ディップスタイル

テーマ:

ライスボールの具として、またそのままでも

さっぱりとした味わいの梅干しをたまには

ひと手間加えて別の風合いで食べようと思い立ちました。

 

ひと手間といってもそんなに大した事は出来なません。

梅干しを4~5個取り出したら種をとり

包丁で細かく切ったり叩いたりしてペーストになったら

鰹節と合わせてあっという間に出来上がりの梅かつおです。

 

無論、梅かつおが出来たなら胡瓜も

欠かせないと胡瓜を求めてひとっ走り。

梅かつおを胡瓜ががっちりと手を組んで肴になる瞬間なのでした。

AD

爆裂ソース

テーマ:

茹で上がったパスタに思う存分バジルを振ったところに

ミートソースをかけようとした時に起こった悲劇。

 

パウチから絞り出そうと込めた力がつるりと滑って

ボールへそのまま拳を叩き込んだような状態に・・・・。

 

幸い中身はほぼ無事でありましたが

皿やらグラスやら壁やらを自身の色に染めて

激しく飛び散ったミートソースに閉口です。

 

食事の前に増えた一仕事に思わず酸っぱい顔になった次第です。

AD

日本酒一本鎗

テーマ:

日本酒が熱いお店があるから、まずいらっしゃいなという招きを受け

30kmほど南下して呑らかすことにしました。

 

まずは景気づけといって麦酒ほどよく呑んでから

梯子の先が真打という塩梅でお邪魔してきたお店は

和風バルの趣きでありました。

 

日本酒を使ったカクテルや様々なドリンクもありましたが

ここは日本酒のみでいきたいと発奮。

少しずつ色々と味わるスタイルになっていました。

 

本当は片っ端からどんどんいきたかったところですが

懐とも相談する必要もありますので4~5銘柄を選んで呑むことに。

 

おすすめだという燻製も加えて、そして自分的に出会ってしまったなら

もはや素通りすることは出来ないふろふき大根を注文(笑)

 

 

そんななか不思議な日本酒との出会いもありました。

ミラクルわかざかりなる古代米から生み出された純米酒に仰天。

これが日本酒!?と驚くまさにミラクルを感じたりしながら

久しぶりの日本酒メインの呑み方を楽しんできた次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

常夏の麺

テーマ:

五目ラーメンもなかなか魅力的でありましたが

昼餉は間に合うならばと沖縄料理に軍配が上がりました。

 

ランチタイムぎりぎりに滑り込んだ

久しぶりの沖縄料理の店です。

夜は居酒屋メインになるとのことですが

まだ夜の部に参加したことはありません。

 

しかしこの日の目的はランチだったので

炒め物の定食にする麺類の定食にするか悩んだ末にに出したのは

あばら肉ではなく角煮の乗ったラフテーそば定食。

 

小鉢のもずく酢を一気に平らげつつ、あっさり風のつゆに

柔らかさ抜群のラフテーを組み合わせ。

コーレーグースを途中で加え変化をつけたりしながら

味わった沖縄のそばなのでした。

 

食べた後、島唐辛子と泡盛が大はりきりで作用したのか

一気に発汗したのに少し驚かされてきた次第です。

カレー祭り

テーマ:

最近産直の帰り道にあるベーカリーによく立ち寄ります。

 

定番の人気商品の他にも曜日や季節の商品も

結構な頻度で入れ替わり登場するので

ついつい気になってトレイに放り込んでしまいます(笑)

 

その日はカレー特集だったようで

スパイシーさと香ばしさに溢れるコーナーを発見。

 

様々なカレーパンが置いていて

さすがに全種類とはいかないまでも半数を選び

中でも半熟玉子入りのカレーパンには

だいぶ惹かれてしまいました。

 

甘いパンよりはどちらかいえばシンプルなタイプだったり

惣菜めいたものをえらびがちですが

せっかくなのでいろいろと味わっていきたいところです。

磯の花

テーマ:

乾麺の蕎麦を茹で上げる時、最近の薬味はわさび

そこに揚げ玉をちらすたぬき蕎麦めいたスタイルが

多くなっていましたが、たまにはシンプルに行こうと

里からもおくってもらい備蓄も十分な海苔を使うことにしました。

 

かけそばではないので花巻そばというわけではありませんが

わさびに合わせてふんだんに海苔をちらした海苔蕎麦スタイル。

 

海苔を散らすと不思議と風味ががらりと変わって

また違った味わいになるのだから新鮮です。

 

海苔の地力を改めて感じた次第です。

 

下ぶくれ果実

テーマ:

里便で届いた果物の中に洋梨がありました。

 

アドバイスに黄色になったら食べごろとあったので

そんなにすぐには色が変わらないと思っていると

1日置いただけで予想外の速度で変貌していました。

 

冷蔵庫していなくて偶々気温が高かったからか

そもそもそういう品種なのかは分からぬままに

林檎より先行して洋梨を数個平らげることに。

 

甘いと思い込んでいたら思いのほか

酸味もあったのに驚く久しぶりの洋梨です。

 

鱈腹ガーデン

テーマ:

年に一度はビアガーデンに行っておきたいと

年来の呑みのお仲間と今年もガーデンに行ってきました。

 

当初予定したガーデンはタイミングが合わず

その日だけ貸し切りということだったので

期間延長となっていたもうひとつのガーデンに変更となりました。

 

予約をしていたのは正解で、席もビアサーバーやフードブースの

すぐ傍という好条件の席に張り切って肉を焼いたり麦酒を次々に

空にして大いにむしゃむしゃガブガブとビアガーデンを堪能してきました。

 

ジンギスカンから焼肉にメニューが変わろうとも

気の置けないお仲間と囲む食卓の楽しさは変わらないのでした。

 

古式ストレッチ

テーマ:

さすがに自力での回復は厳しい、ほぐしてもらうべきだと

思いったのがもう日付がかわる寸前でしたが

何度か足を運んだことのある自宅近くの

タイ古式マッサージの店が遅くまで営業していることを

覚えていたので飛び込んでみることにしました。

 

運よく飛び込みで大丈夫だったので

ここは1時間じっくりとほぐしてもらうことに。

肩・肩甲骨・首がきついと話し楽な恰好に着替えて

マットレスに横たわったら後はおまかせです。

 

いざ始まってみると足を重点的・集中的にほぐしたり

タイ古式らしいストレッチでのばしたりするスタイルです。

おそらく足・下半身40分、その他20分くらいの配分.。

 

タイガーバームも大丈夫かと聞かれてので大丈夫と答えると

薬用成分を存分に塗り込まれました(笑)。

 

効果が上がることを期待しつつ、終わった後に

マッサージについて談義する機会もありました。

どうやら足を重点的に行うのは痛いところをダイレクトに押すよりも

関連のある離れたポイントを刺激する方が効果が持続すると

考えられているからだそうで、タイ古式のマッサージ絵巻のようなもので

ちょっとした解説もしてもらいましたが、悲しいかなタイ語は読めません。

それでも血流やリンパの流れなど共通する部分もあるなと

なかなかためになる機会でもありました。

 

確かに足が軽くなったので相性はまずますだったのかもしれませんが

翌日少しだけ揉み返しめいたものがやってきたのは

胸にそっと収めておくことにするでした(笑)

新装開店

テーマ:

建物老朽化で建て替えの為、しばらく休業していた最寄りスーパーが

新装開店していたので飛び込んでみました。

 

以前よりも通路が広くとられてゆったりした作りになっていましたが

お買い得さは以前の方に軍配が上がるように感じました。

 

これから手が加わっていく可能性もあるものの

慣れるのに少し時間がかかりそうな塩梅です。