アクティブ・カラーセラピーのクライアントの中には 
対人関係や失恋や、

今の自分が一体どうなのか、
今後どうしたいのかが解らないという、
深刻な悩みを抱えて思いまどっている方もあれば、


占い感覚で気軽に受けてみる方もいらっしゃいます。


セラピストはそれぞれのクライアントに

ふさわしい質問を投げかけ、


その答えに相当すると思える色を選んで頂き、


その色について述べた言葉をただひたすら聴いて、
愚直に返すという作業を繰り返します。



するとクライアント自身が 
自分の中にある答えに気付いていくという
極くシンプルなメソッドです。



クライアント自身の口から導き出された答えに、
時に涙し、時には笑い出し、最後は納得して、
具体的な行動に繋がったり、
気持ちを治めたりなさるのです。


何故なら一人一人の心に、
自分なりの最適解があるから。



直感で選んだ色は、、
自分の心を客観視するツールなので、
思い惑わすグルグルの雲を取り払い、
答えへと導くナビゲーターの役目を果たしてくれます。


そして自分で見つけた答えだからこそ、
自己責任という自覚が生まれます。



なのでセラピストに依存させる可能性も皆無なのです。


言い換えれば、セラピストは自分の想いを

すべて真っ白にして、
誠心誠意寄り添うけれども、
その答えに責任を取らなくてすみます(笑)



そこが私にとって最も潔いと思えるポイントです。



いつもアクティブ・カラーセラピスト養成講座で
繰り返し口にしていることは


クライアント自身の中に答えがあること。


その答えを明らかにできる

色の力を信じ切ること。



この二つだけです。


そんな色の力をあなたも試してみたいとは

お思いになりませんか。



拙著



IMG_20180809_205444986.jpg



対面、および電話による個人セッション
アクティブ・カラーセラピスト養成講座についてのお問い合わせは
コチラ