美容外科医のノート  室 孝明(東京&福岡 ビスポーククリニック)

目・鼻・アンチエイジングにこだわり続ける美容形成外科医、室 孝明(むろ たかあき)のブログです。美容医療の初心者の方からベテランの方まで幅広く参考になる情報とお得情報をお送りいたします。
バランスのよいお顔作りに定評があります。


テーマ:
おはようございます🌞

今年の学会活動の最後を飾る、韓国の学会  2017 KCCS ASIAN RHINOPLASTY WORKSHOP で講演してきましたよ^ ^


{2F2BC2AE-F17C-4135-9C21-15583746AF7B}

韓国🇰🇷アメリカ🇺🇸フィリピン🇵🇭タイ🇹🇭中国🇨🇳ベトナム🇻🇳マレーシア🇲🇾など、アジアを中心とする鼻の学会です。

{86F6F570-D058-43C7-A7CD-8F61EE2E909D}




私の講演は2つ(-。-;  日本代表🇯🇵笑

{DFDD43FE-52B5-4AE7-A58F-B2D7874D4282}

いずれもビデオを含めた長めのセッションで英語の苦手な私(パードゥン?)としては今年最も大きなハードルでしたが、なんと他国の先生方から発音いいねとお褒めいただき、嫌味じゃないよね笑、、?と思いながらも終わった達成感はひとしおでした。(良い写真ありがとう、K先生)

{D8458B3D-3520-48FB-93D7-A1E74BD9D4DE}

偶然の再会Σ(・□・;)
Kim先生

{EF3B08F0-BEB6-4C41-83A2-05464E215FC8}

日本の学会にも招かれていたChoi先生と

{E1152B23-84A1-4AFB-8FA8-3497788303E4}

台湾 チャンガン出身の若き実力者


その他、Jin先生、Jang先生、Jung先生など講演後に著名な先生方が声をかけてくださったり、多くの質問を頂きました👍そして皆さんから同じお願いをされました。


私の発表は
①バランスの良い鼻翼形成
②理想の鼻の作り方
(わかりやすくしてます)

どちらも予想を超える反響でした。

宿題、頑張りますね


同じ道を歩んできた先輩方を改めて尊敬しつつ、マラソンを完走した時のような心境でしょうか、、また頑張ろうと思います。今は、少なくとも今は、ね。

{FFF0E59F-9698-4306-A7A2-CD97F139E9CD}



日本🇯🇵の参加は私だけでしたが、オリンピックに1人参加したアルジェリア🇩🇿の選手のように楽しんで終えることができました。

発表の内容はHPにてアップしてまいります。


{503DAA38-CC0E-4861-9C0B-6297F394BBA0}


さて国際学会に行くたびに思うことリストをあげてみたいと思います。


①「美しい鼻」と「自然な鼻」の定義が国々で違いすぎる

②英語力は何にも勝る

③日本🇯🇵の繊細な感覚は傑出している


この中で①について私見を述べてみたいと思います。

①同じアジアといえど、アップノーズを好む西のタイやベトナムと東の日本とでは患者ニーズも医師の美的感覚もまるで異なります。当然ながら、かつての日本のようにL型プロテーゼが未だ大流行。そして合併症は一例もない、、、と言ってしまうところもまたカルチャーショックを受けます。

ただ他の国の術式はなにかしらのヒントになる場合があり、また素晴らしい講演もいくつもありました。




1つ、とても大切なことを話します。「美しい鼻」を望む方。鼻だけを見ていませんか?「自然な鼻」を望む方。自然とはなんですか?

これは医師にもなかなか答えにくい問題ですが、お隣韓国では「美しい鼻」も「自然な鼻」もある程度の決まりがあります。

なぜそう思うかというと目指す鼻がよく似て見えるからです。

アップノーズで反った鼻。もちろん輪郭やパーツのバランスによってはとても可愛くなります。私も行います。ですがそれはある程度の条件をクリアした場合に限ります。輪郭は変えられても眼球の位置はほとんど変えられません。受け口の人にわし鼻が似合わないように顎の小さな方に反ったアップノーズは似合わないのです。

つまり「美しい鼻」だけを形成しようとすると美しい顔にはならない、むしろ不自然さが際立つということが起こり得るのです。その結果、医師は選択を迫られます。


a.患者さんの希望をそのまま形にする
→万が一気に入らなくてもこちらに非はない、リスクがあっても本人が望んだから仕方ない
b.希望は大切ですが、リスクや取れるダウンタイムを考えて医師として言うべきだと思うことは言う
→万が一気に入らなかったときに「先生がそういうからこうなった」となる可能性がある。

どちらがよいかという正解はありません。患者さんのお考えや性格などが大きく関与するからです。


ですが読者の皆さんにはぜひ医師の的確な助言を受けいれて、長期的に安全性の高い手術結果を大切に考えてほしいなぁと思います。


最後に

じゃん先生のクリニックで手術を見学して来ましたよ。

{58BB27B8-4F5B-4E4E-B6EB-C4BD1B5328A0}

{63870CBB-D314-4AE1-AD5A-0067580C3A02}

じゃん先生は耳鼻科系の美容外科医の中で最も著名な先生の1人。日本では受け入れられない手術もありますが、おかげで多くのことを吸収できました。見学に来た他の先生方もみな鼻の専門家ばかりで討論が盛り上がり楽しいひと時でした。


-2度の極寒の韓国🇰🇷

{C3D24466-7085-42C6-B2B5-D01EC72A7F83}

最終日は韓国の友人に誘われて本当に貴重な時間を過ごしました。

{B53DE6A9-6C2A-4801-8FAF-4AC7D1171FB1}

歳をとるごとに忙しくなっていますが、学術活動は開業してからも続けます。






本美容外科医のノート本

おしまい

いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)

ムロ先生♪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント