Tomorrow, You're dead 2 | _POTOLOG_ acoustic life
July 18, 2005

Tomorrow, You're dead 2

テーマ:Magical music life

☆前編はこちら→ 1



帰りの電車、

その日の夜の事などは

ほとんど覚えていない。

死刑宣告されたが、

友人Kの手前もある。

一瞬、「え、あと一日・・・」

と思ったのも事実だが、

ただ、漠然と

「どうやって戦えばいいんだろう・・・」

と考えていた。


まずは、

仕事を完璧にする・・

英語をバージョンアップする・・

そして、

自分の本当に自信のある音楽を

奴等に認めさせたい・・・

どうにかして。



次の日、



何事もなかったように、

「おはようございます。」

と店に入った。

日比谷線の出口を出て、

本屋の角を曲がり、

店までの六本木の街は

暗黒街のようだった。



開店時間は6時から。

その前にマンジャーレ(賄い)を

皆で食べるのがこの店のリズム。

今日は

ガーリック・トースト

ペペロンチーノ

ポロ・ポモドーロ

これらが大皿に山盛りだ。


ギャングT、海軍Yは、

スラングとフランス語を使い、

何を話しているか判らない。

友人Kも今日は言葉少なだ。

しかし、ここのペペロンチーノはうまい。

こんなうまいのは初めてだ。

こんな時でも美味いものは美味い。

オリーブ・オイル、ガーリック、塩、胡椒、

絶妙のバランスでアルデンテを祝福している。

俺は絶対この店を辞めないと、

今決めた。

黒人チームは先に奥に行ってしまってもういない。


と、

ギャングTが奥から出てきて、

友人Kに聞いた。

「このCD今日貸してよ。」

Arrested Development

Title : 3 Years, 5 Months & 2 Days in the Life Of...

友人K  「それ俺のじゃないよ。」

ギャングT 「え?じゃ誰の?」

友人K  「彼のだよ。」

ギャングT 「うそ! どうして?」

友人K  「彼ミュージシャンだし、こっち系は俺より知ってるよ。」


ギャングTは海軍Yと顔を見合わせ、僕に言った。

「お前は何でこいつら好きなんだ?」


Rocka 

「スピーチのラップにはソウルを感じるし、

   ディオンヌ・ファリスの声が好きなんだ。」



・・・ 一見落着した。

嘘のような本当の話。

たったこれだけで ・・・



店が忙しくなると、海軍Yはいつも汗だくだ。

ギャングTがサウナ野郎とからかうと、

海軍Yはブライアン・アダムスのマネをして

僕を笑わしてくれる。

なんてファンキーで、愉快なブラザー達だ。

ギャングTの誕生日に僕が古いギターをプレゼントした時など、

目に涙を浮かべて喜んでいた。

その夜中は、

六本木の仲間に見せびらかしてはしゃいでいたらしい。



「音楽に何ができるか?」

時々僕は考える。

テロや、災害時の時など音楽なんて必要ない。

悲しいけど、そんなものだ。

けれども、

僕自身は何度も「Music Power」を感じている。



Rocka



Dear 友人K 色々とありがとう。 元気ですか?

rockaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス