こんにちは

こくら調剤薬局 事務スタッフですコアラ

 

日ごとに寒さが増して来て冬が近づいていますねイチョウ

寒さ対策などは万全でしょうか?

 

今回はお風呂の目的別の効果的な入浴法の紹介です温泉

 

①安眠したい時

入浴法

36~38℃のぬるめの湯にゆっくりと入る

効果

体の緊張が取れ、疲れがどっと表に出てきます。神経は沈静化します。

②足のむくみと疲れを取りたい時

入浴法

40℃前後のややぬるめでたっぷり入れた湯に深く、長く入ります。

効果

水圧の効果で足が引き締まりむくみが消え、深くつかるほど圧力は高くなります。

但しおなかにも圧力がかかるので、妊娠中は避けましょう

③筋肉の疲れを取りたい時

入浴法

42~43℃の熱めの湯に入る。血圧や心臓に自信のある人は一度出て水をかけ、

再び入るのも良いです

効果

血行を良くして被労元を早く取り除く効果があります。

 

あたたかいお風呂にその時の疲れや症状に合った入浴をして

この冬を乗り越えていきましょう!

 

画像参考元「いらすとや」

https://www.irasutoya.com/