こんにちは
美姿勢インストラクター新田仁美です。
 
 
 
 
 
以前、こんなブログを更新したのですが…

 

リブログ先に飛ぶのが

めんどくさい方向けに要約すると

 

 

 

例えば

 

うつ伏せになって脚を持ち上げる

こういうエクササイズ↓

 

 

同じ体の形でも

 

 

 

つま先に力をこめるのと

 

 

 

 

お尻・モモ裏に力を入れる意識では

 

機能性に

違いが生まれます

 

 

 

image

 

膝上(太もも・お尻)は

ぜ〜んぶ

胴体に向かっている

 

 

 

という感覚でいれば

 

 

ヨガの効果が格段に変わり

 

大転子の張り出し・太もも外張りが消え

 

X脚が改善

 

 ということが起きるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、膝から上(太もも)というより

 

内ももが上半身だと思ったおかげで

 

 

 

なかなか意識しづらい内ももが分かったというお声をいただいております。

 
 
 
 
(フリー素材)
 
 
 
 
内ももって
プヨンプヨンなのが悩みの方
多いですよね。
 
 
(内ももがムッキムキで困っている方は、いらっしゃらないと思います)
 
 
 
 
内ももは鍛えるべき
思っている方が多いのですが
 
 
 
 
一体どうやったら力が入るのか?
 
 
 
という疑問もあると思います。
 
 
 
 
 
その答えは…
 
意識次第なんですよウインク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ありがとうございます(≧∇≦)
 
 
 
 
 
 
膝の間にボールを挟んで潰す運動
もちろん間違いではありませんが
 
 
 
 
 
 
内ももの筋肉の方向で考えると
 
こっちの方向です。
 
 
 
 
メッセージ中にあった
 
"脚パカエクササイズ"
 
意識次第で
 
 
 

 
 
開くエクササイズというより
常に内側へ向かっている力を感じながら
 
 
 
 

 
 
 
 
さらにこういう↓
方向の意識でやっていただくと
 

分かりやすくなると思いますよ^_^
 
 
 
 
 
意識次第で変わりますウインク
 
 
 
参考にしてみてくださいね。
 
 
 
 
 
【関連記事】
 
 
 
 
 
 
 
姿勢の改善・美脚のコツは
安定させる場所と、動かす場所を
意識して変えることです。
 
 
 
★どこを動かし、どこを動かさないか?が分かる!入門編はこちら
 
 
 
 
首の動かす場所を変えると、猫背が治り、小顔になる!著書になっています。