かかってきなさい(笑)。

テーマ:

東アジア選手権や、スペースシャトル、郵政法案が参院で否決され衆議院が解散といった「ネタの宝庫」のような時期にブログに時間を裂けない状況が続き、とても残念です(笑)。コメントをいただいた方には訪問させていただき、そちらで返信するようにしているに止まっていることお許しください。


さて、神奈川県の松沢成文知事のタックルレポート が一ヶ月ほど前から日本中の注目を浴びています。というのも神奈川県があるゲームソフトの「有害図書類指定」を実施し、全国のゲーマーから一斉にバッシングを浴びているためです。


批判的な意見をざっと見ましたが、ヒステリックの一言につきますね。判りやすく言えば2ch状態(笑)。そこそこの教育を受けているので揚げ足を取るような論調は少ないものの、犯罪件数などを例に挙げ反論し、自説の優位性に酔っている人が多いという印象です。例に出している件数が減少しているのが正しいとしても、昔より「他人に対して恐怖を覚える」ことが多くなりました。印象として残虐性は増し、考えられないような事件は増えています。問題は数字ではありません。


彼らは自由に育てられたのでしょう。ゲームなども与えられ放題で大人になった家庭環境が見え隠れします。それを頭ごなしに否定されたものだから、一斉に噛み付いている。


ぞっとする光景です。


私の家庭にもゲーム機はあります。というより、今50歳前後であればテレビゲーム第一世代です。ファミコン・スーパーファミコン・プレステ・プレステ2と楽しんできましたが、格闘ゲームの類はほとんどありません。それだけではなく、5人の子供達にはなるべくマンガは読まない(読むものを選ぶ)ように言ってきました。まあ、陰ではいろいろやってるでしょうけど(笑)。


幼少期の人格形成で必要なのは親の愛情であり、ゲーム、それも無差別殺人を目的とするものなどでは決してありません。規制に対して批判的な人たちはそれが必要だというのでしょうか?販売が禁止されたわけでもなく、「これは未成年には有害と思われます」というレッテルを貼り、未成年に対する販売を規制しているだけです。結婚していなくて子供がいない奴が多いのかもしれませんね(笑)。


付け加えるとすれば玉石混交の週間マンガなども同様だと思います。性的な描写や暴力的なものが多く見られるからです。首都高バトルなどもマンガからゲームになり、実際に首都高でルーレット族のような輩が出てきています。確かにそれらはマンガの見者(あれは読者とは言わないでしょ・笑)全員に影響するものではありませんが、きっかけには十分なると思います。


大切なのは子供達がそれらに触れた時に、ちゃんとした判断ができるように育てる事であり、他律的な規制等は関係ないと考えます。批判している人には儒教的な「孝」もその対象を選択する判断をするでしょうし、カソリックの「タブー」などは自分には関係ないものとして認識外のものなんでしょうね。とにかく自分に関わることしか目に入らないし、自分の頭だけで考えたことに反することがあると子供もいないのにやたら噛み付く。その形を変だとも思わない。でも「変」です(笑)。


この間、千葉市花火大会の帰りゴミの山がありました。指定された場所ではなく歩道と道路の境目に山済みになっていました。常識的に考えればそのようなところにはゴミは捨てないでしょう。でも誰かが捨て始め、少し集まりだしたら何を考えることもなく「俺も、私も」となってあの山になったと思われました。


「ゴミは持ち帰りましょう」・・・これは常識です。

 

その山に捨てるのはまだマシかもしれません。見物していた場所などはうちの子供たちも憤慨するくらいゴミが捨て放題でした。数十%の見物人がそこにゴミを置いたまま帰っていましたね。自分勝手で想像力が欠如している人が増えた社会の形がそこにあります。

 

文字を読むと脳の中で映像化する必要があります。文字面(もじづら)だけ追うのは読書ではないですからね。時にはその映像で涙する事さえあります。それこそが想像力の大切な部分で、ひいては他人に対する思いやりのベースになるものだと思うのです。


思いやりが欠如した人の特徴は、権利に対しては敏感であるのに義務に対しては非常に鈍感だという事です。そんなバランスの欠如した人たちが神奈川県知事に対する抗議に殺到しているようにも見えます。「表現の自由を侵害」というのであれば、自分の子供達にハードコアポルノを見せて育てればいいんです。殺人ゲームをさせて育てればいいんですよ。その子達が一握りの変質者にならない事を・・・祈りもしませんがね(笑)。


正当に抗議しているのに匿名という部分も共通項です。800近いコメント数なのにTBはわずか数十件でした。多数の人間が塀の向こうで叫んでいる様子って気持ち悪くないですか?


試しにTBしてみましょう。

どんな人たちが来るのか楽しみです。

変なコメントは遠慮なく削除しますけどね(笑)。

 

-追記-

 

匿名のコメントは一定時間経過後削除します。

議論する相手が見えないのに反応するのは

時間の無駄ですので、それも控えますね。

 

ちなみにここで言う「匿名」とは

ブログ・HPのURLを記載していないもの、

若しくはメルアドの記載がないものを指します。