~最期は眠るように、穏やかに逝ってほしい~

~最期は眠るように、穏やかに逝ってほしい~

「最期は仕方ない」のではなく「老衰」「認知症」でも緩和ケアにより本人も家族も誰もが穏やかに過ごすことができ
楽に逝ける世の中になってほしいという思いを両親の介護・看取りを通じて綴ります


細々と綴っていこうと開設したブログですが
毎日たくさんの方にご覧いただきましてありがとうございます

また、たくさんの「いいね」を押していただきまして本当にありがとうございます

全ての皆様のところに伺うことができずにいますが、
時間を見つけて訪問させていただき、記事を拝見させていただきたいと思っています

また、アメトピに掲載されたこともあり、フォローの申請も増えてきまして本当にありがたい限りです
一応、承認制にしていますが、どんな方が申請してくださったのかを
確認させていただいております

ブログ記事を書かれてない方も承認させていただいておりますので

もし、よろしければ、読んだアピールとして「いいね」を押していただけると励みになります<(_ _)>



そして、このブログのサイドバーに「ブログのフォロワー」コーナーを設置しておりませんので
私のブログからの誘導や営利目的でのブローガーの方のご意向には
添えないかと思います
基本、フォロー返しもいいね返しもしておりません
予めご了承の上、いいねやフォロー申請をしていただければと思います



アメンバーについては今後、アメンバー記事を作成する予定がございませんので受けつけておりません

*アメトピ掲載記事*

「母の心を癒してくれた人」の巻


「紙パンツを洗ってしまった結果」の巻


「聴診器を買った本当の理由」の巻


「夜中に呼吸が止まっていた父」の巻


「解約できない亡くなった母の口座」の巻



両親が亡くなってからの記録

 

 

2018年12月21日の日記

 

 

 

 

 

じいじの遺品整理のために

お世話になっていた施設に電話をした

 

もし、使ってもらえるものがあるならと思い

以前から話はしていたけど

本格的にどうするか・・・

 

統括責任者の方に電話がつながるまでに

職員さんや婦長と

次から次と電話口の相手が変わり(笑)

 

話を聞いてもらって

持って行き場のない思いを吐いたw

 

で、統括責任者の方につながっても

本題に入るまでに数分www

 

「じいじの笑顔が浮かびます

ずっとそばにいてもらえて喜んでる

中には死に目に会えない人もいる中で

ずっとそばにいてもらえて

じいじは幸せです」と言ってくださったのですが

 

あたしは「ずっと頑張ってきてても

最後の最後、30時間も苦しんでるのに

何もできずしんどさを緩和してあげることが

できんかった!

今までしてきたことが水の泡!意味がない!」

って笑いながら言うと

「それ、僕がすべて却下します」

笑いながら言ってくださりました

 

たくさんの看取りを経験され

たくさんの家族を支えてきた方の言葉は

説得力がある

 

すごいな~

物凄く荒れてた自分の心が

少し落ち着いていくのを感じる

 

ただ、ご利用者様のお世話をしたりするだけでなく

いかにご利用者様に寄り添い

いかに家族に寄り添うか

 

中には「そっとしておく」といって

関わらないようにする人もいるけど

それは、人それぞれで

そっとしておく時、声をかける時の

メリハリが大事

 

またひとつ、勉強になった

 

 

 

 

 

 

 

「愛の反対は、憎しみではなく無関心」

マザー・テレサ

 

 

 

 

 

けど、少し時間が経つと

また同じ思いがよみがえり

フツフツと自分を責めていました

 (−_−;)

 

 

 

 

 

看取りが終わったにもかかわらずご覧くださって
本当にありがとうございます
 
 
いいねを押していただけるとうれしいです
<(_ _)>