色彩心理と呼ばれる色の意味や効果には
統計から得られた基準値ともいえる

一般的な定義があります。


けれどアクティブ・カラセラピーには
それぞれの色に従来の意味づけが当てはまりません。


各人がそれぞれの色をどう感じるかに重きを置いているので、
この色にはこんな意味という正解も間違いもないのです。


なので通常は前向きや情熱的などと言われる赤に 





「よどんだ」だったり「透明」と感じたり、



クリーンなイメージの白に「したたか」と答えたり、





富や輝きを意味すると思われがちな金色に





「しがらみ」という言葉が引き出されたり、



奇想天外、そして時には意味不明と思えるような言葉が
発せられることがあります。


アクティブ・カラーセラピー
心理学の投影法に基づいているので、


各個人が選んだ色に託して
その時の心理状態をどう捉えるているかを
言葉に変換していくからなのです。



発した言葉からもう一歩踏み込んで、
それが何を意味しているかは
当人にしか分からない答えへと

辿り着く道しるべになります。



だからこそ色の意味に縛りが無いというより、
縛りがかけられないのです。


色からご自分で紐解いて本音に行き着いた時
心の奥に潜んでいたべストの答えを
あからさまに言語化できます。


自分にとってのベストの答え。


それはいつでも自分を大切に想っている自分だからこそ
導き出せる答え。


そして他の人との共通項でくくれる答えではありません。


おのおのが独自の正解を持っているというそのことが
一人一人の存在価値であり、
生まれてきた意味なのだと
セッションをする度に 
私の心に刻み込まれていくのです。



だからあなたもかけがえのない自分にとっての

最高の答えを 

自分自身の言葉で

探り当ててみませんか。




著書








【博多入門講座】 

●7月22日(日曜) 13時~16時 満席御礼
●8月  3日(金曜) 13時~16時  残席3

受講料:16200円

会場 :博多駅から徒歩6分のサロン

 
【秋の東京講座】           満席御礼


お問い合わせ頂いた時点で講座開催の日程を検討させて頂き、
ご連絡差し上げます。
 

個人セッション、及び講座のお問い合わせ、
お申し込みは コチラ