FX戦略デイリー「GDPなえ」更新 | 山本雅文の外為市場「反射的熟考」

山本雅文の外為市場「反射的熟考」

外為市場で今後起こる、あるいは起こっている重要イベントについて、速報でコメントします。


テーマ:

GDPなえ

<ポイント>

◆昨日は、米10月FOMC声明文が次回12月利上げ開始の可能性を残すタカ派的な内容だったと解釈され、ドルが対主要通貨でほぼ全面高となったのが特徴的だった。ドル/円は120円台半ばから一時121.26円へ上昇、ユーロ/ドルは1.10ドル台後半から一時1.0897ドルへ急落した。対ドルでの下落は円よりユーロの方が大きかったため、ユーロ/円は133.50円近辺から一時131.98円へ下落した。
◆豪ドルは、豪3QCPIが予想外に鈍化し、コアCPIは2.15%とRBAのインフレ目標レンジの下限に近づいたことから、11月利下げ期待が高まり大きく下落、その後のタカ派的なFOMCを受けた米ドル高もあり0.7081ドルへ続落した。
◆対米ドルで唯一上昇したのはカナダドルで、昨日は原油価格が大幅に上昇したことを受けて急上昇、その後の米FOMCを受けた米ドル高で対米ドル相場は小反落したが、前日比での上昇は維持した。
◆本日早朝のRBNZでは大方の予想通り政策金利は2.75%で据え置かれたが、今後の利下げの可能性が示唆されたことで発表直後にはNZドルが下落した。但し経済指標次第であることも示されたことからあまりハト派度が強いとは受け止められず、NZドルはその後買い戻された。

◆本日は、本邦9月鉱工業生産(8:50)、米3QGDP速報値および新規失業保険申請件数(21:30)、ドイツ10月HICP(22:00)、米9月中古住宅販売仮契約件数(23:00)などが予定されている。また29日まで開催されている中国・5中全会の結果も発表される可能性がある。
◆12月利上げの可能性を残す米FOMC声明文を受けて今後再び米重要指標に注目が集まる中で、第一関門として米3QGDPが重要となる。特に今回は前期の+3.9%の高成長から+1%前後への大幅減速が予想されており、市場予想を更に下回る弱い結果だと12月利上げ開始期待が後退しドル安圧力となりそうだ。

詳細はFX戦略デイリーをご覧下さい。

Masaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス