今日はもう一人のプレイグループの先生と、私が尊敬する重度自閉症クラスの先生のお二人に、別々でじっくりお話しする機会があって、相当色々言わせていただきました💦

 

 

 

 

 

 

ボチボチやってるツイッターの方では

 

 

 

 

もう人の文句ばっかり言いたくない😓

 

 

 

 

なんて呟いてましたが、相変わらず文句ばっかり言わしてもらってますわ滝汗

 

 

 

 

 

 

まず、教員2年目の先生。

 

 

 

初めて直接一緒に働くことになったのですが、

 

 

 

 

自分のクラスのプレイグループの時間が、自分のクラスのスケジュールに合わない

 

 

 

 

と、自分自分な訳ですよ。

 

 

 

 

私だって、できるだけ皆さんのご要望にお応えしたいです。

 

 

 

 

最初にデイリースケジュールくれって先生たちにメールしましたよね?

 

 

 

 

経験年数のある先生たちは、すぐに送ってくれまして、なんとかお互い譲歩した形でスケジュールが組めました。

 

 

 

 

 

 

その若い先生だって、2年目なんだから、去年のスケジュールを元に考えればいいのに、なかなかスケジュール送って来ないし、私的には

 

州のプリスクールの定型発達のお子様たちをプレイグループに招き入れるように根回ししてたんですよ。

 

 

 

 

 

やっぱり去年は州のプリスクールのインクルージョンクラスに入ってたんで、あちらの方針とかよく分かってますし、更に今の新校舎に入った州のプリスクールの先生たち、以前から知り合いなので、

 

早い段階からプレイグループのインクルージョンをよーくよーくお願いしてあったのです。

 

 

 

 

 

 

人見知りの私が、幼児教育者の仮面を被って、頑張って走り回って取り付けた契約(!)です。州のプリスクールのスケジュールに合わせるのが当たり前。

 

 

 

 

 

それを、その若い2年目の先生は、最初渋々受け入れてくれたものの、やっぱり都合が悪いと正式にメールしてきて、しかも校長先生とアシスタントプリンシパルまでそのメールに含めてて、カチンときましたね。上司は絶対

 

 

 

自分たちで解決できないの!?

 

 

 

って思ってます💦

 

 

 

 

案の定、お二方とも一切返事されませんでした。

 

 

 

 

 

メールでのラリーでは埒が明かないので、直接話をしに行きました。

 

 

(なんで私が時間作って彼女の教室まで彼女を探しに行かなあかんねん!?とは思いましたよ)

 

 

 

 

 

時間を変えたら、州のプリスクールの子供たちには参加してもらえないこと

 

 

 

州のプリスクールの子供に参加してもらったセッションで、彼女のクラスの子供たち(中度から重度)もなんとなく関わってて一緒に遊べてたこと

 

 

 

 

メールで説明してあったのですが、会って話してもやっぱり変更してほしいとのこと。

 

 

 

 

 

バ○なんじゃない!?

 

 

 

 

って正直思いました。

 

 

 

 

百歩譲って、彼女のクラスの子供が他の子供に興味もなく、グループの遊びに参加したくないような集団だったら、別に州のプリスクールのお子さん招待したって意味ないかもしれない。

 

 

 

 

でも、一緒に遊べてたんですよ!?

 

 

 

ピア・モデルって言葉知らないの!?

 

 

 

 

(ピア・モデルとは、障がいのある子どもが定型発達の子供と接することで、行動などを真似るようになること)

 

 

 

インクルージョンの効果も知らないの!?

 

 

 

 

 

自分のクラス回すのに必死で、子供たちの発達に何が大切か見えていない。。。

 

 

 

 

残念ですわ!!!!!

 

 

 

 

だから明日は早朝、州のプリスクールの子供たちが登校してくる前から、その先生のクラスの子供達だけでプレイグループです。

 

 

 

 

ええ、おかげさまで、彼女の変更のためにセッション一つ増えましたしね!真顔(私事)

 

 

 

 

 

もう一つのストレスの元は、また後日。

 

 

 

 

あ、そのベテランの先生たちと今日話せて、かなり楽になってますので。。。🙏

 

 




英国からやって来た、うちの夫の従姉からもらったお菓子。






甘いもん食べてストレス発散♡