久々に鑑賞プロ野球。

 

 8連勝の中日と、連勝中のDeNAは、柳裕也×平良拳太郎の先発。5月の頃はDeNA最下位で中日5位で、2チームが対戦すると「逆天王山」なんて皮肉られていたけど、今やDeNA2位、中日3位と大躍進。

 まぁヤクルトと広島があれよあれよと堕ちていった意外性もあるけど。とは言ってもDeNAが勝って中日の連勝を止めたから2位に入ってきただけなので、実はゲーム差なんてこの2チームはあってないようなモノ。

 正直今永昇太で勝てなかったのに平良で柳には勝てるという何だかなぁ・・・感もあったけど。

そんな対決をパワプロで再現。とは言っても「観戦試合」で。スタメンと控えの選手を現実と合わせただけ。ただ、オリックスとのトレードで1軍登録された中日の武田健吾だけは、まだゲーム内では採用されていないので、武田の所にはトレード相手である松井佑介を導入している。

ゲーム内の先制は中日:堂上の適時二塁打。

中日:柳の方は今季覚醒している投手としての凄味を見せる。

無得点で抑えていた柳だが、ソトの本塁打で失点。

9回にも宮﨑敏郎が本塁打を放ち諦めない姿勢を見せ、、

抑えとして出てきた鈴木博志からは細川成也が代打適時二塁打。現実と同じような「もしかすれば」は見せるも反撃はここまで。

現実と違い、こちらでは中日が勝利。何1つ現実と似た展開にならなかった(継投然り)。あ、獲った得点が3点というDeNAの部分だけは同じかな・・・。

 

ペタしてね