ひと手間かける

テーマ:

久しぶりに日本橋三越に来た。

昭和の良き時代の象徴、豪華さと厳かさを兼ねた建物は、

最新のスマートなビル群とは別世界のデザインだ。

 

野菜を煮る時に煮崩れを防ぎ、味を浸み込ませるために、

料理の下ごしらえで面取りという作業がある。

料理人は彫刻のような見事な形にあしらえる。

 

美味しい日本酒を飲む。

ほのかな香りが口から鼻に抜け、更には、料理を引き立てる。

どれほどの時間がかけられて、今、ここにあるのか。
 

世界で活躍しているアスリートと話をする。

厳しい鍛錬を心から楽しんで様々な工夫をしている。

そのパフォーマンスに人々は感動する。

 

職人の作る細部までこだわりのある作品、

突き詰めめていくその世界に人は魅力を感じる。

注文してから半年待ちなんてのはザラにある。

 

本物には合理性という言葉は当てはまらないこともあり、

本物には、本物のためのコストパフォーマンスがある。

 

その場、その局面だけを見れば無駄と思えること、

必要性を感じないこと、生産性を下げてしまうことも、

ひとたび、本物に出会った時、その物を手にした時、

それを口に入れた時、人は幸せを感じたり感動を覚える。

 

できている、伝わっている、納品できた、クレームもない。
その上で利用する人の人生を豊かにするために、
もうひと手間かけることがプロフェッショナルだと思う。

これから接する人を喜ばせたい。
相手の笑顔を想像して、ひと手間かけているその時間が、
実は、自分の幸せなのだと、そう思う。