今週の木曜日は感謝祭。

 

 

 

 

 

私たちは、本来は月曜日と火曜日の二日間で保護者面談をするのですが、多数決の結果、満場一致でその二日分の就労時間を前の週に押し込んで(つまり残業)、その二日を休みにして丸々1週間休みにすることになっております。

 

 

 

 

 

今年はクラス担任ではなく、サービスプロバイダーという状態での保護者面談ですので、担任の先生たちに早々と保護者面談のスケジュール教えてね〜とメールしたのですが。。。

 

 

 

 

 

やはり勤続年数が長い先生達ほど、慣れてますからちゃちゃっとスケジュール組んですぐに知らせてくれるので、こちらも合わせやすいのですが、新しい先生達。。。またまた1年目の先生と2年目の先生ですが、なかなか知らせてくれない。。。

 

 

 

 

 

 

まず2年目の先生ですが、なんか体調不良かなんかで(しょっちゅう)面談ウィークの前の週に結構休んでて(それはそれで先生足りなくて大騒ぎになりました)、面談のスケジュールも送ってくれなければ、その時に話し合うプログレスリポートも手付かず。

 

 

 

 

 

面談ウィーク初日の月曜日の午後にやっとZoomのリンクが送られて来て、慌てて私のスケジュールをチェックしたら、幸い他の面談とぶつかってなくてよかったんですが、結局木曜日の面談の日の午前中になってその日の午後の時間変更のお知らせを一方的にして来て、既にその時間にはセッションと他のクラスの子の面談入ってたので、受ける事は出来ず。

 

 

 

悪いけど暇ちゃうねん!

 

 

 

 

 

しかし、これが結果的に功を奏したのです!

 

 

 

 

 

こちらが時間を合わせられなかった場合は、一応保護者にメールして『ソーシャルスキルやプレイグループについて質問等ありましたら、いついつならZoomでお話しできますよ〜』ってお知らせするのですが、その子の親御さんはすぐさま返事して来て、次の日に話がしたいとおっしゃるので、スケジュールに入れました。

 

 

 

 

 

この担任の先生というのがですね、前にも書いてますが、自分のクラスのスケジュールを回すために、プレイグループを朝の8:30からにしてくれとか無茶言う先生で、朝の8:15に登校して来てたったの15分でプレイグループに移動とか無理があります。その上、9:00まで定型の子達は登校して来ないので、その子達は定型の子達と関わる機会さえなくなってしまったのです。

 

 

 

 

 

 

が、面談の前日、8:30に迎えに行ったら、プレイグループ受けてる3人のうちの2人がお休みで、女児一人だけだったんです。そんなんでプレイグループできる由もないので、9:20分のセッションではどうかと提案しました。

 

 

 

 

2年目:『9:15から外遊びだけど?』

 

(どんな返事やねん、それしか頭にないんかい!9:20分が都合悪いことぐらい分かっとるわい💢そのせいでこっちは朝の8:30に移動をさせられたんやし)

 

 

 

私:『〇〇ちゃんも外遊びは絶対必要?毎日じゃないし』

 

 

 

 

2年目:『う〜ん。。。(エイドに向かって)〇〇ちゃん外遊び必要?』

 

 

 

 

幸い、彼女のエイド達は、過去に私のエイドをしてくれていた人たちなので、既に私の意見に賛同してくれています。

 

 

 

 

エイド:『〇〇ちゃんは外遊びなくても大丈夫!』

 

 

 

 

2年目:『そうね、Pくんは必要だけど』

 

 

 

ハイハイ、存じ上げておりますよ〜

 

Pくんがそんなに外遊びが必要なら、サービスの時間をずらすのではなく、自分の外遊びの時間を変えればいいと私は思ってます。州のプリスクールから定型のお子様達を借りてくるのですから(言い方悪💦)、州のプリスクールに合わせるのが常識。

 

 

 

 

このPくんが外遊びが必要なために、他の2人が定型の子達と関われないなんて理不尽!!!!

 

 

 

 

と言うわけで、とりあえずその日は9:20に他所のプリスクールからプレイグループだけ受けに来る子2人と、州のプリスクールの定型の子達3人連れて〇〇ちゃんを迎えに行きました。

 

 

 

 

 

定型の女児に〇〇ちゃんの手を繋いでもらって、〇〇ちゃんも嫌がる事なくプレイグループにやって来ました。

 

 

 

 

 

そしてセッション中も、エイドのいない中、いつもより時間も遅いせいもあってか、もっと集中してたし、どうしていいのか分からなくてじっと座ってた時も、定型の子に手を取ってもらって一緒に行動してもらいました。

 

 

 

 

〇〇ちゃん、全然大丈夫!!!!

 

 

 

 

 

これを確信した私は、次の日の担任抜きの保護者面談で、ご両親にその旨お話しして、〇〇ちゃんだけ9:20分のグループに入れたいと申し出たら、大層喜ばれて。。。

 

 

 

 

そりゃそうですよね?

 

 

 

定型の子達ばっかりのクラスにポーンと入れられたら動揺してしまいそうなものですが、プレイグループの30分だけ定型の子達と少人数で遊べるなんて、またとないチャンス!

 

 

 

 

 

と言うわけで、早速2年目の先生にその提案をしたら、なんか一瞬びっくりしたかのように間は空いたものの、承諾してくれました!!!!

 

 

 

 

 

残りの二人には悪いけど。。。

 

 

 

引き続き朝の8:30から、もう一人のトライアルの子と3人でやってもらいます。

 

 

 

 

文句あるなら担任に言ってー!

 

 

 

 

 

次回はプレイグループグッズを引っ提げ、他所のプリスクールにて出張プレイグループしに行ったお話を書きたいと思います。

 

 

 

 

あ、その前に1年目の先生のこと書くかも💦

 

 

 

 

感謝祭明けに、大学の講師から『今教員免許プログラムにいる人たちに、ゲストスピーカーとして仕事のこと話して欲しい』と言われているので、こういう新人の先生達の困りごとが役に立つと考えれば、まぁいっかということで。。。ブログに記しておこうと思います。