今日はアクティブ・カラーセラピスト養成講座Ⅱ。
前向きな気分を引き出す、
「アクティブ・コース」の講座でした。



講座では毎回セッションのやり方を解説した後、
最初に私がデモセッションを致します。


今日モニターとしてお越し下さったIさんは
「人から誘われたら快く応じるけれど、
なかなか自分からは動けない。」


「ダラッとしている。
どんよりしている」と
ご自分の状態を言葉になさいました。


では一体どうすれば望みどおりに
フットワークが軽くなるかと
色で問いかけてみました。


すると白を手に取られて、





「自分がやりたいことをやる為に、
仕切り直しをする」と口にされたのです。



続けて「独身だった頃は 夕方5時、6時、7時は
『今から』という気分だったのに、

今は 『もう』5時、6時、7時と思ってしまいます。


知らず知らずのうちに 
時間に追われていたのかもしれません」
と仰って、

最終的にご自分へのメッセージとして
「昔の7時に戻そうね」


とカードに書かれて、ニッコリなさいました。



その場に居合わせた受講生も私も
思わず顔を見合わせて、
たちまちニッコリの連鎖になりました。



セッションに使用するのはたった12色ですが、





その12色から紡ぎ出される言葉や、
映し出される人生模様は 
それぞれが百人百様。



なのでどんなにセッションの数を重ねても
毎回予想もつかない答えに辿り着きます。



共通しているのは 自分にとっての正解は
自分にしか導き出せないということ。



そしてそのすべてが 
ご自分を愛おしむ答えであるということ。



お陰で私達セラピストは 
最後にクライアントの満足げな笑顔に出逢えて
この上ない幸せ気分に浸れるのです。



拙著





東京での個人セッションをご希望の方はコチラ


セラピスト養成講座
対面および電話での個人セッションのお問い合わせは
コチラ