はじめまして

私の自己紹介を、読んで頂いてありがとうございますm(_ _)m
もっと、私の事を知って頂きたいと思い、書かせて頂きます‼︎

新潟県長岡市の美容室
美容しょうへいの店  今朝白店   スタイリスト


こじま     ともあき
小島          智暁       です。


{A19E122E-527C-41FE-8CCF-631A1CB20922}



〔プロフィール〕
1983   8月27日   32歳    乙女座のA型
愛知県  岡崎市出身

趣味   プロレス   中日ドラゴンズ   肉体改造(20㎏痩せました)

カタリナ幼稚園
愛知教育大学附属岡崎小学校
愛知教育大学附属岡崎中学校
愛知教育大学附属高等学校
資生堂美容技術専門学校     卒業



産まれてくるまで女の子だと思われていました。
帆波(ほなみ)ちゃんと名前も決めていたそうですが、
男の子が産まれてビックリしたそうです。


習い事は、幼稚園の時から中学生まで
絵画教室でお絵描きをしていました。
遊びの延長といった感じで、自由に色を塗ったり、
デッサンは、上手くは無いですが…
鴨の置物を書くことだけは得意です。
絵を書く事や、工作など、物を作ることが大好きです
p(^_^)q
独特の感性を身につけました笑
自由に表現する楽しさを感じました。




幼稚園のときは、とにかく水が怖かったです。
プールの時間が苦手で苦手で…(^^;;
水泳教室にも行きましたが…逃亡しました。
結果…信仰深い家では無かったのですが…
母親にお祈りに連れて行かれました。
マリア様のおかげ?水に顔が付けられるようになりましたm(_ _)m
そして、海パンに御守りを縫い付けられました。
その甲斐あってか…水は怖くなりましたが、
今でも水泳は苦手です。息継ぎがうまく出来ずに、
ゴホッってなります。
すごい顔で泳ぐねと言われます。




2歳年上の兄が1人います。
ゴリラみたいです。外科医です。今は何かの研究をしにアメリカに行っています。
当然、比べられる幼少期を過ごしましたが、
兄が期待を背負ってくれた分、私は自分のやりたいことなど自由に出来ました。

{BBF50E17-9596-40CE-97CD-F535B1845F2D}
(兄 、光暁     母、美智代です(^^;;  )



小学生の頃は、兄の後をついて行くような少年でした。
兄が野球が好きで、
キャッチボールに付き合わされるのですが、
運動神経の悪い私は、ミスしてばかり…(^^;;
ジャイアンとのび太のような関係でした笑

熱狂的な中日ドラゴンズファンの祖父の影響で、
私も中日ドラゴンズファンです。
野球に興味の無い父親が、たまたま貰ってきた
読売ジャイアンツのパジャマを私に着せたところ、
いつもは優しい祖父が、激怒しました…
お小遣いを没収されました。



出来の悪い私は母親の気を引こうと、
絵に描いたよう良い子を演じるような小学生時代でした( ;  ; )
自分の意見を言う事が苦手でした。
調和をとろうとして、人の顔色ばかり気にしていました。



そして、中学校に入学して
プロレス
行け‼︎稲中卓球部
オールナイトニッポン(ラジオ)

と出会いました。
現在の私をつくる大きなポイントです笑
ただ…まだまだ人の顔色ばかり気にする少年でした。


ラジオと稲中とプロレス…


むしろ、悪化してます(^^;;
自分の殻に引きこもります笑

周りは、オシャレに目覚めたり、
バンドを始めたり、
恋愛の話で盛り上がったりしています…
私なんて…
ラジオと稲中とプロレスですから…( ;  ; )


完全に様子がおかしな子でしたね。
それでも、数少ない友達と休み時間にプロレスごっこをしたりと楽しかったです。


もちろん…彼女もできるわけ無い、
イケてない芋野郎でした(^^;;



そして、高校に進学しました。
そこで待っていたのは…
華々しいイケてる高校生活‼︎

そんな、人生甘く無いですね…。
いたって真面目な高校生活ですm(_ _)m


不良怖いし…。ケンカとか無理だし…。
バイクに乗る勇気も無いし…。
友達とカラオケに行っても、ノリがおかしいし…。
女子との距離感、分からないし…( ;  ; )


高校では軟式野球部に入りました。
私は、顔が長いので野球の帽子を被ると、
米粒(海外の長いお米)みたいになります。
帽子が、似合わない笑


そして、日焼けをすると、赤くなる‼︎
茹でたタコの様に赤くなる‼︎


スポーツマンはモテる…。
そんなのウソだ( ;  ; )




野球のレギュラーは9人です。
熾烈なレギュラー争いを勝ち抜いて、
見事、試合に出られるように‼︎

嘘です…部員10人ぐらいでした。
完全に年功序列です。
お情け出場です…。
ただ、真面目な性格から副キャプテンになりました。
試合には出させて頂きましたが、
ミスをしまくりました( ;  ; )
関係者の方々、本当にすみませんでしたm(_ _)m




そんな、茹でたタコの様に赤い顔の長い小島に、転機が訪れます‼︎


美容室のお兄さんやお姉さんが、優しくしてくれた。


それだけ?


そう…それだけ‼︎


イケてない茹でたタコの様に赤くて顔の長い小島には十分過ぎる転機でした。


イケてない学生生活…
自分に自信などあるわけがない。
そんな小島に優しく笑顔で接してくれた。
仕事だからと言えばそれだけですが、
それでも、私の話を聞いて下さり、
一緒に笑ったり、キラキラしたオシャレな話をして下さる。



たっ…楽しい‼︎


美容室にいる間は普段のイケてない自分を忘れて、
いつもと違う自分になれた気がしました。
カッコ良い髪型にしてもらえて、ちょっとだけ自信が持てた。

『ちょっとだけ自信が持てた小島は、
ちょっとだけ、人に話しかけれるようになった。

ちょっとだけ自信が持てた小島は、
ちょっとだけ、笑える様になった。

ちょっとだけ自信が持てた小島は、
ちょっとだけ、人に気持ちを伝えられる様になった。』



もしかして、変われるかも…。
キラキラした人みたいになれるかも。
そんな、憧れを抱きました。

ただ、憧れは憧れです…
イケてない小島が、美容師になりたいなんて、バカにされそうで、誰にも言えませんでした。
真面目な性格の私は、大学に行こうと思っていました。
大学に行って、…それなりに…就職をして…
それなりに…家庭を築いて…それなりに…
それなりに…それなりに…それなりに…。
いいのか?
自分の人生、それなりでいいのか?


もしかして…美容師になれば、変われるかも…。
そうです、小島が美容師になろうと思ったきっかけは
『イケてない自分を変えるため』です!


だからこそ、私は…


沢山ある美容室、沢山いる美容師さんの中から選んで来てくださったお客様に、

『変われる喜びを伝えたい』
外見が変われば、自信が持てるのです。
自信が持てたら、何て事の無い毎日が、楽しくなります‼︎


ヘアースタイルを通して、
他でも無い、自分自身の魅力に気づいて頂きたいと思い、ハサミを持ち仕事をさせていただいています。




そして、イケてない自分を変えるため、
まずは、勇気を出して、母に打ち明けました…
泣き崩れました。
美容師と言う仕事が悪いと言うわけではなく、
余りにも、予想外の出来事過ぎて…

私が、今でも美容師を続けていられるのは、
決して裕福な家庭では無かったのですが、
専門学校に行かせてくれた母のおかげです。
どんなに、悔しかったり、辛いことがあっても
絶対に辞めないと心の中で誓いました。



そして、今までの自分を知る人がいない、
東京の資生堂美容技術専門学校に通います。


よっしゃ~東京で一人暮らし‼︎
これで、華々しいキラキラした生活になる‼︎

そんな、甘くなかった…。


入学式そうそう、都会の洗礼を浴びる‼︎
入学式といえば、スーツですよね。
はい、紺のスーツで清潔感もバッチリ‼︎
髪型だって、ジェルをつけて、決まった‼︎
よし、行くぞー‼︎

え…え…え‼︎
オシャレ…すぎる…。


スーツがエメラルドグリーンのヤツがいる…しかも、あんなテカテカした素材は愛知には無い…
足元は…シルバーのスニーカーでアクセントをつけている。

愛知のシビコには売ってないよ…。


あんなところに、ピンクの頭をした人がおるやん…。
ラジオで東京は以外と優しい人もいるからと言っていた…ウソだ( ;  ; )


愛知県民は小さい頃から
日本の中心は名古屋だと言う教育を受けて育ちます。
違いました…東京でした。

東京、怖い…。


それでも、真面目な私は毎日、授業について行こうと必死でした。
専門学校中に2つの大きな出来事がおこります。



1つは、原宿のカリスマ美容室でバイトをする。

2つめは、青山のカット講習に通うです。 



1つ目の原宿カリスマ美容室でバイトをするですが…

高校の時にカリスマ美容師列伝という、カリスマ美容師さん達が、いかにしてカリスマ美容師になったかという本を読みまして…
その中でも、不器用ながらも努力をしてカリスマになった方に感銘をうけました。


ある時、友達が、
『小島の好きな美容室、バイト出来るらしいよ、一緒に受けてみない?』
と、誘ってくれました。

そして、原宿の流行ど真ん中のカリスマ美容室の面接を受けることに…

バイトの面接だと思って受けた面接が…
入社試験の面接だった…。


入社希望の人が20人ぐらいいる…。
4人グループの集団面接…。
あっ…憧れのカリスマも試験官として参加している。
同じグループの方は、オシャレな方ばかりだ( ;  ; )
特技や経歴も、素晴らしい‼︎

私なんて…今まで何したってわけでも無い…

熱意と情熱と東京に出してくれた、
母に対する感謝しかない。

素直な気持ちを嘘偽りの無い言葉で言いました。

なんと、合格…。
その美容室では異例の1年生にして内定を頂きました。

ただ…私は、バカすぎて…
内定の意味がわからなかった。

それから、毎日学校が終わったら原宿に行き、
掃除や洗い物をしました。
そして、終電まで先輩にシャンプーの練習を見て頂きました。
人のいない、閑散とした竹下通りを歩き、
早く上手くなりたいと思った。
学校が休みの土曜日、日曜日も美容室に行き、勉強をさせて頂きました。
専門学校在学中に休んだ記憶が無い…。
でも、カリスマの仕事を生で見て勉強でき、幸せでした。


そして、もう1つの人生を変えた大きな出来事…

青山の美容室のカット講習に通うです。

仲の良かった先輩に
『美容学生を対象としたカット講習に小島も行ってみないか?』と誘われ、軽い気持ちで行ってみることにしました。

そこで、私は…
カミナリに撃たれた‼︎
なんだこれは…。

美し過ぎるカットライン。
私は、カットの虜になりました。


その美容室は…
ロンドンのヴィダルサスーンで副校長を務めた方が、
日本で開いた美容室でした。
カットの次元が違う…。

それから約10年間、毎月青山にカット講習に通いました。
当時はバリバリの体育会系のカット講習…。
お金を払って、受講しているにも関わらず…
怒られる…泣かされる笑

講習の方も、真剣に向き合って下さいました。
変に甘やかされて、お世話を言われたら
続いて無かったと思います。

ヘアースタイルだけではなく、美容師としてのあり方や哲学を教えて頂きました。


ただ…

どれだけカット講習で早く、
自分が良いと思う、キレッキレなヘアースタイルを作っても、お客様には伝わらなかった…。
シルエットやデザインも自分では良いと思っても、
お客様が納得していない…。


スタイリストになりたての頃、悩みました。
完全に、ひとりよがりになっていました…。
今、思えば…私は、自分が納得出来る技術を作りたかっただけでした。

お客様の顔立ちや、髪の毛の生え方、
美容を通して生活をより豊かにする事を、追求しました。


自分自身の信念である、
『美容室に行って、自信がもて、変われた時の気持ち』
お客様に体験して頂きたい。
自分の為だけではなく、お客様の為に…

『おばあちゃんが、重たいドライヤーを長時間あてられない時でも、お手入れが簡単なヘアースタイルを考えました』


『お仕事が忙しい時でも、爽やかに清潔感のある、信頼されるような、ヘアースタイルを考えました』


『ちょっと、周りの人とは違う個性的な、カラーやデザイン性のあるヘアースタイルを考えました』

もちろん、技術は大切ですが、
技術をひけらかすのではく…
お客様を思う気持ちがあり、そのために技術を使う事に気付きました。


今でも、お客様に
カットの持ちが良いと言って頂けたり、
『形が崩れなかったのでまだ切らなくていいかと思った』

『私が考えるよりも、あなたが考えた方が、良くなるから、お任せでm(_ _)m』

と言う、お言葉を頂きます。


そして、大切なご家族の方や、お友達を紹介して頂けるようになりました。
本当にありがとうございます。


そして…
東京での生活も約10年になる時に、人生の転機が訪れます(^_^)




結婚、そして…子供が出来ましたp(^_^)q

子育てを考えた時に、人が多い東京で育てるよりも、
田舎で伸び伸びと、育てたいと思いました。


嫁の実家である長岡市の小国町に来ました。
嫁の家族しか知り合いのいない環境で不安もありましたが、


{0D371840-6385-4811-AEE7-C9C6D07D2C36}



子供達も、小国町の大自然に囲まれて、すくすくと大きくなっています笑

{BB0FEDA4-BFB4-4C68-A333-90CBC4832EEF}


お客様や、スタッフの皆様に支えて頂き、
『美容しょうへいの店 今朝白店』
で働くようになり、5年が経ちました。


まだまだ、未熟者ですが、これからもよろしくお願い致しますm(_ _)m

長々と、ありがとうございました。