アクティブ・カラーセラピー協会
代表の吉原峰子です。



今日で7月もおしまいですね。


暑さでとめどなく無気力になる私は、
以前からオファーを頂いていた、
市立中学の先生方の研修以外は
7月早々から夏休みを宣言していました。



そして

①秋に備えて体力をつける。

 週3回カーブスでマシーントレーニング
 またはプールに通う


②溜まってしまった本を読破する。


③断捨離


と目標を掲げていたのですが、
1カ月が過ぎようとしている今
達成しているのは 


かろうじてのスポーツジム通い。

読書もほどほど。
断捨離も最初の意気込みは・・・・苦笑。



そんな自分にため息をつきながら
今日選んだドットは水色と緑。






思い込みや、ねばならないの囚われを
手放して、「休み」を休む



色から紡ぎ出された心の声は
どこまでも優しくて、
自分を責めたりしないのです(笑)



洗濯物を干しては一休み。
掃除が終われば一休み。
食事の後片付け後も一休み。



ふと思い出したのは以前TVで見た、
90歳を超えて、
今なお現役で壁画を描いていらっしゃる
女流画家の日常でした。



1時間集中して絵筆を握った後は
1時間ベッドで休憩。



90歳までにはまだ間がある私ですが、
それでも「休み」を休むことを
自分に快く許すことに致しましょう。


感謝と共に。


あなたにとっての休みの色は
一体何色になりそうですか。



拙著






秋のセラピスト養成講座のお問合せ 


個人セッションのお問合せ