大千秋楽!「卒塔婆小町」三島由紀夫

テーマ:

小池恵理子対談に伴い

「卒塔婆小町」 三島由紀夫

千秋楽となります。

 

永い間、心をこめて大切に育ててきた作品です。

 

最後の公演は、追加公演2日間含め、全公演満員御礼。

最後の最後まで皆様に愛された作品でした。

本当にありがとうございました。

 

 

メンバー全員で、美輪明宏さんの「卒塔婆小町」を観劇に行った事もありました。

うちは、セットもないし、役者も無名だけど負てないんじゃないかと思います。

自画自賛(笑)

 

そもそも、「卒塔婆小町」をやろうと言い出したのは私でした。

何事にもクールな現代人のゲンちゃんが熱くなる姿が見てみたいと思ったのと、普段からキャラクターを着ている小池ちゃんは、この役をできるんじゃないかなと思ったのがきっかけでした。

 

 

二人とも若い!!

 

最初は、演出の渡部さんは

「何、この話。まるでSFじゃん!」

とまったく乗り気じゃありませんでした。 

何だと、渡部~~~!!ムキー 

 

 

廊下でダメだししてる(笑)

 

 

ベンチもなくてスタッキング椅子で稽古してる(笑)

 

 

それが、今では、本当に素晴らしい小町と深草になりました。

一生懸命、この作品を育ててくれた小池さんと弦ちゃんに感謝です。

演出の渡部さんにも。

 

そしてこの作品はPrayers Studioのメンバーが全員で参加している唯一の作品でもあります。

基本的にPrayers Studioの作品は2人芝居が多いので、全員が出演しないのです。

メンバー全員が出演するシーンは圧巻です。

鹿鳴館のシーンを声だけで表現できるのはPrayers Studioしかないと思います。

 

私は、今回は、一言もしゃべらず、裏方に徹しています。

ここの明かり最高だった!とか

今の音響の繊細さ、素晴らしかった!と一人悦に入っています(笑)

 

そんな「卒塔婆小町」

本当に、沢山の方に愛して頂きました。

一番リピーターの多い作品のようです。

 

今迄ただひたすら「卒塔婆小町」を稽古してきたゲンちゃんはこれで役がなくなりました。

うける~デレデレ

 

という訳で、きっと次はゲンちゃんが主演の作品になるでしょう。

あくまでも予定ですが(笑)

 

沢山の方に応援して頂き、愛して頂き本当にありがとうございます。

こころからの感謝を。

 

ありか