珍しくテレビ三昧 | 自分を心から愛する秘訣*。☆

自分を心から愛する秘訣*。☆

自分を愛せば世界が変わる。ペットの世界も輝く。全てはあなたがご自身を愛する事で始まります☆


テーマ:

こんばんは、色んなプチオタのひのです^^

今日は、思い立って朝に WOWOW加入。

受信する為に暫くテレビを点けっぱなし。

途中編集作業をしたのがマズかったのか、中々受信できずに焦りましたが。

その後、我慢のコで 「契約していません」 メッセージのまま放置で、別の部屋に行き。

無事に受信出来た後は、再び編集したり、ダビングして、その後2度寝。

起きてテレビを点けたら、なんと、NBAのファイナルが・・・・!!

既に 第4Q 残り10分くらいだったのですが、同点とか1点差ぐらいの、超シーソーゲームの真っ最中。

この残り時間でこの点差だとファウルで時計を止めたりとか色んな戦略があって観ている側としては見応えが凄いありますよね。

・・・・・私がNBAの試合をまともに観るのは20年振りくらいなので、辛うじてレブロン・ジェームズが分かるくらい。
しかも名前だけ・・・・(^-^;

「ゴールデンステイト vs クリーブランドかぁ・・・時代は変わったなぁ」

としみじみ思いつつ、

「プレイスタイルはステフィン・カリーが好きだなぁ。てゆーか、あの頭越しのパス、神過ぎる」

とか、いつの間にか凄く熱くなって観てました(笑)。

チームとして、ゴールデンステート凄く良いなぁ・・・・って思ったら。

「ちょっと待って、ベンチに居るのスティーブ・カー?!」

鳥肌経ちました。

ワタクシ、20年前ホントに放送がある試合全部録画して、ビデオが切れるくらい観てたんですよ。

シカゴ・ブルズの最初のスリ―ピート時代に魅せられて。

日本で開設されたオフィシャルFCに入って、日本での開幕試合を東京ドームに観戦に行ったり。
オーランド vs ニュージャージー戦♪

トレカまで買ってました(てへ)。


シカゴ時代のスティーブ・カーのカード

久々にカードボックス開けましたが、20年経ってるのに凄い綺麗でビックリ。

印刷、メッチャ良い!


私は最初に好きになったシカゴを応援していたんですが、好きな選手はBJアームストロングとホーレス・グラントで。

ホーレスはオーランドに移って活躍し、ジョーダンが復帰した年のプレイオフでシカゴに勝ってて。

当時のオーランドはシャック&ペニーの活躍も目覚ましく。

そのペニーも好きになり(ぇ。
↑ ワタクシPGとPFを好きになる傾向強し

その後のバンクーバー・グリズリーズとトロント・ラプターズ加入時にBJがプロテクトされず。

エクスパンション・ドラフトで指名されたトロントを拒否って入ったゴールデンステイトでは、ベンチに居るコトも多く。

逆にシカゴは宿敵だったバッドボーイズの1人、デニス・ロッドマン加入で2度目のスリ―ピートへ・・・・という。

シカゴに入ったロッドマンも好きでしたが、なんとなくもやっとしたものを抱えていたからか、フェードアウトしてしまったのです。


久々に観たNBAとスティーブ・カーの姿に、NBA好きだった頃の記憶がぶわーっと甦り。


そして今。

4年連続で、ファイナルが同じカードだということや。

15-16シーズンには、あの95-96シーズンのシカゴが記録した72勝10敗を越える、73勝9敗という記録を打ち立てたことを知ったりして。

95-96って、フィル・ジャクソンの元で、カーは選手でプレイしていたんですよね。

それをHCになって超えるとか。

しかも、3Pのフィールドゴール成功率、未だに歴代1位とか。

人生とか、可能性とか、本当に凄いなぁって思いました。


今回の試合は、第4Qのラストから、流れが全く変わって。

オーバータイムはその流れのままゴールデンステートが勝ちました。

テニスもそうですけど、1プレーで一気に変わってしまうことがあって。

それがスポーツの怖さであり、面白さでもある。
勿論、視聴者的に、です。

取り敢えず、今回のファイナルは残りの試合も全部観たいな、と思っています^^


 

あなたを素敵にサポートする キラキラ☆ アクセサリー♪ P* G* Stone ~*オルゴナイト&ブレスレット*~
メモリーオイル・スプレーも販売中♪



P* G* Stone @ minne 『P* G* Stone @ minne』 では初期作品セール開催中です☆

◆ 無料メールマガジン 《Precious Garden * 憩いのお便り》 ◆
↑ 登録はコチラから♪



ランキング参加中です♪
 
☆ 応援 ありがとうございます ☆

ひのさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス