男児が話したこと | 一般社団法人 日本胎内記憶教育協会
新型コロナウイルスに関する情報について

一般社団法人 日本胎内記憶教育協会

赤ちゃんや子どもたちと一緒につくった教育メソッドで、大人も子どもたちも共にしあわせになる「胎内記憶教育」世界中に広める活動をしています。

 

 

【前世は存在する?】「子どもの中では真実」前世の記憶を持つ7歳男児が話したこと

 


昨日、アベマTVにてアップされた

「前世の記憶」を話し始める子どもたち…本当に存在するのか? 7歳男児の証言から考える

大門先生が解説されています。

 

 

 

中部大学教授の大門正幸氏は「一度肉体がなくなった意識、心が別の肉体に宿るという考えは仏教の輪廻転生に限らず、バリエーションが世界中にある。動物はなく、人間の間だけなどはある。こういう考え方のベースには、やはり咲太郎君のような子どもたちがいるということだ。また、こういうことを記憶している子たちを分析していくと、前世で非業の死を遂げている割合が高い。一つの可能性としては超感覚的知覚・ESP、つまり超能力、テレパシー的なすごい力を持っていて、そこから情報を持ってきたという議論になる」


 “前世の記憶”を語り始めて4年。最初は信じることのできなかった両親だが、今は違うようだ。「話がブレないので、親の気を引くためでもなく、ふと話し始める。僕は前世というものを信じてはいないが、彼が嘘をついている感じはしないので、そういうものかなと感じている」と父・英樹さん。知恵さんも「最初は語彙力がないのでたどたどしい感じだったが、大きくなって言葉が増えると、話が繋がってきた感じがする。今は(前世は)あるのではないかと思っている」。