ゆうなぁおん神推しゆうきのブログ

さまざまな情報を書いていきます。ブログの説明を入力します。


テーマ:

AKB48の16期研究生が単独コンサートを開催

 

OKMusic

1月14日@TOKYO DOME CITY HALL

1月14日@TOKYO DOME CITY HALL

2018年1月14日、TOKYO DOME CITY HALL(以下、TDC)でAKB48の16期研究生による『AKB48 16期生コンサート

~君の名前を知りたい~』が開催された。16期研究生は2016年12月に披露されたばかりで、まだ1年強のメンバー18人という大所帯で構成されている。

4月からはバラバラになる 18人の研究生たち

2017年1月には結成から1か月余りで単独コンサート『AKB48 16期生コンサート~AKBの未来、いま動く!~』を開催しており、1年前のコンサートも観ていたファンは、今回のコンサートでのメンバーの成長ぶりに驚いただろう。また2017年7月からはチーム4の村山彩希がプロデュースした16期研究生のみの公演「レッツゴー研究生!」を披露するなど、ファンからの人気も高い。

そして2017年12月の組閣発表時には18人の研究生全員が4月からチームA、K、B、4のいずれかに配属されることが決定。16期研究生全員でのパフォーマンスを観られる機会は残り少なくなっている。

学校をテーマにしたコンサート

16期研究生の単独コンサートは「学校」をテーマにしたミュージカルテイストのコンサートだった。登校に始まり、給食、授業、部活動、下校といった学生の1日のシーンに合わせた楽曲でパフォーマンスを披露。影アナの先生役をチームAの宮崎美穂が努めた。山根涼羽が泣きそうになっていた「桜の花びらたち」を披露したラストは、あたかも卒業式のように「16期研究生から新たに旅立つ」という演出だった。熱いファンが多く、会場は最後まで多いに盛り上がっていた。

「ネ申」合宿での「君はペガサス」も

今回の16期研究生コンサートの見どころの1つは「君はペガサス」だ。2017年秋に放送された「ネ申テレビ」(ファミリー劇場)で16期研究生は合宿を行った。そこでダンスや歌唱の厳しいレッスンと審査で、選抜されたメンバーが2017年10月8日に開催された「AKB48グループ感謝祭~ランク外コンサート~」で「君はペガサス」を披露した。

歌唱メンバーとして田口愛佳、田屋美咲、播磨七海、ダンスメンバーとして山内瑞葵、山根涼羽、武藤小麟、安田叶の合計7人が選抜されたが、今回のコンサートでも、その7人で「君はペガサス」を披露。番組内でもボイストレーナーの菅井秀憲氏を驚愕させたほど、合宿で一番成長した姿を見せたのが播磨七海だった。その播磨は16期コンサートでも2000人以上の観客を前にして堂々としたパフォーマンスを披露していた。番組での厳しい合宿のシーンを思い出したファンで会場はヒートアップしていた。

チーム8もサプライズで登場 「UZA」を共演

コンサート中盤で「ちょっと待って、そこはエイト高校の通学路だよ」と16期研究生が切り出すと、ライバル校という設定でチーム8のメンバー9人が登場。16期研究生のファンでいっぱいの会場からもチーム8のまさかの登場にどよめきがあり、チーム8のサプライズ登場を大歓迎していた。そしてチーム8と16期研究生の「UZA」を共演。27人でのダイナミックなパフォーマンスに会場も多いに盛り上がっていた。

16期研究生全員で生バンド 「ファーストラビット」

アンコール明けには、同期でまとまって切磋琢磨してきた16期生らしく、この日の為に協力し合って練習を積んできたバンド生演奏で「ファーストラビット」を披露。本間麻衣のミニピアノのイントロで始まった。本間は「なんで私なんだろうと思ったけど、練習しているうちにピアノに愛着が湧いてきた」と語っていた。

サックスが得意な浅井七海はパートリーダーも務めていた。メンバーからも「なーみん(浅井)からのアツを感じた」と練習時の裏話も披露されていた。多くのメンバーが短い時間で楽器を習得したメンバー全員での生バンドは圧巻だった。

「またいつか16期で コンサートをやりたい」

コンサートではメンバー1人1人から決意表明の挨拶があった。鈴木くるみは「16期生がAKB48の中心メンバーになっていけるように頑張りたい」、梅本和泉は「1年前は笑顔になるのが苦手だった。いつかはみんなに頼られる存在になりたい」、道枝咲は「初心を忘れずに頑張りたい」、武藤小麟は「いつか東京ドームに立ちたい」、山内瑞葵は「AKB48に欠かせない存在になること」と全員がステージで思いを語っていた。

アンコールの最後は16期研究生の楽曲「抱きつこうか?」を披露。この楽曲は2018年1月20日に開催されたAKB48グループのリクアワで14位に選抜されるほど、ファンからの人気も高い楽曲だ。16期研究生は4月からそれぞれチーム所属となり別々の道へと進んでいく。長友彩海は「またいつか16期でコンサートをやりたい」と語っていた。再び16期生全員でのコンサートが開催されることが今から待ち遠しい。

そして1月21日にはAKB48グループのドラフト会議も開催され、まもなく新たなメンバーも加入してくる。16期生もいつまでもグループの末っ子ではいられない。これからは先輩としてAKB48を引っ張っていく存在になることも期待されている。


AKB48、初の成人式コンサートは艶やかな着物姿で圧巻

 

OKMusic

1月14日@TOKYO DOME CITY HALL

1月14日@TOKYO DOME CITY HALL

「黄金世代」による 初の成人式コンサート

2018年1月14日、TOKYO DOME CITY HALLにてAKB48グループで新成人となったメンバー39人で『成人式コンサート~大人になんかなるもんか~』が開催された。10年以上のAKB48グループの歴史の中でも成人式メンバーによるコンサートは初の試みだった。

コンサートに出演したのは1月8日に神田明神で成人式を行ったばかり。今年はAKBグループの成人式でも過去最多の41人が参加した(コンサートはAKB48加藤玲奈とHKT48冨吉明日香が休演のため39人)。AKB48グループの成人式では毎年恒例となっている「◎◎世代」という質問に対して、HKT48の宮脇咲良は「私たちは黄金世代!そう呼んでもらえるように頑張りたい。AKBの全盛期をもう一度、このメンバーで作っていく」と意気込みを語っていた。

他にも成人式では、2017年の総選挙で4位だった宮脇は「今年の総選挙は本気で1位を狙う」と宣言すると、同じく成人メンバーで2017年12位だったNMB48の白間美瑠も「私も狙う」と対抗していたのが印象的だった。

晴れ着姿で始まる圧巻の 成人式コンサート

コンサートのオープニング映像ではメンバーの幼少期の頃の写真も披露された。そして冒頭からメンバー全員が着物姿で登場し、パフォーマンスを披露。立て続けに「ふりそでーしょん」、「涙サプライズ」、「希望的リフレイン」(宮脇咲良と向井地美音がセンター)、「ワロタピーポー」(白間美瑠がセンター)と成人式メンバーがセンターを務めるグループの楽曲を披露。39人の艶やかな着物姿でのダイナミックなパフォーマンスは圧巻だった。

その後のMCではチーム8の佐藤栞(新潟)が司会を務めた。2000人以上の会場の観客や全国31カ所の映画館での観客を前でも堂々としながら、持ち前のトーク力と笑顔で多くのメンバーを纏め、MCを仕切る姿も印象的だった。また佐藤栞は激しいダンス楽曲「野蛮な求愛」では華麗なダンスを披露するなど、39人もいる大人数のステージの中でも目立った存在だった。

グループごとに 職業コスプレでのパフォーマンス

また、成人式で大人の仲間入りをしたということで、グループごとに、アイドル以外の様々な職業のコスプレでパフォーマンスを繰り広げた。AKB48はパティシエの衣装で「スイート&ビター」、SKE48はOLで「美しい稲妻」、NGT48は保母さんで「幼稚園の先生」、STU48はアナウンサーで「雨の動物園」、HKT48は看護師で「Ambulance」、チーム8はウェイトレスで「青空カフェ」、NMB48は警察官で「ピーク」を披露。ふだんは観られない衣装に会場も沸いていた。

チーム8は楽曲中に皿投げを披露。清水麻璃亜は終演後に自身のトークアプリ755で「お皿投げ成功して良かった。一度もパーフェクトなったことなかったのに本番でパーフェクトって本当チーム8素敵」と裏話を語っていた。

その後のグループをシャッフルしたユニットパートも成人をイメージした演出で「おしべとめしべの夜の蝶々」といった大人びた曲や「鏡の中のジャンヌ・ダルク」といった決意を表す曲、HKT48森保まどかのピアノ演奏、STU48の瀧野由美子のサックス演奏に合わせて、チーム8の小田えりな(神奈川)やAKB48高橋朱里、HKT48の神志那結衣らがSDN48の「愛よ動かないで」を披露するなど、大人っぽい楽曲が続き、会場を魅了していた。

グループの中でも圧倒的な歌唱力を誇る小田えりなは「愛よ動かないで」について、終演後に755で「正直全員で合わせられたのが本番前二回だけで… 緊張や不安や… わたしの実力不足もあり… 本当に自信がなくて。でも、気持ちを込めて歌いました!気持ちだけで歌いました!」と思いを語っていた。

また、チーム8の舞木香純(福島)と廣瀬なつき(高知)は「君と僕の関係」を披露。既に卒業発表をしている2人でのパフォーマンスに会場も多いに盛り上がっていた。

「私たちは“今”を 引っ張っていきたい!」

コンサートの最後に成人式メンバーとして今年の抱負を聞かれると、チーム8の大西桃香(奈良)は「黄金世代の中の黄金メンバーになりたい」と語った。またAKB48の向井地美音は、「フレッシュオールスターズのみんなはAKB48の“未来”を引っ張っていくと思うが、私たちは“今”を引っ張っていきたい!」と力強く宣言した。

ラストには「LALALAメッセージ」にのせて、それぞれの二十歳の夢や目標、ファンへのメッセージがモニターに映し出されコンサートが幕を閉じた。とにかく着物姿でのパフォーマンスが圧巻で印象的だった成人式コンサート。来年の成人式メンバーでも観たいものだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

powereofdream0727さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。