似合う色をアドバイスするカラーアナリストとして、
その後カラーセラピストとして
30年近く色の仕事に携わってきました。


何を着るべきかは常に悩みの種でした(笑)


パーソナルカラーで様々な色を

お客様にお勧めするからには、
イメージ的にも私自身が色を着なくては
という一種の強迫観念がありました。



カラーセラピーの仕事を始めた時、
これでベージュなどのナチュラルカラーを

いつも着ていられると思ったのですが、


やはり周りの方のイメージは
カラフル、もしくは綺麗な色をまとっている人のようです。



プライベートではその時の気分でたまに

白シャツに黒の皮のスカートなどモノトーンを着ていると、

「アラ、色を着て来ると思ったのに」

なんて言われてしまいます。




スタイリストの草分けの一人、原由美子さんが
毎回何を着てくるかと期待されたけれど 

紺ばかり着ていたと
エッセイの中で書かれていた記憶があります。



だからという訳でもありませんが、
たとえモノトーンを着ていても
色の仕事の人と認識してもらえるようになれば良いと
夫に言われたこともありましたが・・・・。




カラーセラピストが立体的なツールを

セラピーで使う場合は、
(例えばオーラソーマのカラーボトルなど)


背景となるセラピストは 

ツールの色を引き立てるために
白や色味を感じさせない淡いべージュなどを着る必要があります。



けれどアクティブ・カラーセラピーの

ツールであるカラードットは、
厚みの無いアクリル製のカードなので、






クライアントは下を向いて色に集中しているため、
セラピストがたとえ原色を着ていても
セラピーの邪魔にはなりません。



とは言え、昔からフェチと言えるほど好きなヒョウ柄や、
本来戦闘服から始まった迷彩柄は
さすがにふさわしくありません。







という訳でいまだに何を着るべきか問題の解決には
いたっていませんというカミングアウトでした(苦笑)





拙著








対面、および電話による個人セッション、
アクティブ・カラーセラピスト養成講座についてのお問い合わせはコチラ