もし難関中学を目標に大手の集団塾に通うのならば
新四年生は、数ヶ月はまだまだならし期間だと思います。

通塾も週2程度です。
平日は5日あるので、3日はフリーです。
宿題もそんなに大変には感じませんでした。
塾がない日に、ぶっちゃけ1.5時間もやれば十分な量だったように思えます。

ただし、これは通塾を見越して、
算数は計算のスピードと正確性を鍛え上げた結果かもしれませんし、
国語は漢字や語句に関して、先取りをしていたので
一から覚えるという作業をしなくてよかったというアドバンテージはあったと思います。

低学年から通塾しているからといって、安心してしまい計算力強化や漢字の先取りをしていないと、ちょっと間に合わなくなるかなと感じています。


学習習慣と学習基礎力は本当に大切です。


周りが算数でたいへんな時期に同じ問題数なら半分以下の時間で学習が済んでしまいます。
空いた時間で理社の授業の内容をしっかりと復習することができました。

学習基礎力は、親がきちんと管理監督する必要があると思います。
それは何も知らない者に何かを初めて教えるには必要なことです。
簡単だから放っておいても大丈夫という訳にはいかないという性質のものだと思います。

学年が上がって難易度が上がった問題をやるようになったら、手取り足取りでは、考える力はいつまで経っても養えないのではと思います。

簡単なことほどしっかりと基本を身につけさせるためにつきっきりになり、応用になったら思考力のためにも放置してあげることが、良いのではないかと考えています。



話題を元に戻しますが、
大手集団塾の4年生は難関中学を目指せるお子さんにとっては楽に過ごせなければならないものです。

そして、楽に過ごしている時に何をするのかが、学年が上がった時にじわじわと効いてきます。

夏休みの宿題の自由研究的な趣味に走るような勉強をするのも良いと思います。
スポーツや芸術の習い事をするのも、良いと思います。


ひとつだけこれはやめさせるべきだと考えていることがあります。
学校のお友だちと放課後に遊ばせること。

放課後に自由に遊ばせているお子さんたちは、それぞれスケジュールが詰まってきたときに、遊びに誘われてお互いに断るのに苦労するという問題が起こります。

そして、その遊びは、はっきりいって無駄なレベルの遊びです。
遊んでいるという小学生の子たちをこっそりと観察すると、ろくなことをしていません。
女の子なんて、他のグループの子の悪口を只々お話していただけってガーン
男子のグループは、ひたすらゲームとYouTubeです。
無料Wi-Fiが飛んでいる公共公園が大人気です。


小学校の8時から16時までの時間割の中には、遊びの要素が満載です。
公立小学校の休み時間では、大人が望むような遊びをたくさんしています。
ボランティアで見守りを行って感じました。
中学受験をするからといって、遊べない訳ではありません。
遊びはメリハリをつけて学校にお任せしておいてもいいと思いましたウインク



塾がない日くらい自由にたのしく遊ばせたいと思う親御さんの深層心理には勉強は辛いもの楽しくないものという思いがあるのではないでしょうか?

そういう観覚があるならば、難関中学を志望するとキツいだけの日々をおくることになります。

本質的に学びは楽しいものです。
知らないことを知ることは楽しいことです。

今年も含めて難関中学に合格したお子さんの大部分は勉強をつらいと思っていないお子さんです。
確かに「やりたいこと」は勉強以外にあった子もいると思いますが、「やらなければならないこと」をきちんと知っていた子です。

放っておくと中学受験には関係ない学びにも興味を持って、時間を喰ってしまうということで、止めるのに必死だった難関合格者のお母さんも多数です。
もうオタクな範囲かもしれませんびっくり
それは今じゃないという親の気持ちわかります。

最後まで芸術やスポーツの手を抜かずに取り組んだ子も少なくありません。


塾のない日は、学校のお友だちと遊ぶという子は今の小学校のレベルが適正であるのかもしれません。
無理にお友だちと引き離される中学受験に、モチベーションを感じられなくなる日が来るかもしれません。

難関中学を目指すならは、より高いレベルを目指して、時間を大切にできるお子さんであることが最低条件であるかもしれませんえー

四年生とっては、学習習慣をつけるという意味でも
難関の中学受験の向き不向きを見極めるにも、大事な時期です。
中堅を志望する中学受験には向き不向きはないとおもいます。


このブログは私の主観で書いています。

必ずしも、全ての方に当てはまるわけではないと思います。

こんな話もあるんだな程度に読んで頂ければ助かります。





↓最近読んだ本、こちらも非認知能力についてのお話でした。
早期教育もあまりお勧めしていません。