アクティブ・カラーセラピー協会

代表 吉原峰子です。

 

カラーアナリストを養成しながら、

私自身は色彩心理とカウンセリングを

同時進行で学んでいた頃のエピソードです。


心理学では自分のこれまでの人生を振り返って、

年齢別に嬉しいできごと、悲しい出来事、

順調だった頃を線で結んでいく、

ライフラインと呼ばれる図があります。


この図をパーソナルカラーの受講生に

色を使って作成してもらいました。


例えば生まれて初めて記憶に残っている色。

ひょっとしたらそれはお気に入りだった

オモチャの色かもしれません。



小学生の頃印象的だった色

学生時代の部活のユニフォームの色

初デートした時来ていた洋服の色

大好きな彼の車の色などなど

いわば色で綴る自分史。


当時の受講生のお一人Aさんは

とびっきり赤がよく似合うにも拘らず

「赤は大嫌い! 絶対着ない!」

と始めは言い張っていましたが、





色を使ったライフラインを作成してみて、


「子供の頃とても厳格で、口うるさかった母が 

いつもどこかしら身に着けていたのが赤だったので、

嫌いになった理由が解って、

赤に対する嫌悪感が消えました」

と報告して下さったのです。


「私は初めての子供だったので、

育児に不慣れな母は 

きっとちゃんと育てなければと

一生懸命だったのですね


それが解った今では
以前よりずっと母と仲良くなれました」と

しみじみとした口調で伝えて下さいました。


その以来赤は彼女のお得意の色になりました。




もしあなたにも大嫌いな色があるとしたら、

その理由を探ってみるのもいいかも知れません。


食わず嫌い現象のような色の好き嫌いも

すんなり解消して、

分け隔てなく色を使いこなせるように

なれるといいですね。


 

拙著 12色セラピーで悩みがすっと消える




 

5月からのZoom講座


入門講座   満席御礼


  受講料:27,500円 
   (テキスト・カラーシール込み)
       
     5月16日(日曜)10時半~12時
            昼食休憩
            13時~14時半

  定員4名の少人数制でセッションの
    実技指導も致します。
   
   講師: 協会代表 吉原峰子 


講座開催やセッションご希望の方は
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。