アクティブ・カラーセラピーには
クライアントのニーズにお応えできるよう、
様々なコースがあります。





なのでアクティブ・カラーセラピスト養成講座の
資格取得講座終了後は、

それぞれのセラピストが
アドバンスコースとして、
自分のクライアントに必要なコースを
選択できるシステムになっています。



今日はセラピストHさんのご希望により
“ビジネスコース”の講座を致しました。



ビジネスの現状、今後の展望、

その為に必要なことなどを
選んだ色からご自分に問いかけて、
答えを言語化し、

具体策にまで落とし込んでいくコースです。



これからご自分のビジネスを
どのように発展させたいのか、
むしろ縮小させた方が良いのか、
方向転換を目指しているのか
自分の意志はどちらへ向かっているのかなどを
色で整理して、

結論へ着地できるコースです。



本日モニターになって下さった方のお一人、
Nさんはハーブを専門に起業なさっている方で、


ワクワクするような今後の見通しなどを言葉にして、
確認して頂きました。



セッション後に伺ったお話の中で、
このハーブにはこんな効果がありますという一般論より、
その方にとってどう感じるのかを
大切にしていると語って下さいました。



たとえばラベンダーは

リラックスできるハーブといわれていても、
その人が好きな香りでなかったら、
むしろリラックスの妨げになるとのこと。



だから自分にとってどの香り、
すなわちどのハーブが心地良いかを問いかけることを
大切にしているとおっしゃるので、


アクティブ・カラーセラピーの色に対する考え方や
姿勢に共通点がありますねと盛り上がりました。



色も香りも、もっと言えばあらゆることが


自分にとってどうなのか


 
 にまず焦点を当てることが、
キーポイントになると思えた次第です。
 


追伸

今日受講して下さったHさんから

ビジネスコースは今までのコース以上に
しびれてしまいました」

と感想のメールを頂きました。


Hさん 有難うございます。
パーソナルカラーから色彩心理まで

学び続けて来られたHさんのお言葉は

本当に嬉しく、有り難さがつのりました。



拙著





東京にて12月のセッションご希望の方は

コチラ


セラピスト養成講座
対面または電話による個人セッションをご希望の方は

コチラ