夏野菜祭り

テーマ:

産直に行くと今が旬ということなのでしょう。

夏野菜が特売でモリモリ置いていました。

 

ただこの暑さの影響のせいか、胡瓜などにすが入ることが

あるとのことですが、そんな事気にしないぞと

ボンボンと籠に放り込んできました。

 

最近炒めて食べる事を覚えたズッキーニも一緒にかって

これでつまみを色々と作ろうと楽しみも増えるのでした。

きざはし

テーマ:

暑さを避けたつもりがレイトショーでも結構暑さが退かないと

思いながらも負けていらないと劇場へ駆けだします。

 

 

「アメリカン・アサシン」

 

その人の信仰はとやかく言う筋合いはないと思っても

無差別に銃を乱射しての意味不明なお題目は理解不能です。

プロポーズ直後に最愛の人を失ったミッチさんには修羅の道が

ある意味では救いの道であったのかも分かりません。

 

復讐の一心でどの諜報機関も接触できなかった一団と接点をもった

ミッチさんに興味を示したCIAにより利害一致と国の隠密となったミッチさん。

 

キャラクターが色々とブレてしまうところに今一つ重ねて観るのは難しいところがありましたが

溢れる行動力と戦闘力で危機に立ち向かう姿ありけりです。

 

 

「心と体と」

 

何だか不思議な雰囲気ながら惹かれて飛び込んのは

東欧・ハンガリー発のシネマでありました。

 

ちょいと枯れた感は否めない物静かな管理職エンドレさんスタッフの産休代理で

やってきた人付き合いは少し苦手独特な雰囲気の品質管理係マーリアさん。

 

仕事だけの接点のはずが、社内で起きた事件の調査で奇しくも2人を結びつきた夢の糸。

 

ベクトルは違っても心に思うところを抱える2人の距離は徐々に近づいて・・・。

 

違う違うといっても、そもそも違う2人が合うのだもの共通項は

ゆるゆると見つけていけのではないだろうか、そんな期待を込めつつ

見入ってしまった120分なのでした。

 

置き去りライスボール

テーマ:

昼餉にと握って冷蔵したまではよかったのですが

肝心の握り飯をそのまま忘れて出社するという痛恨のミス。

 

気付いて戻っていたら間に合わないと判断して戻ることは断念。

 

せめてもの救いは冷蔵庫にいれたままであったという事です。

夜食が決定した瞬間でありました。

ヒートウェーブ

テーマ:

この暑さの中麺を茹でたら台所が熱波に直撃されたように

物凄い蒸し暑さになって往生しました。

 

いるだけでどっと汗が噴き出して少し動いただけで

熱を持った空気にぶつかるという異様な空間。

 

普通の台所でこんな暑さなら食堂の厨房などは

とんでもないことになっているのだろうと震えるのでした。

スポットライト

テーマ:

前評判がどうこうという情報もありましたが

どう感じるかは観てからだと向かった劇場です。

 

「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」

 

帝国が勢力を伸ばしつつあるといってもまだまだ無秩序な時代の銀河。

いくつかの力のある犯罪組織の元で抑え込まれている人々もいて

ハン・ソロもまたその1人であったようです。

 

しかしただ黙っているようなタマではない彼は気になっている

キーラと一緒に惑星を抜け出そうとするのでしたが・・・。

 

元々パイロット志望で腕もセンスも肝っ玉もあるソロですが

紆余曲折合って帝国の歩兵としてやきもきしているところ

出会いときっかけがどこに転がっているか分からないものです。

 

少し入り込めないままでありましたが、チューバッカとの出会いが

分かったのは収穫だと、そしてチューバーカの頼り甲斐ぶりに驚いてきた次第です。

 

 

 

 

滝の如し

テーマ:

もともと冷房の効きがよくないということもあるのでしょうが

汗をかき過ぎた為か仕事中に急激に体がだるくなって眠気が

襲ってくるのに往生することに・・・。

 

出勤するときから発汗し、職場についてからも

さらに発汗することになるのだからこれは水分をとらずに入られません。

 

摂取するだけ出ていく気がしないでもないですが

何だか消耗戦めいた塩梅です。

 

汗みずく

テーマ:

さすがにこの季節なので何かを茹でるにせよ

炒めるにせよ火をつけるとあっという間に汗だくなってしまいます。

 

帰ったらまずご飯の前にさっぱりしたいと思ってしまい

すっきりしてから食事の順になるので何度もシャツを

替えることになるというのはある意味では自分にとって

夏本番の到来を感じさせるものになりつつあります(笑)

 

冷たいものばかりというわけにもいかず

何か考えればよさそうなものですが、そこは物臭がって

いつも通りの流れになってしまうのでした。

 

夜更けのドーナツ

テーマ:

以前買いに行った時には既に売れ切れになっていた

半年経った今になって口にする機会に恵まれました。

 

店だけでなく駅の中でも曜日限定なのか不定期なのか

販売しているのを見つけた目当ての味のドーナツ。

 

クリームチーズの濃厚さと柚子の香りと爽やかさが

思いの外マッチしていることを思い知らされた次第です。

グッバイ・ヱビス

テーマ:

休みの日ならば元気の出る水を補給することも許されると

意気揚々と麦酒と葡萄酒を買い込んだ帰り道に起こった悲劇。

 

自転車の前カゴが破れているのを騙し騙し使っていたのが仇になろうとは・・・。

 

エコバックがほぼ袋一杯に膨らんでいたこと、袋の中の構成が

葡萄酒、麦酒を含め多くが瓶であった事に油断していました。

 

走行中に段差を乗り越えた衝撃でカゴを突き抜けて

バック半分下方に飛び出すと同時に袋から染み出す液体。

 

その香りはまごうことなきヱビスビールです。

 

錆びつき草臥れているとはいえ、たかがボロ籠だという慢心が招いた事態に他なりません。

 

何が起こったか袋を見れば、スチール製の破れ籠の尖った一部が

エコバックを貫通してヱビスビールの缶に食い込んでいるではありませんか。

 

思わず衛生兵ーーッ!!と叫んでしまいそうになりつつ

穴を押さえても細かな穴なのに止めどなく吹き出す麦酒。

 

全力を尽くしてもヱビスを放棄せざるを得ない状況に陥ろうとは・・・。

 

今思えば昼間だとしても、可能な限り呑んでみるべきだったかもしれません。

 

許せ、ヱビス・・・。

 

この失敗と犠牲はもう繰り返すものかと手放した次第です。

 

耳からノスタルジア

テーマ:

誰よりも何もより蛙たちが喜び勇んで飛び出してきたようです。

 

ケロケロだのグワァグワァだの各々が好き放題に

鳴いているのも季節を感じさせるものだとしみじみ。

 

里で暮らしていたころは周りに田んぼも多かったので

夜になると辺りが緑に囲まれて静かということもあるのでしょうが

そこら辺りどこからも蛙の鳴き声がしたり

朝夕には蜩の鳴き声が聞こえてきたりしたことが

思い出されて思わず郷愁に駆られた次第です。