アクティブ・カラーセラピーを開発した比較的初期の頃

 受講して下さった福井市在住のSさんから

メールを頂きました。



 
「先日、念願の吉原先生の著書が届きました。

 しみじみとアクティブカラーセラピーを通じて知れる自分自身が

 自分にとって、とても大切だと感じながら、

 噛みしめながら ゆっくりとゆっくりと読み進め

 そして何度も何度も繰り返し読ませていただいております。

 

私自身の宝物となった先生の著書は

Amazonで届いたのですが

 親しい方々にもぜひ読でいただきたいと思い

 発売から、地元の色々な書店をまわりながら、

 各書店で数冊ずつ取り寄せをお願いしたりしつつ

 購入させていただいております。

 

まとめて一軒の書店で購入すればよいのですが

 色々な書店で店員さんに問い合わせることで

 書店の方の印象に少しでも残れば

 吉原先生の応援になるかもしれない、

そんな想いです。

 

そして、アクティブ・カラーセラピーを

みなさんに知っていただきたい!

 広まっていってほしい!

 

本を読んでいただくことで

 自分のまわりの方に知っていただけることが

何より嬉しいです。

 

吉原先生、素敵な本をありがとうございます。」
と結んでありました。

あまりにも有難くてお礼の電話をすると 

「お正月休みに本を見ながら

セルフセッションをしてみました。 


久々に自分と向き合った気がします。 

そして自分が心から大切に思えて

何故あの時受講しようと思ったかが 

今頃腑に落ちた気がしました。」

との言葉に胸が一杯になりました。



Sさんとはもうかれこれ

10年以上のお付き合いになります。


無名に等しいアクテイブ・カラーセラピーですが、

見えないところで応援して下さっている

Sさんのような方がいてくださるからこそ

こぼれれ落ちた種が根付いていけるのだと

改めて手を合わせたい想いでした。


面と向かってほめるより、

第三者を介した「陰ぼめ」で伝わったほうが

威力を発揮する場合があるように


表舞台と陰での支え

この二つがそろってはじめて

何事も確実性を備えて発展していけるのでしょう。


「おかげさま」の言葉をしみじみと有難くかみしめた

Sさんのお便りでした。


【初の著書】


「12色セラピーで悩みがすっと消える」




セラピスト養成講座のお知らせ