中学受験に親が関わっていると自立心が育たないと言われる方がいます。
しかし、一方で中学受験は親子の受験と言われています。


現実的には、親の関与なくては難関と言われている中学に合格するのは難しいと思います。
小学生の年齢相応の自立では難関校に合格できるほど甘くないのです。

塾の宿題の管理くらいならばやれる子はいます。
高学年になればこの程度は、やらせても良いのかもしれません。

問題となるのは、長期的なスケジュール管理や学習の進捗状況の確認はおそらくできる子はいないと思います。
大人から見て、模試の結果から、冷静に自分の弱点や課題を分析を正しく出来る子は、なかなかいないと思われます。

面倒見が良い塾ならば、まれに支援していただけるかもしれません。
本当の意味でのプロ家庭教師ならば可能かもしれません。
しかし、圧倒的に合格者を輩出している大手集団塾では難しいと思います。
やはり、ここは親の出番です。


しかし、全ての分析管理を親が行なってしまうことについて、高学年になったならば、注意が必要かなと考えています。

塾に入塾する前の三年生以下は、親がやってみせることで、正しい勉強を体験し、勉強のやり方を覚える時期でもあります。
低学年は、学習の難易度も高くないので決定的な弱点が見当たらないこともあります。
親の分析カがなくても大丈夫です。

問題は難易度が上がった後の話です。
高学年になっても、ここでも親が分析をし、リーダーシップをとってしまったならば、少しだけ注意が必要ではないかなと感じています。

自立は小学生にはまだ早いかもしれませんが、親に対する依存心が過度に出てきているならば、これは潰しておかなければなりません。

今までが上出来すぎた親子チームは、振り返って確認する必要があるのではないかと考えます。

私は、親子で中学受験をする上で、当たり前のことをしていないという事に気付きました。
子どもとの話合いです。

今まではテスト結果については、叱ってはダメだというスタンスでサラッと指摘して終わりというやり方をとりました。
それで、子どもの出来ていない部分の教材を探し与えていました。
確かに出来るようにはなりましたが、これでは、子どもが問題点を深く考える機会を奪っていたんだと気付かされました。

一方的に叱ってはいけないとは思いますが、考えさせるように、話合いはもっとしなければならなかったのだと反省しています。

話合い導入で、問題が悪化する場合もあります。
うちの場合は依存心の強さでした。
一緒に勉強してくれさえしたら、大丈夫だと思い込んでいました。
これでは主体性にかけています。
この問題は、今話し合わなければ、もっと後に出てきたものだと思います。
今、問題をあぶり出すには良かったと思います。

わが家の失敗談。
参考にしていただけたら幸いです。

まだまだ、これからが本番です。
気を引き締めてチーム戦がんばります💪
あくまで、個人個人を大事にしながらですけどねウインク




私の経験や主観に基づくブログです。

必ずしも全てのお子さんに当てはまるわけではありません。

こんな話もあるんだな程度に読んで頂ければ助かります。



↓中学受験のブログランキングがみれます。
よろしければポチッとお願いいたします。