お洒落キャンパー目指して ~ カセットコンロ ~ | キャンピングカーと雪山と

キャンピングカーと雪山と

キャンピングカー コルドリーブスとくるま旅



【基本情報】



snowpeak シングルバーナー フラットバーナー GS-450

 

IGTシステムに組み込むことのできるシングルバーナーユニットです。
単体でも自立することから、カセットコンロのように卓上コンロとしても使用できます。

余計な機能をそぎ落とし、極限までシンプルに仕上げられたバーナーです。

セット内容:本体、収納ケース
材質:ステンレス、ブラス、アルミ、スチール、樹脂、ゴム
重量:1.9kg(収納ケースを除く)
出力:3,000kcal/h
サイズ:270 × 410 × 110mm (ホース、器具栓を除く)
収納サイズ:360 × 250 × 80mm


 


【シンプル設計】


 

アウトドアで使用するカセットコンロと言えば定番はやはりこちらですよね。
機能とデザインは良いのですが、いかんせん値段が高い
カセットフー マーベラスⅡ

 

ツーバーナーを持っていてキャンピングカーにも備え付けのコンロが有るけど、
やはりシングルタイプのカセットコンロは持っていても使い勝手が良いでしょう。
無難な選択としてマーベラスは捨てがたいのですが、将来の発展性を考えて
今回はsnowpeakのフラットバーナーを選択してみました。
気に入ったポイントは収納時のコンパクトさですね。
専用の収納袋に入れた姿はカセットコンロが入っているとは思えない省スペース
楽天で15%引きだったので思わずポチってしまいました。
snowpeakにしてはコスパが高い製品だと思います。

 

 


【開封の儀】


 

snowpeak製品らしくパッケージの箱自体から良いデザインですね。

専用の収納袋が同梱されているのでここで箱とはおさらばです。

 

収納袋から出すと入っている部品はこれだけです。

余計な機能をそぎ落とし、極限までシンプルに仕上げられた作りですね。

 

基本的に卓上で使うことを前提なので足をセットして組み立てます。

足を本体のサイドにしっかり押し込んではめ込みます。

IGTに組み込むならこの足の組立さえ必要ありません。

 

バーナー部分を設置・・・置くだけです。

 

ゴトクを設置したら完成です。これまた置くだけの簡単さ。

ゴトクは広く大きいので使いやすそうです。

見事なまでのシンプルな作りですね。

 

火力調整のツマミは自由に動いて邪魔になりません。

 

我が家は経済性を考えてカセットガスで統一しているので火力調整のアダプターに

OD缶→CB缶の変換アダプターをねじ込んで使用します。

ガスアダプター (オートオフ機構つき) 

 

OD缶(アウトドア用のガス缶)の代わりに
CB缶(家庭用のカセットガス缶)が使えるアダプターです。
アウトドア用のガス調理器具をお持ちの方は一つ持っていると大変便利。

材質:アルミ、プラスチック、鉄、真鍮
重量:59g

価格:530円(税込み、送料込み)

 

 

参考までにカセットガスの検討は下記記事参照

 

普段はこれをカセットガスでいつでも使えるようにねじ込んでおきます。

言われないとわからないくらい純正品のようなたたずまい。

 

ガス缶をテーブルの下に隠して設置できるアダプターも付属します。

こちらは単体使用で使うときは必要ないのですが、IGTに組み込むときに

使用するアダプターとなります。

手前のスリットに差し込んで使用します。

 

点火した感じはこんな様子です。

さすが出力:3,000kcal/hだけあって音もゴーっと力強い

火力はマーベラス2と同じです。

 


【収納】


 

まずバラバラにします。説明不要なほど簡単です。

 

本体の上に単体で使用する足を置いて、ゴトクをはめ込めば

足がしっかりと押さえつけられるのでガタツキはありません。

これをデザインした人は素晴らしいと思います。

 

バーナーを裏返して乗せて、付属のベルトで締め上げれば完成

snowpeakらしい考えられた機能とデザインの商品ですね。

 

収納袋にはアダプターのポケットもあります。

小さな部品を無くすこともなく収納袋もさすがのsnowpeak品質

 


【まとめ】


 

カセットコンロとしては非常にコンパクトなので、シンク下の収納庫にIN

狙った通り一番下の収納に入るので場所を取りません。

キッチンのシンク下収納から取り出せるのは非常に便利です。

使い勝手の良いようにシングルバーナーは室内に積みたかったので。

 

将来的にsnowpeakのIGTを買い揃えるかはまだ未定です。
機能的に良いのはわかるんですが、コルドリーブスの収納ではIGTは大きすぎ
本体はマルチルームのラップポンの隣に立てかけるしか置く場所がないですね。

でも2019年モデルで小さいモデルも出たので敷居は下がりました。

サイドテーブルとして使い勝手の良さそうなサイズ感です。


シングルバーナーを使って車内で鍋でもやりますか。
来年に向けて徐々にキャンプ用品を揃えていこうと思っています。
ポイントはやはり収納におけるコンパクトさですかね。

コルドリーブスは収納がやはり少ないので道具選びが大変です。
IGTがコンパクトかは微妙な判断ですね(笑)

 

 

キャンピングカーのお勧め記事はこちらです。

 

他のお勧め記事はこちらです。