巣鴨拘置所で起こった奇跡 その1

 日本の敗戦後、極東国際軍事裁判(1946年5月~1948年11月)、いわゆる東京裁判が行われました。

東京裁判

 この東京裁判の時、ほとんどの国民は多くの戦犯に対して冷たい態度を取りました。

 それは「こんな戦争に追い込んだのはあの軍部のせいだ」と自分たちを被害者と考えたからでした。

 しかし、そのような中、この戦犯たちに心を砕いて仕えていった宣教師たちがいました。

 しかもその多くはアメリカの宣教師たちでした。

 そのうちの一人に、アイリーン・ウェブスター・スミスという女性がいました。

アイリーン・ウェブスター・スミス

 ある時、彼女が家庭集会をしていると、西澤さんという女性が来て、「私の夫は巣鴨の拘置所に捕らわれていて、戦犯として裁かれようとしています。

 恐らく彼は死刑になると思いますが、どうぞ彼にイエス・キリストの福音を伝えて罪の赦しを得、完全な平安を持つことが出来るようにし、天国で再会出来る希望を与えてください」と言いました。

 この戦犯たちには、月に1回30分だけ家族のみが会うことができるというルールがありました。

 けれども、彼女はマッカーサーから特別な許可を得て、面会の機会を得ました。

 面会は非常に厳重で、監視が何人も付きます。

拘置所

 そのような中、西澤氏にイエス・キリストの福音を語ったのでした。

「あの十字架の現場で死刑囚も罪を赦され、永遠のいのちを持ったのです。イエス様はあなたの罪のために十字架にかかって、救いを完了させてくださいました。

 そして死後3日目によみがえり、今生きてあなたに語ってくださっているかたです。誰でもイエス様を信じるなら、永遠のいのちを受けます」。

 すると、西澤氏は言いました。

「あなたは私が戦争でどんなことをして来たか知っていますか。私の両手は血塗られています。私のしたことを知らないので赦しとか、救いとかを簡単に言えるのです。

 あの戦場を見、私が何をしたか知ったら、そんな赦しなんて語ることが出来ないと思う」と。

 アイリーンはこう言いました。

血潮

「私はあなたが何をして来たのか分かりませんし、知りません。しかし、1つのことだけは知っています。それはイエス・キリストの血潮はすべての罪から私たちをきよめるということです。

 神様の前に赦されない罪はありません。キリストの贖いのゆえに赦されない罪はありません」。

 彼はこのみことばを素直に受け入れることが出来ました。

「では救われるためにはどうしたら良いのでしょうか」と彼は聞きます。

「イエス様を信じ、(心に)受け入れれば良いのです」

 西澤氏はその場でイエス・キリストを信じました。

 生涯最後の面会でイエス・キリストと出会ったのでした。

 彼女はその様子を西澤夫人に伝えました。

「彼はキリストを信じて救われましたよ」。

 夫人は「これで主人と天国で再会できます!」と喜んだのです。

天国での再会

 ところが、一週間もたたないうちにGHQ占領軍の方からまた彼女のところに連絡が来ます。

 驚くべき奇跡がさらに始まります。(次回に続く)

「『さあ、来たれ。論じ合おう』と主は仰せられる。『たとい、あなたがたの罪が緋のように赤くても、雪のように白くなる。たとい、紅のように赤くても、羊の毛のようになる』」(イザヤ1:18)

「イエスはまた彼らに語って言われた。『わたしは、世の光です。わたしに従う者は、決してやみの中を歩むことがなく、いのちの光を持つのです。』」(ヨハネ8:12)

 このブログをお読みくださり、ありがとうございます。もし、よろしかったら一日一回クリックしていただけると励まされます^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村